障害と働くを応援

障害者雇用でのトラブル|初めて雇用する担当者に知ってほしいこと

障害者雇用でのよくあるトラブルとは?

障害者雇用についてセミナーや企業訪問をすることが最近多く、障害者雇用はじめてだったり慣れていない会社には障害によってトラブルに発展することがあります。

平成30年4月からは障害者雇用の法定雇用率が引きあげ!(民間企業2.0%→2.2%)

今後より多くの障害手帳を持っている人を雇う必要があるわけです。

大きくわけてトラブルとなるパターンは以下の3つです

・障害をもった方の認知が歪んでおり企業側が適切な関わりをしたがトラブルに発展した

・企業側が障害を持った方へ悪意のある対応をしてトラブルに発展した

・企業側、本人ともにどうかかわってよいかわからずトラブルに発展した

トラブルになりそう、なっている場合は第3者の機関を活用することをおすすめします。

障害者職業センターというところが企業側、ご本人の相談にのってくれます。

具体的なケースを見ていきましょう。

 

身体障害者だから雇ったけどうまくいってない

まず、身体障害者を雇いたいって企業がほとんどです。よって、身体障害をもってる人は引く手あまたな状態。だからよっぽどな給与じゃないとなかなか雇えません。

また、身体障害の方だったらある程度、環境は整えるからお金は出すし誰でも雇おうなんて考えは甘いです。

身体障害の方で転職を繰り返す方は多くいます。

それはほかにもっとよい条件の仕事がすぐにみつかることはもちろんですが、身体障害者手帳を持っている人は身体障害だけだなと思いがちなのですが、中にはほかの障害をお持ちの方も多くいます。

いきなり怒っちゃう人とか自己判断で仕事を進めてしまう人、休みがちな人や仕事が全然できない・・とトラブルになることも。

面接時は印象よかったけど、採用してみたら、あれ・・?みたいなことって意外と多くあるのです。

(発達障害やパーソナリティ障害を併用しており、人間関係が上手くいかないが、自身でもなんで上手くいかないのか身体以外の障害に気づいてない人も多くいます)

よって、身体障害の方を雇う時もじっくり選考を行う必要があります。

  1. 身体の障害で配慮する必要があることはなにか?(環境や通院の日休みほしいなど)
  2. 今までの離職理由とそれに対してどんな思いがあるか?

身体障害に限らずですが、離職理由は絶対聞きましょう。

人間関係で今まで辞めてきた人は人間関係で絶対やめます。(障害者雇用に限らずですよね)会社のせいで辞めたって人はまた会社のせいだなんて言われてしまいます。

なかには、ちょっとしたことで障害者虐待だなんて怒りだす人もいます。

障害をもったかたとトラブルになると会社のイメージもあることから辞める時会社側としては大変です。

障害を受け入れることは人によってはとても辛いことだったりします。

よしこ
よしこ
安易に身体障害だから雇うという考えはやめてちゃんとひとりひとりに向き合いましょう

 

一方で知的障害をお持ちの方を雇うことはおすすめです。

なぜなら基本的に会社を休まない人が多いからです。物事の理解が難しく複雑な仕事や突発的な業務ははできないですが、勤怠は安定していることで戦力になるかもしれません。

実際に多くの知的障害をお持ちの方を雇って業績をあげている企業があります。

上記の会社では社員の半分以上は障害をお持ちの方です。

知的障害をお持ちの方に向けて業務を簡易化、繰り返し同じ作業ですむように調整しているのです。また、障害者を一定以上雇用する事で行政からお金がもらえる仕組みがあります。

仕組化するまでは大変だと思いますが、とっても上手い経営方法だなと感じています。

知的障害の方を雇う時のポイントとしては

  1. 勤怠が安定しているか?(学校は休まず通えたかなど)
  2. 繰り返しの業務で飽きてしまうことはないか?(集中力はあるか)
  3. 意思疎通はどのくらいできるか?

