社会福祉士技術

社会福祉士給料は安い?資格を生かして働きたいあなたに現実をお伝えします。

社会福祉士の給与は安いのか?

「社会福祉士の資格がほしい」そう思う人は多くいます。しかし資格を取得したところでどのくらい給与がもらえるのか?また、その給与に仕事内容は見合っているのか?

私の今までの手取りの給与をお伝えして社会福祉士になりたい人に向けて現実をお伝えしたいと思います。

現実を知って、社会福祉士の資格を取得してみてくださいね!「社会福祉士でよかったこと3つ 」にまとめましたが社会福祉士の資格を取得して行う仕事にはとっても魅力がありますよ!

毎月の手取り月収について

2016年度私の口座に振り込まれた手取りの給与をまとめてみました。

f:id:nya_i:20180603210026j:plain

私の事業所はボーナスはありません。私のこの給与を見てどう思いましたか?もし「安い」と思った方がいたらそれは社会福祉士としてお金を稼ぐには不満がでてくるかもしれません。

なぜなら私の給与は周りの福祉の仕事をしている人に比べたら高い方なのです。

社会福祉士なぜ安いのか?

社会福祉士の仕事はあまり稼げない。そう思った人が多くいると思います。その理由のひとつは業務独占資格でないから!

ある業務に対して有する資格がないとその業務は行ってはならない。看護師や薬剤師の資格はそうですね。資格をもってないのに特定の業務をすると処罰の対象になります。

悲しいかな、社会福祉士の資格を持っている人にしかできない仕事ってないのです。

名称独占資格といって、無資格で資格があると名乗ると処罰の対象になる資格ではありますが、業務独占資格ではない。

「給料は多く払うからうちにきて!」という資格ではないことから給与は安いです。

また、業務独占資格だったら稼げるのか?と思えばそうではありません。美容師の仕事は業務独占資格です。美容師には低賃金で長時間働いている人が多くいます。

私は社会福祉士が給与が安い理由のひとつに、「福祉」の仕事だからという理由があると思います。

福祉をネットで検索すると「特に公的扶助による生活の安定、充足」と書いてあることが多いです。そう、公的扶助がないと生活の安定や充足が難しい人が福祉の対象になります。公的扶助のお金の出どころは税金です。

国の仕組みとして社会福祉士の仕事がある以上、お金を稼ぐのが難しい仕事なのではないかと思っています。

社会福祉士の資格所持者を求めている職場

給与安いし、誰でもできる仕事だったら資格をもっている意味ないじゃんと思うかもしれません。しかし社会福祉士の資格を持っている求人が全然ないということではありません。

社会福祉士の資格を持っている人を募集している職場で1番多いのはMSWです。医療ソーシャルワーカーのことです。

病院に所属する相談援助職として病院で入院している患者さんが地域で生活する為に行政機関や福祉の機関と連携をとったり心のケアをするような仕事です。

医療ソーシャルワーカーとして働く人は社会福祉士の資格を持っている人が多くいます。

次に多いのが、老人ホーム等のお年寄りの入所施設での生活相談員も多いです。社会福祉士かケアマネージャーかどちらか所持している方が多いです。入所した利用者さんと家族の間でやりとりをするような仕事です。

また、珍しい仕事内容として、刑務所の指導員だったり生活保護を受けている人の支援、親がいない子供たちの施設などでの業務もあります。そういった支援の場では、高い専門性が求められ社会福祉士の資格所持者を募集しています。

社会福祉士の専門性とは?

