生活を充実!

安楽死合法化のメリット|賛成意見の理由や利点をまとめる

安楽死合法化のメリットについて

私は安楽死賛成派です。私自身、安楽死(尊厳死)がしたいです。本当に絶対したい。

別に若くに自殺したい気持ちなんて一切ないです。ただただ、歳をとって死にそうだなと感じたとき、自分で死ぬ時を決めたい。

介護業界に携わっている人なら誰しもこの気持ちがあるんじゃないでしょうか?

 

耐えがたい苦痛があっても自分が自分でなくなっても生きなくてはならない。幸せに死ねる人は一握りだなと感じています。

しかし、日本では安楽死や尊厳死は認められていません。ヨーロッパやアメリカでは導入される国や州が少しずつ増えてきています。

安楽死合法化のメリットと、合法化する為にどうしたらよいかを考えてみました。

尊厳死とは人間としての尊厳を保った状態で、死ぬこと。安楽死とは、肉体的にも、精神的にもできる限り苦痛から解放して死ぬことと意味は少し異なりますが、私はどちらも求めています。以下安楽死で統一して記載します。
よしこ
よしこ
私が考える理想の安楽死制度も考えてみたよ!

安楽死することで自分が自分のままで最後を迎えられる

認知症という言葉を知っていますか?

簡単に言うと、自分が自分じゃなくなってしまう病気です。

立派な社長さんだった人でも、認知症になると公共の場でおしっこをします。

たまたま近くにあった花瓶に生けてある花を食べます。

自分のうんこを食べる人だっています。

自分が自分じゃなくなってしまうんです。

こう書くと、認知症になった人に早く死んでほしいなんて思われるかもしれませんが、一切思っておらず私の両親が安楽死を選ぶと悲しいと思います。

しかし、自分がもし将来大好きな娘のことを他人だと思って拒絶したり、認知症で知らずのうちに火事を起こしてしまったり、家をとびだして電車にひかれてしまったり・・(ご家族が賠償金を支払うことになりそうになった意見が実際にありましたね)そういったことを考えると周りに迷惑をかけてしまう将来は本当につらい。

私がもし認知症になったとしたら、自我を失いそうになるその前に自分が死ぬ時期を決めたい。もしくは、こういう状態になったら安楽死させてほしいと家族に伝えたい気持ちがあります。

2025年には高齢者の5人に1人が認知症になると言われています。

よしこ
よしこ
認知症になる可能性が高い今、安楽死を合法化するのは私にとってメリットしかありません。

www.ninchisho-forum.com

【スポンサードリンク】

 

安楽死しなければ永遠と家族にお世話になるしかない可能性が高い

先ほど、認知症のお話をしました。

認知症になると、施設にはいって介護してもらえばいいじゃんってそう簡単に思いますよね。

でもね、今お年寄りで施設はいっぱいなんですよ。

総務省統計局が2017年9月17日にレポートを発表していて、日本の65歳以上の人口は2017年9月15日時点で3514万人。総人口比は27.7%で総人口に占める割合が1/4を超えたのは2014年から継続して4年目連続で過去最高の数値だそうです。

認知症になったから父を介護施設に入居させたい!そう思ったとき、介護どのくらい必要かを行政が判断します。

比較的料金が安く利用できる特別養護老人ホームの場合、入所基準が以前は要介護1からOKだったのが2015年から要介護3に引き上げらました。

よって、より介護が必要な重度な人のみが施設を利用できるようになり、軽い認知症ぐらいじゃあ施設に入れないです。

重度と判断されるまでは家族にお世話になるしかありません。

家族に迷惑かける前に死ねることをえらべたらそれはメリットでしょう!

よしこ
よしこ
重度化する前に自分が自分のままで死ねること、家族に迷惑かけずに死ねることって幸せだと思います。安楽死合法化のメリットを伝えていきたい!

私たちは死ぬまで将来介護してもらえるのか?

少し前までは介護職につくためには専門学校や大学で介護福祉士の資格を取得して介護職につく人が多くいました。

だからこそ、介護施設でも資格を持っている人を採用しよりよい介護に向けてチームで考えるアットホームな施設が多くありました。

しかし今、介護はどこも人材不足。

そうすると施設側も資格がなくても資格取得のためのサポートをするところが増え、ハローワークなんかでも常に介護の資格がとれる口座が開催され、資格なしでもやる気があれば即採用の施設が多くあります。

よって、とりあえず仕事がないから介護につくという人が増えました。

介護職に就いて、魅力を感じてくれる人も多くいます。

一方で知り合いの職場では、元営業マンが入社し、自分が出世する為か昔から長く働いていた職員を「虐待をしている」と通報し辞めさせたり、お年寄りの方がケガをしてもみなかったフリをする人がいたり、人間性を疑うことがたびたびあると話をしていました。

これならロボットに介護されたほうがましかもしれない。

自分が自分でなくなる上に介護してくれる職員がいるのか?そしてすてきな職員に巡り合えるのだろうか・・・

よしこ
よしこ
安楽死を合法化することで、長生きしたい人により高い質の介護を提供できるかもしれません。

 