知的障害の方一人で応募してくることって少ないと思います。

知的障害を雇いたい場合は、特別養護学校(知的障害をお持ちの方が通う学校)や障害者職業センターに連絡してみましょう。

そして客観的に自分がどんな人間なのか分からない方も多くいるので、支援している方からの情報を収集しましょう。

よしこ
よしこ
素直なかただとなおよし!

 

障害者雇用したけど仕事がなくって・・・

とりあえず雇用しはしてみたけど頼める仕事がない会社さんも多くいます。

雇われた側として仕事にやりがいをもてず早期退職につながりますし人によってはトラブルや周りへの申し訳なささから症状悪化につながる場合もあり得ます。

なので障害者雇用でも「即戦力」「大事な人力」として仕事を考えましょう。

 

障害者雇用初めての会社の場合避けたいのが精神障害の方だと思います。

しかし即戦力を求める場合は精神障害を持っている方のなかでスキルの高い方が多くいます。

どうしてもメディアの影響で、「なにしでかすかわからない」「なにかわからなくて怖い」そんなイメージがあるかもしれません。

しかしそれは偏見です。精神障害ってだけでなかなか採用に結びつかない方が多くとっても残念に思うのです。

精神障害で多いのが「統合失調症」「うつ病」ですね。精神障害の方を雇う時のポイントとして以下の3つがあります。

  1. 自分の症状を理解、把握できているか
  2. 症状の前兆を知り自分なりの対策、会社側への配慮がはっきりしてるか
  3. 勤怠が安定しているか

まず自分の障害について理解していることが必須です。

面接のなかで障害のことを質問されて「今は大丈夫です」と安易に返答される方が多くいますがどういう根拠で自身で大丈夫だと思っているのかを確認しましょう。

例えば「医師からの助言」「最近症状がでたのはいつか」「症状がでておさまる方法、おさまる時間、対策」「症状がでないように会社側に求めること」なんかをこちらきっちり聞きましょう。

精神障害をお持ちの方にとってもせっかく就職して上手くいかなかったら辛いわけです。

うつ病や統合失調症は付き合ってく病気と言われています。

しかしきっかけになった環境やストレスから逃れることができれば安定します。

なので「差支えなければ病気になったきっかけを教えて頂いてもいいですか」って聞いてみることはおすすめです。

なかには性的虐待やらで言いずらいですって人もいますので、差支えなければって言葉が大切です。

そこで自分の障害をもったきかっけそれに対していまどんな思いをもっているか確認できたら雇う側としても安心する事ができます。

また、雇うって決めた場合はぜひ「トライアル雇用」をしましょう

企業さんのなかでは知らない会社さんが多いですが初めて障害者雇用をする企業が使える制度です。

いろいろ条件はあるのでハローワークに問い合わせてみてください。

給与は支払いますが補助金がもらえます。雇ってみてその後継続して雇うかどうかを決めれる制度です。お互いメリットがある制度だと思うのでぜひ活用を検討してください。

よしこ
よしこ
精神障害だからトラブルになるなんてことはないです。

 

障害者雇用トラブル回避のポイント

障害者雇用を自分の会社だけで行わないことです。

ハローワークでも障害者職業センターでも、障害者就業・生活支援センターというところでも定期的に、障害者雇用セミナーなんかを開催していることが多いので事例を聞いて自分の会社ではどんな雇い方がよいかを検討してみましょう。

また、障害者職業センターや障害者就業・生活支援センター、就労移行支援事業所なんかでは障害をもっている人の就職をサポートする機関として、面接に同行して客観的に本人の状況を教えてくれたり、雇用の前にお金を支払わずに実習という形をとることができます。

また、採用後も何かあったら支援機関経由に相談したり障害をもっている人が言いにくいことを支援機関を通じて相談してくれるなんてこともあります。

なので、支援機関につながっている人を採用できたら就職後もスムーズに職場に定着することが多いです。

是非つながってみてくださいね!

よしこ
よしこ
障害者雇用に限らず、働く中でのトラブルは誰でもありえます。しかし障害者雇用の場合は相談できるところがあります。適時支援機関に相談しましょう!