バツイチ彼と結婚したいアラサー女

ケチケチ社会福祉士のブログ!彼との結婚目指して節約副業投資なんでもやるぞ!アラサーブログ!なりたいようになる!

福祉職がイケてない理由を考察

f:id:nya_i:20180505143153p:plain

福祉職ってイケてる?憧れる?

本当に持論でしかなく、嫌な思いされた方がいたら本当に申し訳ございません。自分がイケてるかどうかなんて自分自身の判断なので自分はイケてることにしてください。

また、福祉のサービスを受けている人はあまりオシャレをする人が少ないです。

なぜなら、サービスを受ける方の多くが障害を持っている方に自分の好きな服を着るという感覚がない方が多く親から与えられた服をルーチンで着まわしていることが多いから。

「福祉職イケてない。」そう思うのは今まで福祉以外の仕事をしてきた経験からだと思います。ほかの職業と比較するとどうしてもそう思ってしまうのです。

 

社会福祉士の学校に通って感じたこと

私は普通の大学に通って新卒で社会人になってしばらく仕事を転々としたあとに社会福祉士の専門学校に通い始めました。

大学の頃は合コン三昧でした。はやりのオシャレをしている女子で群れて毎日のように遊びまくっていましたし、素敵だなと思う男性も多くいました。

ただ、専門学校にはいってからその時に出会うような興味をそそられる(?)男性は一人もいなかったし、仲良くなりたい!とい思う女性も少なかった。

(一部の女性とは今もこれからもずっと仲良くしていけるような仲になれました)

 

学校で授業を受けている人は目がきょろきょろしていて、うつむきがちな印象。ぱっとみから自信がなさそうな人が多かった。隣の人に話しかけるみたいな活発な方も少なくみんながみんな1人でいるかんじ。

社会福祉士になる人イケてない!

(イケてない=魅力的ではない)

それが福祉の学校にいきはじめたときの第一印象。

 

グループワークでも意見言わない、消極的、目あわない。コミュ障か!

お前なんのために専門職なりたいねん!社会をそれで変えれると思ってるのか?そう思ってた。

そもそもそんな強い思い持ってた人の方が少ないかもしれんけど。

私自身が社会福祉士に対して強いあこがれをもちすぎていたところもあります。

ただ、よくよく話を聞くととってもみんなよい人だった。そもそも人間なんてみんなよい人なので、そりゃそうなんだけど。

 

イケてない理由

なんで?どうしてイケてないのか。その理由を私なりに考えてみました。 

 

福祉職につきたい人の傾向

そもそも、若者がなんで福祉の仕事につきたいのかを考えてみると、「困っている人を助けたい」という人が多いのではないかなと思う。

営業でも医療でも、困っている人は助けることはできる。

ただ、福祉職(特に介護)につくということは、家の中のおじいちゃんやおばあちゃんを家族が介護するように、誰でもできるというイメージがある。

誰でもできる仕事にあえて就きたいと思うのは、「自分でもできるかも!」という自信がない人でも挑戦できる職種なんじゃないかなと思います。

だからこそ、ちょっと自信がない人が多いからイケてないと思ってしまう一面があるのかなと思いました。

 

私自身、「きょうだい児の私のいままで 」のなかに書いたように、私自身きょうだい児だからこそ幼いころは劣等感でいっぱいで自信がない人間でした。

自信がない人が福祉職に就くにあたって心配なのは、職場の気が強いおばちゃんにきつく指導されて辞めちゃうんじゃないかというところ・・・。

めげずにがんばって自信をつけてイケてる大人になってほしい!

 

働いている人自身が余裕がないから

以前、「安楽死したい3つの理由」という記事の中でもふれましたが、特に介護の業界でいうと誰でも仕事につけるんです。

ただし、福祉職は3K(きつい、汚い、危険)で薄給と言われています。

職場はどこも人手不足。人手がないなかでも施設は運営していかないといけない。ということで疲れ切っている人が多いのではないでしょうか。

そうなると最低限の介助、最低限のコミュニケーション、理想と現実とのギャップ・・

そりゃ死んだ目をしてるわけだ(過去の自分のことです。)

 余裕がないと人間とってもイライラしたり感傷的になったり、自分が自分じゃなくなっちゃいます。

そりゃイケてないわけだ。

 

尊敬している先輩

1番尊敬している福祉職の先輩がいる。

化粧ばっちばちで、カフェ定員みたいな服装でいつも出勤してくる。表参道っぽい。

その方は介護のプロ!学校で教える免許ももっているし指導の仕方も分かりやすい。

誰でもできる介護のイメージを変えてくれたのも彼女でした。

 

介護する場合って、入浴介助とかもあるから化粧しない人が多いんだけどその人はいつもフルメイクだし30代後半なんだけどいつまでも綺麗にしている!

ぱっとみ福祉職に全く見えない。

福祉をしてなさそうな人が福祉をしているってとっても魅力的だし、業界のイメージを変えれるからとってもいいことだと思っている。

 

まとめ

私の持論として、「実は福祉職やってるんです」と何も知らない人に伝えた時に「意外ですね!」こう思わせたら勝ちだと思ってる。

どうしても福祉の業界上、福祉に就着たい人は自分のことでいっぱいいっぱいか、自信がなくてとりあえず仕事についたという控えめの人が多いのはしかたない。

だからこそ、少し余裕がでてきた福祉職のみなさんは是非イケてる福祉職の人になりましょう!

人間、最初の3秒で印象は決まると言われています。イケてる人間になりましょう!

(イケてるかどうかは自己判断)

 

・化粧はすること!

・身だしなみを少し気遣うこと!

・仕事を楽しんでること!