バツイチ彼と結婚したいアラサー女

彼と結婚を目指して、節約、副業、お仕事である福祉職の雑記アラサーブログ

なりたい自分にはなれるのか?根拠、あります。

そんなに簡単に変わらなくね?と思い読んでみた

口癖で夢がかなうとか自分が変わるとか私は全く信じていません。だってそんなこと言うなら毎日「お金がいっぱいあってしかたないな~」とか「ほんと私綺麗だな~」って毎日言うであろう。しかし現実はかわらない・・・

ということで、佐藤富雄さんの「自分を変える魔法の口癖」を読んでみました。

すると、口癖で人生や人間が変わっていくのには、科学的な裏付けがあるらしい。

著者は佐藤富雄さん医学博士さんです。

 

{E6DD9892-3D52-4D08-90A5-C34232B2274C} 

 言葉が人生を支配する 

つまり考える習慣はあなたの行動を決定しているそのなかで重視すべき習慣は「口癖」である。

悲観的なことばかり口にしたり唱えていると次第に心がやんでいきストレスがたまるものの肯定的な言葉を使い、楽しかった嬉しかったと声にするだけで自律神経がいきいきと働く

 そういう意味で言語習慣が思考習慣を作っていくらしい。

小銭もちになりたくて、お金を稼ぐ系の本をたくさん今まで読んできましたが、マーフィーの法則やそれに通じる価値化や考え方に関する本も「言葉は人生を変える!」なんて大げさに書いてあったけど、著者は医学博士なので根拠があるので興味がもてる!!

 
また、脳は現実と想像の区別がつかないようで、科学的な根拠をいろいろと書いてあったけど難しくてそこはよくわからんかった・・
すみません、興味がある方は実際に読んでみてください。
科学的な根拠の部分は難しくて説明できないけど、
  • お金ない~と毎日言う→どんどんお金が無くなる
  • お金あるな~うれしいな~増えるやろうな~→お金が増える
という感じなようです。
 
私いつも、親にはお金ない~って言うのが癖なので直さなきゃな・・
 

なりたい自分になる方法

まず自分に自信をもつこと。そして肯定的な口癖を使っていく

 自信もてと言われても、なかなかつかないのが本音だと思うので、まず言うだけでも良いらしいです。

「どんどんお金貯まっているな~」とか「日々若返っているな~」とか。
 といういことは、どうなりたいかが一番大切ですね。
自分の日ごろ使っている言葉を振り返る
「めんどくさい」「忙しい」「仕事やりたくない」「疲れた」
これは私の口癖ですね。
このままだったら少し危ないな~って思いました。
 

めんどくさい→めんどくさい人生になる

なんで、こんなにめんどくさいの?って日々思いがちになる。やりたいことができていないように感じて、ストレスがたまる
忙しい→忙しい人生になる
忙しいという理由で、やりたいことをできない、やらない(忙しくはなくても、そうすぐに捉えてしまう)
仕事やりたくない→仕事嫌いな人生になる
元々興味があった分野ではあたのに嫌いになってしまう。嫌いなことをしないといけないというストレスがたまり疲弊する
疲れた→いつも疲れている人生になる
少し何かをしただけで、疲れてしまいなかなかモチベーションがあがらない。やりたいことを疲れていることを理由に遠回しにする。時間は限られているが、そこには関心はもてず、毎日疲れた顔になっていく
 
こんなの嫌だな・・
どうなりたい?答えられる?

このままの口癖の人生は確実にいやです。しかし、じゃあどうなりたいの?と言われたら、私は今答えられません。

毎日ただ漠然と仕事してかえってご飯食べて家事してって思ってたら、なんとなく日々が過ぎて行って、なんとなく歳をとっている今。

日々仕事するなかで小さな達成感だったり、仕事終わって幸せな気持ちはあったりするんだけど、なりたい自分になれているのか?近づくことがじょじょにできているのか実感がない。このままじゃあもったいないですね。

口癖をかえつつ、具体的にどうなりたいかはまた別記事で考えます!!

今後の口癖を考えてみる

どんな口癖を使ったらよさそうかを考えてみました。

 

「よい嫁になるな~」

→同居人からしたら少々うざいが、忙しい中やるべきことをこなしていることを肯定的に捉えることができる。(疲れた、忙しい、めんどくさいはこれに置き換えれそう)

「お金たくさん稼いでいるからな」

→ちょっと現実とかい離がありますが、「仕事いや」を使わずにこの言葉を口癖にできたらいいなって思いました。たくさん稼いでいる自分になるためです。

ただ、現実と違うこと言うってそれも若干ストレスがかかるような?気もするな。

個人的に月副業込で30万稼げたら稼いでいるって言えると思うので頑張る!

(学生の頃私やったら月30万稼げるやろたいって思ってたけど30万稼ぐってめちゃ大変やんって今もずっと思い続けている)

「私って天才やな」

→周りからみたら少々うざいが、天才だから何でもできる気分になる、なんでも挑戦するモチベーションがもてて自己評価があがるし、おそらくそうなると仕事の依頼も増えるが、必要とされているってことは私って天才やなと思う(依頼された業務が達成できたときに限る)

 まとめ

結果、面白い本でした。具体的根拠がある医療面からの自分を変えるという自己啓発本です。「なりたい自分になんて簡単になれね~よ」と思っている方は是非お読みください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村