障害と働くを応援

障害者雇用のよくある?トラブルとは?知ってると安心な対策を

障害者雇用で働く中で、まれに障害者雇用の者同士、上司とトラブルになってしまうことがまれにあります。

障害者雇用で働くなかでトラブルに巻き込まれないようにたまにあるケースをまとめました。

よしこ
よしこ
安心して障害者雇用で働けますように!!

\意外な会社がランクイン?/

障害者雇用ランキング
障害者雇用率ランキング採用をよくする企業は?|2021年度版東洋経済オンラインにて、障害者雇用率ランキングの記事がニュースになっていました! 東洋経済からのアンケートに答があった企業のうち、...

 

障害者雇用でのトラブルは3つにわけられる

大きくわけてトラブルとなるパターンを3つにわけてご紹介します。

・障害がある方の問題(障害をもった方の認知が歪んでおり企業側が適切な関わりをしたがトラブルに発展した等)

・企業側の問題(企業側が障害を持った方へ悪意のある対応をしてトラブルに発展した等)

・どちらともいいがたい問題(企業側、本人ともにどうかかわってよいかわからずトラブルに発展した等)

自分の場合はどれがあてはまりそうでしょうか?

よしこ
よしこ
トラブルにならないのが一番なんだけどね

 

障害がある方に課題があったケース

事例Aさんのケース

通常の従業員と変わりなく同条件で時短のみ配慮が必要とのことで採用し、ほかの従業員と同様に業務レクチャーしたもののミスや物忘れが多く見られた

強く叱責することなく適時指摘や改善策を共に検討していったものの「ばかにされている」「いじめられている」などといった発言があり虐待だといきなり騒がれた

障害者雇用で働く方のなかには、相手の悪気ない一言がとてもきつく捉えてしまうといった認知が歪んでしまうという傾向がある場合があります。

\参考にこちら/

捉え方が全く違う?認知の歪みを知ろう|発達障害や統合失調症にお勧め認知とはなんでしょうか?それは自分の捉え方のことです。 今回は認知について理解し、自分を苦しめている認知の歪みがないかを知りましょ...

過去をふりかえって、「悪口を言われることが多かった」「人間関係でもめがち、退職は人間関係が理由」という場合は悪気ない相手の一言がとてもきつく感じてしまう傾向があるかもしれません。

嫌なことがあったときに感情的になってしまう、徹底的に詰めるといった手段をとりがちな場合はトラブルになるでしょう。

逆に嫌なことがあったときに休む、退職しがちという方は仕事が続きません。

まず自分がどういった性格であり長所短所と障害特性は何なのかをしっかり自覚し説明できるようになることが障害者雇用では大切です。

自己理解とは?なぜ必要?不採用理由の原因にも|自分を知る就職活動では、自己理解をするようにとよく聞きます。 面接を受けた不採用理由についても「自己理解ができないから」という話を私自身も企...

そして障害者雇用で働く場合はトラブル回避のためにも「支援機関」を利用するのが一番です。

何か嫌なことがあったとき支援機関に相談して企業との間にはいってもらいましょう。

\あなたの使える支援機関はどれ?/

障害をもって働く方法!いろんな選択肢から自分にあったものをえらぼう!障害をもって働くにはいろんな方法がある 障害を言う言わないも自分で決めれますし働いた後どのくらいのサポートが欲しいかによってどんな手段...
よしこ
よしこ
もやもやしながら働いており、いきなり爆発するケースはよくあります。こんなこと言っちゃだめなのかとストレスをため込みすぎる人もいるので支援機関が間に入ってくれると安心ですね

 

企業側に課題があったケース

会社側の勝手な判断

障害者雇用で入社したものの、周りの人が関わりずらいだろうという人事の判断で障害があることを周りの職員に伝えずに障害者雇用をすすめたがすぐにやめてしまった(トラブルになり不適切な対応があったと訴えられた)

障害を開示する範囲や配慮を伝える範囲はあなたの希望を伝えることができます。

企業側の判断で障害といっても普通に見えるから言わないでほしいなんて会社がありますが、できないところで配慮が得られずにしんどい思いをするのは自分です。

しっかり自分がどう働きたいか、どんな配慮をもらいたいかを伝えましょう。

どうしても言えない、一人で働いていく自信がない場合は支援機関のなかでも就労移行の利用がおすすめです。

就労移行支援事業所とは?長く働くためには活用をおすすめします。就労移行支援とは、障害者総合支援法に定められた障害福祉サービスのひとつ。 18歳以上65歳未満の障害や難病が患った方のうち診断書があっ...
よしこ
よしこ
障害者雇用で働くには何かあったときにしっかり主張していく力が必要です!嫌なことがあったときや不安やしんどい場面があれば伝えていくことが出来なさそうな場合は支援機関を使ってくださいね!トラブル予防に使えますよ!

 

会社側の障害理解のなさ

発達障害なのは知っているが、障害を言い訳にするなと企業に言われた。

相手の気持ちを読み取るのが難しいと伝えるが空気を読めといわれる

障害者雇用について理解がない企業担当者もなかにはいます。これはトラブルにとって当然ですし、障害者虐待として通報されたら確実に企業側が悪いということになります。

\法律でいろいろ整ってきているよ/

障害者雇用合理的配慮参考例まとめ
障害者雇用では合理的配慮義務があり!|配慮の例20選参考にどうぞ障害者雇用で働く場合は「合理的配慮」を企業が行う義務があります。 合理的配慮とは何なのか?安心できる合理的配慮についてお伝えします...

