バツイチ彼と結婚したいアラサー女

ケチケチ社会福祉士のブログ!彼との結婚目指して節約副業投資なんでもやるぞ!アラサーブログ!なりたいようになる!

喧嘩して相手が悪いと暴言をはくのは相手だけでなく自分も苦しめている。喧嘩のなかで思い出したこと

f:id:nya_i:20180530211228p:plain

喧嘩したら相手が悪い?暴言で自分も苦しめている。

彼と夜中の2時までひどい暴言で罵り合い、次の日も引きづっていた時に思い出したことがあります。「目標憧れの自分になれる!夢が叶う理由。なりたい自分なれる根拠あります。」という記事に書いた内容です。

自分の言葉が思考を作り人生を作るということを思い出しました。

先に結論を言うと、暴言をはくとその通りに物事が進んでいく可能性があり危険ですし自分の発言が自分へのストレスになるので悪循環です。

怒りのコントロールができるようになる必要があります。

 

彼との喧嘩の経緯とやりとり

私と彼は付き合って4年ほどになりますが喧嘩の多さには自信があります。週末に1回は喧嘩をしているのですが、久しぶりに大きなけんかをしました。

彼はとっても頭の回転が速く、饒舌なこともあり喧嘩をしていると言いくるめられているような感覚になります。なのでいつも「もういい!」と私がだいたいその場を離れます。

それでも彼は私と仲直りしようと後を追いかけてきて自論を話し続けます。

もう話したくないと言っているのにまたさらに話を聞かなければならずそこからまた喧嘩がエスカレートしていくのです。

 

彼としては自分の意見を理解して、喧嘩を終わらせたいから話したいようですが私はもうその喧嘩自体なかったことにしてその場をおさめたい。

お互いのしてほしいことが違うので、そうなると彼も私も暴言を吐きまくり、ひどい傷つけあいになってしまいます。

「お前はいつまでたってもかわらないな。何回言っても分からへんな」

「もう別れる。こんなやりとりばっかり何度もいつもあんたのせいで」

 

先日は本当にひどくて、私は指輪をその場で投げたし彼は私の機嫌がいつまでも治らないから頭を冷やせと水をかけられました。

(福祉の仕事をしている人間でもプライベートはこんなもんです。)

 

喧嘩をするメリットとデメリット

喧嘩をするメリットはストレス発散で自分の感情を全てぶつけられるほど自分が表現できていること、相手の本音が知れる事だと思います。

今回の喧嘩でも、彼が本当は私のことをいろいろと考えてくれていたことが分かりました。なので絶対喧嘩がよくないものではないと思うのです。

ただ、喧嘩てやっぱりストレスですし自分も苦しめてしまいます。

脳は二人称を判別できず、例えば「死ね!」と相手に言ったとしても、無意識の中で自分が「死ね!」と言われたことして受け取られ自分も知らないうちに傷ついてしまうのです。

なので、できるだけ自分の機嫌は自分で直しできるだけ相手を傷つける言葉は使わないようにしたほうがよいです。

私が彼と喧嘩して「あんたなんて最低!別れてやる!くそやろう!」と発言してその場を離れてスッキリしたと思いきやその後も気持ちがふさぎ込んでいたのは、知らないうちに自分自身が傷ついていたからだったのかなと思いました。

 

あえて前向きな言葉を使っていく

 そこで、彼とのやりとりのなかで前向きな言葉を使っていくことを実践しました。とりあえず褒めることに!!

すると、言葉にだしているわけじゃないけど入力しているだけでちょっと気持ち明るくなった気がしたんです。(影響されやすいだけかも)f:id:nya_i:20180530205855p:plain

結果的には変なところをいきなり褒めだしたので逆に彼を刺激してしまったのですが、ちゃんとそのあとその理由を説明してなんとか理解していただけました。

思ってるだけじゃなくて彼にちゃんと伝える事、ほめること大事!

特に彼の場合は褒めても反応は薄いのですが、言葉として口にだすと自分にも良い影響があるなと感じたのでどんどん良い言葉を使おうと思います。

相手の見返りを求めないこともポイント!!!!(私苦手)

結果的に彼との関係もよくなっていくはず。

 

まとめ

今回彼と激しい喧嘩をしてそのあと気付きがあったのでブログに書いておくことにしました。私の場合は怒りのコントロールが課題です。

仕事ではそこまでイライラすることはないのに彼にはとてつもない怒りの感情があらわれます。

「怒り」がスーッと消える本―「対人関係療法」の精神科医が教える

「怒り」がスーッと消える本―「対人関係療法」の精神科医が教える

 

一度読んで同僚にプレゼントしたのですが再度読み直す必要がありそうです。