誰でもできる仕事と思われがちな社会福祉士。では社会福祉士の資格をとったらどんな専門的なスキルが手に入るのか?知りたいですよね。

資格取得のために必要な項目は以下になります。

人体の構造と機能及び疾病
心理学理論と心理的支援
社会理論と社会システム
現代社会と福祉
地域福祉の理論と方法
福祉行財政と福祉計画
社会保障
障害者に対する支援と障害者自立支援制度
低所得者に対する支援と生活保護制度
保健医療サービス
権利擁護と成年後見制度
社会調査の基礎
相談援助の基盤と専門職
相談援助の理論と方法
福祉サービスの組織と経営
高齢者に対する支援と介護保険制度
児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
就労支援サービス
更生保護制度

障害を持っている人、児童、高齢者、生活困窮者という社会の中で困っている人たちの行政の仕組みとその歴史、相談援助の技法さまざまなことを学びます。

個人的に好きだったのは相談援助の授業!ただ相談にのったらよいのではなくちゃんと技法があるのです。なかなか興味深い。

広く勉強をしますが、仕事に就くとなると一つの分野について専門科になれると思います。私は仕事柄、就労支援サービスについては専門性があり自信があります。

就労支援サービスに関する分野だけしか知らないのか?というとそうでもなく、私の関わっている方の中には、医療的なサポートが必要だったり、高齢のサポートがいる人だったり、犯罪を犯してしまったり、生活保護の方がいます。

社会福祉士の資格を取ることで、ひとりひとりのサポート体制やどんな行政の仕組みが使えるか?だったりいろんなことを知り仕事に生かすことができるのです。

社会福祉士で稼ぐためには?

社会福祉士の魅力はわかった。けどやっぱり給与が心配。そんな方向けに、社会福祉士のキャリアアップ、仕事の幅を広げてお金をもっと稼ぎたい場合はどんな手段があるか考えてみました。

他の資格も取得する

社会福祉士と相性がよいのが、行政書士や司法書士といわれています。社会福祉士の資格を取得すると、「日本社会福祉士会」の加入のお知らせがきます。

日本社会福祉士会とはなんぞやというと・・

社会福祉士の倫理を確立し、専門的技能を研鑽し、社会福祉士の資質と社会的地位向上に努めるとともに、都道府県社会福祉士会と協働して人々の生活と権利の擁護及び社会福祉の増進に寄与することを目的に設立しました。

社会福祉士の資格を取得しより専門性を高めたいという意識高い系の人たちの集まりです。そのなかでは独立社会福祉士として権利擁護(認知が難しい人にかわってお金の管理をする等)という仕事を行っている人が多くいます。

日本社会福祉士会に加入して、会社に所属しない働き方を検討するのもありです。

ブログで稼ぐ

会社だけの給与に依存して生活するのは怖い。そんな方にはブログおすすめします!

福祉の領域はまだまだブログをしている人が少なく、専門性のある記事を書ければアクセスも増えます。グーグルアドセンスを登録すればアクセスに応じて収益が発生。

私自身が仕事の中でキャリアアップを目指していないため、家で稼げる方法として今ブログを運営し収益を得ています。(少しずつ)

パソコンが苦手な人も多いと思いますが、意外と簡単にできるものなのでおすすめできます。

ブログ運営に興味がある方は以下のサイトをご覧ください!

クロネのブログ講座|趣味ブログで自分の好き・得意・趣味を自動販売機化する方法

完全初心者のためのブログの始め方 | どこよりもわかりやすく、優しく解説

副業を禁止している会社も多いのでお気を付けください!

まとめ

社会福祉士の給与のことから業務内容までいろいろとお伝えしました。

給与はぶっちゃけやすいので稼ぎたい人には全く向いていない資格にはなりますが、よりよく生きるためにはとっても魅力的な資格だと思います。

ただ、社会福祉士の資格はデメリットもあります。1度資格を取得したらずっと資格を維持し続けることができること。

社会福祉士は1度取得したら終わりではなく、資格所持者として常に新しい行政の仕組みを知ったり自分の相談援助が適正かを振り返る必要があると思います。

社会福祉士に必要なこと。自分を知ることと日々自分の支援を振り返ること 」にも書きましたが、常に自分を見つめなおし業務に取り組みたいと思います。