安楽死合法化は希望している人が多い

脚本家、橋田寿賀子さんが安楽死で逝きたいと一時期話題になりました。

www.minnanokaigo.com

上記の記事を見る限りでも安楽死を望んでいる声が多い。

医療費は膨れ上がり、自分が自分じゃないのに生かされている人が多くいる。

よしこ
よしこ
これだけ合法化したい声があるのに全く話が進まないのは、安楽死制度がないかげで儲かっている製薬会社やえらい政治家の何かがあるに違いない・・

 

私が認めてほしい安楽死の詳細

安楽死合法化賛成な私ですが、だれでも死ねるような法律は私は理想ではありません。

  1. 身体的、精神的な苦痛から自分に死にたい気持ちがある
  2. 家族から見ても身体や精神的に死にたいほど苦しい状態に見え、本人の気持ちを認める
  3. 第三者(2人以上)から見ても死にたいほど身体的、精神的な苦痛があり、本人家族家族の意向を認める

一人で死にたいから勝手に死ねる法律ではなく自分で死ぬことを選べて、周りからも死ぬことを認められて第三者からも死ぬことを認められてやっと死ねるこの形がベスト。

「障害者の人がどんどん殺されるのではないか?」といった反対意見もありますが、第三者を2人以上はさむことで客観的に適切なのかどうか判断してもらいます。

また、この法律ができるにあたって自殺者が減るのではないかと思っています。

死にたい気持ちがあっても、適切な医療、適切な支援が受けられていない人が多くいます。その人たちのことを知れ、支える仕組みを作れるのではというメリットもあると思います。

よしこ
よしこ
少子高齢化の今、安楽死を合法化し人口増加の支援、子育て世代にお金を投資するのがベスト!!

 

法律をかえて安楽死できるようにするには

改めて、将来のことを考えると恐ろしくなりませんか?

そしていつまでも誰かが安楽死できるようにしてくれるだなんて思ってはいないですか?

安楽死には賛成だしメリットはたくさんある。

私自身国民のひとりとして、安楽死が認められるようにするにはどうしたらよいか調べてみました。

一般財団法人 日本尊厳死協会www.songenshi-kyokai.com

既に尊厳死について協会ができていました!自分の意思を自分の元気な時に残しておくための教会です。

f:id:nya_i:20180120085724j:plain

(サイトより抜粋)

協会運営の方々がどこかの宗教に偏っていない事を祈ります。

こちらの教会がメインとしていることは、リビングウィルとして健康なうちに、延命治療を断るような書類を作る、管理するという活動です。

延命治療を断るだけで安楽死ではないんですよね。自然死で死にたい人向け。

ただ、延命治療を断ったとしても認知症になった場合、体は健康なのでそこらへんでおしっこしたり、行方不明にしょっちゅうなりながら生き続けることになってしまいますね。

よしこ
よしこ
延命治療を断る書類管理にお金が必要なんだなあ・・

 

リビングウィルについては、法律で決められていないですが地域によっては終末期の事前指示書として、作成するようセミナーや書類を無料で配布した地域もあるようです。http://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/52290.pdf

(半田市:半田市における地域包括ケアモデル事業の取組(認知症対応モデル)

 

安楽死反対理由とは?

ではメリットや賛成意見はよくわかったけど逆に反対している人、難しい理由はなんなのか?

安楽死の合法化はきわめて難しい問題を含むものであり、月並みではありますが、慎重な議論が必要であるといえます。

日本で「安楽死」が実現する日はやってくるのか? 法整備の課題山積み

サイトのなかでいろいろ語られています。法律については全然わからないのですが、とりあえず法律が矛盾してしまうから変えにくいよという話でした。

ここの整備は専門家にまかせたい。私は何もできません。

 

はっきり言って、寝たきりになったり、重度の認知症になったら、生きていても仕方がないから、安楽死する権利を認めよ、というのはまだ多少とも元気な人のノーテンキな意見であって、実際に寝たきりになったり認知症になったりしてみれば頭の中がどう変わるかはわからないのだ。別に「積極的安楽死を選ばなくても人はいずれ死ぬわけで、なぜそんなつまらぬことを考えるのか。もう少し楽しいことを考えた方がいいと思う。

ほんまでっか?池田清彦教授が「安楽死」に断固反対する理由

こちらに対しては、認知症になりかけの不安や恐怖の場面を直接見たことがないからなのではないだろうか?

年を老いて1人でトイレにいけない、どうしても忘れてしまう。愛する親族に関して迷惑をかけることへの不安や申し訳なさを感じている方が多くそういった様子を身近で見たら、安楽死を希望することに対してつまらぬことなんて言えないと思う。

よしこ
よしこ
若者からしたら老後不安しかないんだよ!

 

この記事をかいて実行したこと

どうしても安楽死を日本でも認めてほしいものの、何から始めたらよいかわからない。ツイッターにつぶやくだけでも世の中何も変わらないので以下のことをすることに・・

・日本尊厳死協会に、尊厳死法律化のため何かできることはあるか連絡する

(実際に国に働きかけているとのことだが何をしているのか?)

→連絡してみましたが、教えてくれませんでした。とりあえず加入してほしい様子

・安楽死反対派の意見を読んで、再度安楽死や尊厳死について考える

・ツイッターの安楽死賛成派の方々との交流して考えを深める

よしこ
よしこ
合法化のメリットはたくさんあります。しかし、安楽死を合法化する為には具体的に何をしたらよいのか今分からない状態です・・。同じ想いがあるかたアドバイスください!