節約ポイント

ふるさと納税手続き簡単!2018年私のおすすめ返礼品

f:id:nya_i:20180122231854p:plain

お得すぎるふるさと納税2018年おすすめはこれ!

「ふるさと納税ってなんだかめんどくさい、それって意味あるの?」

なんて思っていませんか?私の職場ではふるさと納税している人が私だけでした。

こんなにお得なのにもったいない。ということで、ふるさと納税がよくわからない人向けにメリットについてお伝えしていきます。

 

OLならもらえる給与が増える

 ふるさと納税の仕組みについて簡単に説明すると、ふるさと納税として1万円納税したとすると、2,000円は自己負担。

だけど8,000円分は返戻金として、お肉とか米とかフルーツとか好きなものがもらえて、かつ8,000円分は税金が安くなって結果給与がその分増えるみたいなかんじです。

本当に安くなってるの?って方いると思いいますが、実際に安くなっているか確認されているサイトもあったので参考にどうぞ。

超簡単!ふるさと納税の控除結果を確認する方法を写真付きで解説 | はっくるBlog

 

自分がふるさと納税して、何かもらえる&税金分が安くなる仕組みには上限があります。

100万ふるさと納税して998,000円分お得になったら世の中おかしくなりますからね。

お得にふるさと納税ができる上限は、源泉徴収さえ手元にあれば目安がわかります!私は去年、源泉徴収を参考にせず、適当に給与300万以下だろうと思って計算していたので損をしてしまいました。

源泉徴収の金額をサイトに記入して上限をまず確認しましょう。

www.satofull.jp

www.furusato-tax.jp

 

私の場合だとシミュレーションでは29,704円が寄付の上限でした。29,000円までふるさと納税でお金を使っても、2000円の自己負担だけで27,000円は戻ってきます。

ふるさと納税しなかったら何ももらえないし給与も増えない。この仕組みお得しかない。

 

納税の申告は難しくない

 ふるさと納税ってなんかめんどくさそう。それもよく聞く話です。手続きが大変じゃないの?ってよく言われますが、全くそんなことはなし。

働いているOLさんであれば、ふるさと納税に申し込むときに、ワンストップ特例をするかどうかの欄があるのでそこにチェックをいれておいてください。

あとから書類が届くので、そこにマイナンバーやら書いて送りかえせばそれでOK!手続きはそれだけです。

f:id:nya_i:20180113231124j:plain

(↑ふるさとチョイスの申込画面です) 

 

私のおすすめ返礼品

ふるさと納税では、納税する金額にあわせて返戻品が選べます。今とってもサイトが充実しており、ふるさとチョイスのサイトでは扱っている商品は全国1,788自治体、15万点以上!!!

自分の実家に納税するのが世間体的にはよいのかもしれませんが、私はいつもほしいものがある地域に納税を選んでいます。私の場合もっぱらお肉!!

今年の申し込みは鶏肉の毎月3キロを12か月分頂ける定期便これにしました!

www.furusato-tax.jp

実は一昨年も奈半利町の鶏肉を頼んでおります。

f:id:nya_i:20180113232406j:plain

奈半利町はすっごくふるさと納税が盛んで、タイムセールなんかもあり、実際届いたのがこんな感じで超感激したのを覚えています。

f:id:nya_i:20180113232452j:plain f:id:nya_i:20180113232455j:plain

人によって欲しいものは違うと思いますのでじーーっくり選んでみてください。私はコスパで選ぶので、鶏肉一筋です。

ふるさと納税のサイトも本当に幅広く以下のようなサイトも登場しています。

 

 デメリット

お得だらけのふるさと納税ですが、デメリットがあるとすれば品切れが早いこと。

やっぱりお得なものは早くに売り切れてしまいます。

申込がはじまるのは1月1日からなので、忘れちゃう早めに申し込んじゃいましょう。年末になればなるほど申し込みが増えるそうなので、ふるさと納税はお早めに!!

 

 この記事書いた人↓

www.2kaime.com

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへにほんブログ村

家計簿日記ランキング