バツイチ彼と結婚したいアラサー女

ケチケチ社会福祉士のブログ!彼との結婚目指して節約副業投資なんでもやるぞ!アラサーブログ!なりたいようになる!

障害者手帳取得のメリットとデメリット

f:id:nya_i:20180408231655p:plain

障害者手帳のメリットデメリットを知って今後どうするか考えよう

障害を診断された方は、手帳をとるべきかとらないべきか悩んでいる人が多いと思います。

手帳をとったことでどんなよいことがあるのか、悪いことがあるのか、知らない間に誤解していることもあるかもしれないのでまとめました。

 

障害者手帳をとるメリット

障害者雇用として仕事に就くことができる

各会社の障害者求人に応募できることができます。自分の苦手なことを配慮してもらいながら働くことができます。例えば・・・

  • 臨機応変なことが苦手なので電話応対は避けてほしい
  • ストレスが体調に影響するので残業は1日1時間程度にしてほしい
  • 不安が不調につながるので月に1回30分面談の時間を頂きたい

実際、仕事ができるようになっていくにつれて配慮は忘れられてしまうこともあります。自分から会社に言いずらいこともあると思うので、障害者雇用として働くサポートをしてくれる行政機関につながっておくと安心です。

自分の苦手なこと、ストレスになることを事前に伝えて避けて働けるので安心して長く働ける場合が多いです。

仕事をするなかで困りごとがあったら、上記のセンターに相談して都度解決していくことができます。

 

障害者雇用の現状!今後障害を持ったかたが働きやすくなる理由は3つ 」のなかでもご紹介しましたが、障害をもって働く人の理解は進んでいます。

就職しやすいから、安心して長く働きたいからと手帳を取得するも多いです。

 

民間施設や公共機関、税金が割引される

障害者手帳をもっているだけで、美術館や博物館、動物園なんかが割引されたり無料で入館できたりします。

詳しくは以下のサイトでどうぞ!

障害者手帳で行こう!~全国版~

地域によっては、「地下鉄が無料」「公共バスが無料」なんてこともあります。

ただし住んでいる地域によっては手帳をとっても乗り物が安くならないなんてこともありますので、ご注意を!

また、医療面や税金の面でも優遇があります!

事前にお住いの地域のサイトをチェックしておきましょう。

 

障害者手帳をとることに対してのよくある誤解

  • 障害者年金を取得するには、障害者手帳を取得しなければならない

これ違います。手帳なくても障害者年金は申請可能です。

詳しくは以下のページに詳しく載っていたのでご確認ください!

障害年金と障害者手帳の関係 - いいづか障害年金オフィス(神奈川県相模原市)

 

  • 障害者手帳を取得したらずっと障害者雇用として働かないといけない

これ違います。手帳は更新制度になっており、精神障害をお持ちの方の場合は2年ごとの更新なので、手帳が更新されない使えなくなる可能性あります。

人によって、障害者ではなくなると嬉しい方もいると思いますし障害者雇用として働き続けられないのではと不安になる方もいると思います。

障害者手帳の更新に関しては主治医の意見書によってほぼ判断されますので、障害者雇用として働き続けたい旨伝えて、手帳を更新してもらえるよう先生に意見書を書いてもらう人が多くいます。

司法の視点では、手帳がなくなっても働き続けることができるようです。

詳しくは以下のサイトをご参考ください!

事例1-3 手帳の不更新による雇止め | 一般社団法人 東京TSネット

そもそも手帳のメリットとは、合理的配慮!!

厚生労働省から事業所に周知されている書類のなかには、合理的配慮の義務の対象として手帳を取得している人に限らないとしているので、法律的には手帳なくても配慮はしてもらえます。

f:id:nya_i:20180408230327j:plain

http://www.jpi.or.jp/pdf/161031_04.pdfより

ただ会社によります。障害理解があるとこはあるしないところはないです。

面接の際に自分の会社が障害に理解あるのかどうかは判断する必要があります。

 

  • 手帳を取得したら、会社には絶対言わないといけない

これ違います。手帳を取得したとしても障害者雇用枠で就労してもいいし、手帳をとっていることを隠して普通に就職しても問題ありません。あなたがどうしたいか就労の形を選ぶことができます。

ただ、手帳を取得していることを隠し通せるかどうかについてはグレーです。

以下のサイトに詳しくのっていたのでご参考にどうぞ!

障がいがあることって会社にばれるの?|障がい者(身体障害 発達障害 知的障害)のライフスタイルメディア|Media116

www.media116.jp

 

  •  障害者手帳は障害をもってたら誰でも取得できる

これ違います。主治医の意見書を書いてもらって、行政が手帳を発行するかどうかを判断します。申請しても断られる場合もあります。

主治医の意見書によって手帳とれるかどうかほぼ判断されているので、先生に手帳をとりたい旨と何に困っているかなど詳しく伝える必要があります。

また、精神障碍者手帳を取得する場合は精神疾患があると診断されてから6か月以上経過してからじゃないと申請ができませんのでご注意を!

(精神的な症状が一時的ではない事を確認する必要があるのです)

 

  • 障害者雇用で働くと会社の人全員に障害を知られてしまう

これ違います。障害をどこまで伝えるかは会社と交渉次第です。人事は雇用するうえで知られてしまう必要があると思いますが、同じ会社の人全員に必ず知られるわけではありません。

逆に知ってもらった方が安心する方もいると思いますが知られたくない人は「できれば、一緒に働く職場の人たちだけに障害があることは伝えたいです」と面接の際に交渉してみましょう。

会社によっては、会社から「どこまでの人に自分の障害を開示しますか?」なんて聞いてくれるところもありますよ!

 

 障害者手帳をとるデメリット

障害者手帳を取得すると「自分は障害者」という精神的なダメージそれが一番のデメリットだと思います。

障害を持っている方の社会進出は進んでいるもののまだまだ偏見はありますし、自分自身が一番障害に偏見をもっているなんてこともあります。

きょうだい児の私のいままで」にも書きましたが障害者差別は嫌だと感じながら自分自身が一番偏見をもっていた過去がありました。  

 

あともう一つ言えば、障害者雇用で働く場合給与が安くなる可能性があります。

障害を理由にして昇給をしないなどは差別になり法律で禁止されていますが、まだまだ理解が進んでいないところが多いです。

もらえる賃金が低いことを理由に障害開示をしない方もいらっしゃいます。

ただ一方で障害者雇用として働きながら私自身の給料より稼いでいる人もいることは事実です。

参考に「社会福祉士の月収はこんなもん 」のなかで私の給与を公開しています・・

一度障害者雇用の求人ってどんなものがあるか自分の目でご確認くださいね!

 

障害者手帳をとるかどうか悩んでいる方へ

手帳をとったほうがよいか、とらなくてもよいかは一人で決めるのは悩むと思います。

まず、障害者手帳が取得できるかどうかは主治医に相談してみましょう。

ただし、先生は社会を知らない事が多いです。(大学卒業→医師みたいな)

なので先ほど紹介した、障害者雇用として働くサポートをしてくれる行政機関に相談をしてみるのはおすすめです。

 障害者雇用としてどんなふうに働いている人がいるのかを聞くと参考になると思います。

私にも匿名で相談するのも可能です!!(知ってる限りで情報お伝えします)