障害と働くを応援

障害者雇用で斡旋紹介会社を使っても採用されにくい場合5つ

障害者雇用で働くにおいて斡旋会社を使うという方法があります。

 

ただ。障害者雇用斡旋会社を使う場合は登録して紹介されにくい人、紹介してもらいやすい人といった傾向がはっきりとあります。

自分が障害者雇用斡旋会社を使って就職してメリットがあるかを確認していきましょう!

よしこ
よしこ
斡旋会社を使わない就職活動方法もたくさんあるから大丈夫!

障害者雇用斡旋会社を使っても就職しずらい理由

現役で就労移行支援事業所で働く私の今までの仕事の中で、斡旋会社を使っても紹介してくれなかった人のケースをご紹介していきます。

社会人経験がない

障害者雇用斡旋会社を使うには基本的には社会人経験が必要です。なぜなら会社は安心して働いてくれそうな人を求めていますし、紹介する側としても安心して働いてくれそうな人を紹介したいと思っています。

どうしても社会人経験がない、働いたことがない場合だとその根拠がありません。

どうしても社会人経験がないと挨拶やビジネスマナー、報告連絡相談、時間を守る意識などがあるかどうかが不安です。

社会人経験がない方は、斡旋会社より手厚い就職のサポートがある福祉サービスを使うことをおすすめします。

よしこ
よしこ
誰だって最初は経験ないからしかたない!
障害をもって働く方法!いろんな選択肢から自分にあったものをえらぼう!障害をもって働くにはいろんな方法がある 障害を言う言わないも自分で決めれますし働いた後どのくらいのサポートが欲しいかによってどんな手段...

 

今まで仕事が1年以上続いたことがない、転職回数が多い

仕事が今まで続いたことがないなという場合は斡旋会社は向いていません。

なぜなら、会社側から見てもまた辞めるだろうなと思われてしまいますしあなた自身も不安なのでは?と思っています。

斡旋会社の仕組み上、働いた後に何度も会社に通ってくれるなど手厚いサポートはないので紹介しにくいと感じられているかもしれません。

もし退職理由が毎回同じと言った場合は障害や症状に対する対策が必要です。その場合は就労移行支援事業所がおすすめです。

よしこ
よしこ
自分の課題や対処法を身に着けてから働いたほうが長く安定して働き続けれますよ!
就労移行支援事業所とは?長く働くためには活用をおすすめします。就労移行支援とは、障害者総合支援法に定められた障害福祉サービスのひとつ。 18歳以上65歳未満の障害や難病が患った方のうち診断書があっ...

 

人間関係で不安に陥りやすい

人間関係で今まで退職したことが多かったという場合は斡旋会社は向いていません。

なぜなら、斡旋会社は紹介することが1番の仕事であり先ほども書きましたが、働いた後のサポートはそこまで手厚くありません。

自分は仕事ができてるのかな?このままでいいのかな?と一人で不安になりやすい場合は、毎月1回対面で面談してくれるような定着支援事業などの福祉サービスを使うことがおすすめです。

よしこ
よしこ
不安になるのは特性なので受け入れて安心できるサービスを使いましょう!!
定着支援事業とは?報酬改定後の変更点含めて|就職後も安心平成30年から、「就労定着支援事業」という新しい福祉サービスがはじまりました。また、2021年4月には報酬改定が行われサービスが...

 

事務経験がない

斡旋会社にある求人の多くが事務の求人です。一緒に働くにはサポートがしやすく固定の業務を切り出しやすいからです。

また、障害がある方からも一番人気がある職種が事務職です。

そうなると、事務経験がある方が優先されることから事務経験がない場合はなかなか採用がされにくいです。

ライバルが多いという意味で紹介にくいケースです。

よしこ
よしこ
事務の経験がはないが他の職種を長く経験しており、事務っぽいことはできそう!と相手を安心させることができる場合は可能性がありますよ!

 

週20時間以下の仕事に就きたい人

障害者雇用は法律の下に実施されており、会社は一定数障害のある方を雇うという義務があります。

ただ、その障害者雇用をしていると算定される対象が週20時間以上働く人です。

よって、障害者求人サイトには20時間以下の求人はのっていないのです。

20時間以下の求人はあまりないのが業界の課題でもあるのですが20時間以下で働く場合はハローワークの方がまだあるかもしれません。

よしこ
よしこ
こればっかりは今どうしようもない・・・

 

結局自分は今紹介してもらえそうなのか?

いろいろ説明はしてきましたが、結局自分は斡旋会社に向いているかどうか分からないという場合は試しに登録することをおすすめします。

自分の今までのキャリアや症状について登録することになるので、それを斡旋会社にみてもらい、単刀直入に「私に紹介できそうな求人はぶっちゃけありそうですか?少なそうですか?」と聞いてみましょう。

聞いてみて難しい場合は使わなかったらいいだけの話なので、登録するかどうか悩んでいる場合はとりあえず登録することをおすすめしています。

よしこ
よしこ
相談できるひとはいっぱいいたほうが安心です。自分にあったサービスを使っていきましょう!