障害について全くもって理解がない、配慮する予定だったのに全く配慮してくれない場合は障害者虐待と捉えられることもあります。

障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律という法律がありますので役所の障害福祉課に直接相談するのもありです。

また、直接相談はしずらいことが多いと思うので、支援機関の人にまずは相談して誤解や理解が正しくされているか等一度企業に問い合わせてもらうとよいでしょう。

会社も大ごとにはしたくないですしトラブルは回避したいものなので支援機関からの問い合わせだけでもだいぶ改善してくれる企業が多いですよ!

よしこ
よしこ
障害者雇用で働くと嫌な思いをするってイメージがある人も多いんだけど意外と守られていますよ!ただ入社するときにしっかり苦手な事配慮してほしいことは言っておきましょう!

 

お互いどうしたらよいかわからずトラブルに発展した

障害者雇用で入社したが仕事がない

とりあえず雇用したが、任せられる仕事が少なく暇を持て余すことが増えて休みがちになってしまった。(障害者差別だとトラブルになった)

雇われた側として仕事がないと、やりがいをもてず早期退職につながりますし人によっては症状が悪化してしまうことがあります。トラブルになるでしょう。

本来であれば障害者雇用を受け入れる前にお願いする業務というのは決めておくものなのですが、なんとなくはあるものの障害者雇用を受け入れてから仕事を頼む中で本人向けの業務を考えていくといった会社もあります。

そのケースの場合はどうしても忙しい場合にあとまわしにされがちなのです。

何も仕事がない時間をラッキーと思う方もいるでしょうし、しんどさを感じるひともいるでしょう。

しんどい気持ちがあることは伝えないと周りは分からないものです。

仕事がない状態がしんどいことは周りの方に伝えていきましょうね!言いずらいならここでも支援機関を通じて伝えてもらいましょう。

よしこ
よしこ
支援機関つながっといて損はない

 

みんな言っていることが違う

周りの人たちが忙しそうで、業務について分からず相談をするがそれぞれ回答がちがっていて、どう仕事をしていいか分からず、ストレスがたまり症状が悪化した(トラブルになった)

どうしても周りが忙しいと障害をもっていなくても声をかけずらいものです。障害者雇用に限らず、仕事定着しずらい職場ケースです。

障害者雇用だけでなく入社した直後の従業員にとって働きにくい仕事の仕組みになっているところも多く、障害者雇用という機会に仕事の棚卸をし流れやルール、指示する人の統一などを図る会社が多いのですが、その状態に気づかないことが多いです。

だからこそ、みんながみんな違うことを言うので困っていることを伝えましょう!

言いずらい場合は支援機関経由で伝えましょう!トラブルにはみんなしたくない!

よしこ
よしこ
障害者雇用だけじゃなくてみんなが働きやすい職場になるよ!

 

障害者雇用トラブル回避するには?

障害者雇用でのトラブルを回避する方法はあります!トラブルは巻き込まれない、トラブルにならないのが一番!

できることをやっていきましょう!

障害について面接でしっかり伝える

障害者雇用ではついつい、「なんでもできます!」「大丈夫です!」と受かりたいからこそ障害のことをあまり伝えない人も多くいます。

そうなると企業もあなたのしんどさに気づかないわけで、自分で自分をしんどい環境においやってしまうこともよくある話。

なので面接する際はしっかりどういったことが苦手だとかをはっきり伝えましょう。苦手な事があっても自分なりの対策をあわせて言えば嫌がられることもありません。

\対策はこちらから/

障害者面接で絶対聞かれる2つの質問とその対応方法!注意点とは障害者雇用として働くとなった場合に絶対絶対これだけは聞かれるという質問があります。 通常の面接と違い、障害のことを中心に聞かれます...

事前にこれらを準備しておきましょうね!

  1. あなたの障害の具体的な困りごとと自分なりの対策
  2. 障害で配慮する必要があることはなにか?(環境や通院の日休みほしいなど)
  3. 今までの離職理由とそれに対してどんな思いがあるか?

 

入社前に体験実習やトライアル雇用が使えるなら使う

働く環境が自分に合っているのかどうかを事前に確認する機会があれば参加しましょう。

ハローワークだと難しいのですが、斡旋会社や就労移行、しゅうぽつ、障害者職業センターなどの支援機関をつかって就職活動をすると事前に体験実習ができるケースがあります。

働きやすい環境なのかどうかは自分がどうみえるかが1番大切です。参加しましょう!

よしこ
よしこ
ネットの悪い噂も自分が見る限り問題ないことも多々ある!

 

支援機関を利用しよう

今までもトラブル対策に使えると何度も紹介しましたが、支援機関を活用しましょう。

何かあったときに動いてくれる存在がいることはあなたの心の支えにもなります。

ただ、支援機関も相性だったり変な人も多いので無理してたまたま担当になった人にずっとお願いする必要もないですよ!

\あなたの使える支援機関はどれ?/

障害をもって働く方法!いろんな選択肢から自分にあったものをえらぼう!障害をもって働くにはいろんな方法がある 障害を言う言わないも自分で決めれますし働いた後どのくらいのサポートが欲しいかによってどんな手段...

 

 

障害者雇用でトラブルにならないまとめ

障害者雇用でのトラブルとして書いてきましたが、トラブルに発展してややこしいとなるケースはそんなに多くはないとは思います。

障害者雇用として働いて、誰にも相談できずに症状悪化して辞めるケースが多いです。

今後日本は少子高齢化で人手不足になりつつあります。

お互いできること、得意なところを生かして働けるよう模索していきましょう!

よしこ
よしこ
トラブルになるとお互いしんどいよね!支援機関にサポートしてもらって防ぎましょう!

<PR>就職後最長3年半年サポートしてくれるのでトラブルも予防できるかも!

おすすめ就労移行LITALICOワークス

\おすすめする理由はここから/

コチラの記事もおすすめ!