障害と働くを応援

境界性人格障害など詳しく知る|パーソナリティ障害まとめ

パーソナリティ障害人格障害境界性障害とは

パーソナリティ障害とは?

一般の人と比べて、物事の捉え方や感情表現の仕方、認知の仕方が異なっていることが理由で結果的に対人関係のトラブルが多くなってしまうような障害です。

もともとは人格障害と名付けられていましたが、「人格がおかしい」「人格が悪い」と捉えられることがあり今はパーソナリティ障害と呼ばれています。

もちろんパーソナリティ障害になりたくてなった人はいません。

当事者はもちろん近くにいるあなたはしんどい思いをしているかもしれません。

よしこ
よしこ
障害を知ることで少し気持ちが楽になれたらいいなと思って書いています。

 

パーソナリティ障害の特徴(特に境界性パーソナリティ障害)

多くの人たちは、多角的な視点で物事を捉えます。

例えば、相手が電話にでなかったら「忙しいんだな」「気づいてないな」と多くの人がこう考えるでしょう。

しかしパーソナリティ障害の方は考え方にひどく偏りがあると言われています。

例えば1度電話にでなかったら「自分は嫌われてるんだ」と思い込み相手との関係を絶つ、悪口を言うなど。

周りの人たちが助言をしても別の考えを受け入れられないことが多く、いつでもどこでも極端に物事をとらえがちです。

その傾向がある理由が原因がないことも特徴です。

 

障害をもっている本人としては自然と極端な認知、捉え方考え方をしてしまうわけで自分は分かってもらえない。人と仲良くなれないという感覚をもつ方が多いです。

周りにいる人たちは、普通の対応をしたつもりが相手を怒らせたり悲しませたりする結果となってふりまわされてしまう傾向があります。

よしこ
よしこ
自分だけがしんどいのではなく、お互いしんどいことを知り原因や理由を考えるのではなくこれからどうするかを考えていきましょう!

 

パーソナリティ障害にもいろいろある

パーソナリティ障害は、いくつかに分類することができます。

<A群:奇妙で風変わりなタイプ>
・妄想性パーソナリティ障害⇒広範な不信感や猜疑心が特徴。
・統合失調質パーソナリティ障害⇒非社交的で他者への関心が乏しいことが特徴。
・統合失調型パーソナリティ障害⇒会話が風変わりで感情の幅が狭く、しばしば適切さを欠くことが特徴)

<B群 :感情的で移り気なタイプ>
・境界性パーソナリティ障害 (感情や対人関係の不安定さ、衝動行為が特徴)
・自己愛性パーソナリティ障害* (傲慢・尊大な態度を見せ自己評価に強くこだわるのが特徴)
・反[非]社会性パーソナリティ障害 (反社会的で衝動的、向こうみずの行動が特徴)
・演技性パーソナリティ障害 (他者の注目を集める派手な外見や演技的行動が特徴)

<C群 (不安で内向的であることが特徴>
・依存性パーソナリティ障害 (他者への過度の依存、孤独に耐えられないことが特徴)
・強迫性パーソナリティ障害 (融通性がなく、一定の秩序を保つことへの固執(こだわり)が特徴)
・回避性[不安性]パーソナリティ障害 (自己にまつわる不安や緊張が生じやすいことが特徴)

パーソナリティ障害の診断は難しく発達障害と誤解されることも多くあります。

お医者さんはずっと一緒にいるわけではないので傾向が把握しにくいのです。

ただ、自分の傾向や気になる人の障害傾向を知るだけで腑に落ちてすっきりするかもしれません。

それぞれ詳しく説明されているサイトをご紹介します。

 

妄想性パーソナリティ障害

広い範囲で不信感や猜疑心が芽生えることが特徴です。

 

統合失調質パーソナリティ障害

非社交的で他者への関心が乏しいことが特徴です。

今はスキゾイドパーソナリティ障害とも言いますね!この障害はほかの障害と比較しても本人が困ってないし周りも変わった人くらいでとらえることが多いです。

Allabout統合失調質パーソナリティ障害の特徴・症状・治療法

よしこ
よしこ
私の知り合いにもこの傾向の方がいます。全然人に関心がなく受け答えもロボットのようですが問題なく活躍されてますよ!異性には本当に興味ないらしい。

 

統合失調型パーソナリティ障害

会話が風変わりで感情の幅が狭く、しばしば適切さを欠くことが特徴です。

 

境界性パーソナリティ障害

感情や対人関係の不安定さ、衝動行為が特徴です。トラブルが多いのはこのタイプかも。

 

自己愛性パーソナリティ障害

傲慢・尊大な態度を見せ自己評価に強くこだわるのが特徴です。

 

反[非]社会性パーソナリティ障害

反社会的で衝動的、向こうみずの行動が特徴です。

 

演技性パーソナリティ障害

他者の注目を集める派手な外見や演技的行動が特徴です。

 

依存性パーソナリティ障害

他者への過度の依存、孤独に耐えられないことが特徴です。

 

強迫性パーソナリティ障害

融通性がなく、一定の秩序を保つことへの固執(こだわり)が特徴です。

 

回避性[不安性]パーソナリティ障害

自己にまつわる不安や緊張が生じやすいことが特徴です。

まとめ

パーソナリティ障害について、理解は深まったでしょうか。

障害は甘えではなく、強制的に治せるわけではありません。

辛い思いをしているかたは少し距離をおいていきましょう!

よしこ
よしこ
少しでも障害のことを知って気持ちが楽になればうれしいです!
コチラの記事もおすすめ!
障害と働くを応援

自己分析を生年月日で!自分が分からないあなたにおすすめ占い6選

11月 16, 2017
障害と働く!社会福祉士の就労応援サイト
私が就職活動をしていた頃、自分のことがまじでわからなくて企業になにを伝えたらいいのか本当に分からなくて超落ち込んだ時期がありました。  …
障害があっても前向きになりたい自分になれる 障害と働くを応援

なりたい自分なれる言葉と根拠|口癖を振り返って理想の自分になろう

11月 5, 2019
障害と働く!社会福祉士の就労応援サイト
佐藤富雄さんの「自分を変える魔法の口癖」を読んでみたところ、自分の口癖「言葉」によって人生は作られる。そしてそれには科学的な根拠があるらしい …