障害と働くを応援

障害者雇用でのトラブルはどんなこと?|会社側のよくある失敗

障害者雇用でのよくあるトラブルとは?

障害者雇用がはじめてだったり慣れていない会社では障害を持った従業員とトラブルに発展したり症状を悪化させて辞めるという事態になることがまれにあります。

平成30年4月からは障害者雇用の法定雇用率が引きあげ!(民間企業2.0%→2.2%)

今後より多くの障害をもった方が働く社会になっていきます。

障害者雇用をトラブルなく上手くすすめていけるようにまれにある具体的なケースと対策をお伝えします。

大きくわけてトラブルとなるパターンは以下の3つです

・障害をもった方の認知が歪んでおり企業側が適切な関わりをしたがトラブルに発展した

・企業側が障害を持った方へ悪意のある対応をしてトラブルに発展した

・企業側、本人ともにどうかかわってよいかわからずトラブルに発展した

トラブルになりそう、なっている場合は第3者の機関を活用することをおすすめします。

障害者職業センター、障害者職業センターという機関が企業側、ご本人の相談にのってくれます。

企業側の言い分、従業員側の言い分を聞いて両者の仲介、上手くいく方法を助言してくれます。

よしこ
よしこ
よくあるトラブルを知り事前に防ぎましょう!!

 

障害当事者の認知が歪んでおりトラブルに発展したケース

通常の従業員と変わりなく同条件で時短のみ配慮が必要とのことで採用し、ほかの従業員と同様に業務レクチャーしたもののミスや物忘れが多く見られた

適時指摘や改善策を共に検討していったものの「ばかにされている」「いじめられている」などといった発言があり虐待だといきなり言われた

障害をもって働く方の中には自分の障害について客観的に理解できない方がまれにおり、適切な対応をしていてもいじめられていると解釈されることがまれにあります。

指摘した時の様子や話し合いのなかで小さな本人の不満、認知のゆがみをキャッチして本人が納得いくように話を進め信頼関係を築く必要があります。

「え!?全然悪気なかったのにこの一言で傷ついたのか!?」ということもあるかも。

また、言った言わないの話になる場合はやりとりを書面に残すことが有効です。

どう対応したらよいか分からないと思った時点ではやめに支援機関に相談しましょう!

多くのトラブルがこういった話です。

よしこ
よしこ
もやもやしながら働いており、いきなり爆発するケースはよくあります。ストレスをため込みすぎないように定期的に話をする時間をとることおすすめ!

 

企業側が悪意のある?対応をしてトラブルに発展したケース

障害者雇用で入社したものの、周りの人が関わりずらいだろうという人事の判断で障害があることを周りの職員に伝えずに障害者雇用をすすめたがすぐにやめてしまった(トラブルになり不適切な対応があったと訴えられた)

障害を開示する範囲や配慮を伝える範囲は必ず障害当事者と相談のうえすすめましょう。

まれに、企業側の判断で障害といっても普通に見えるから言わないでほしいなんて会社があります。

障害者雇用ということで将来性がなくなる可能性があるからといった前向きな意見もあったりしますが、そこはまず相談してから進めましょう。

よしこ
よしこ
忙しいとついつい相談せずに進めちゃうことあるので注意です!

 

お互いどうしたらよいかわからずトラブルに発展した

とりあえず雇用したが、任せられる仕事が少なく暇を持て余すことが増えて休みがちになってしまった。(障害者差別だとトラブルになった)

雇われた側として仕事がないと、やりがいをもてず早期退職につながりますし人によってはトラブルになります。

障害者雇用も「大事な人力」として仕事を任せましょう

 

周りの人たちが忙しそうで、業務について分からず相談をするがそれぞれ回答がちがっていて、どう仕事をしていいか分からず、ストレスがたまり症状が悪化した(トラブルになった)

どうしても周りが忙しいと障害をもっていなくても声をかけずらいものです。障害者雇用に限らず、仕事定着しずらい職場ケースです。

障害者雇用だけでなく入社した直後の従業員にとって働きにくい仕事の仕組みになっているところも多く、障害者雇用という機会に仕事の棚卸をし流れやルール、指示する人の統一などを図る会社が多いです。

よしこ
よしこ
障害者雇用をすすめる前に、障害者雇用のセミナーなどに参加して知識を得ましょう!あと横のつながり大事です。障害者雇用人事と知り合いましょう!

 

障害者雇用トラブル回避のポイント4つ

障害者雇用でのトラブルはポイントを知ることで回避することが可能です。

障害者雇用を自分の会社だけで行わないこと

ハローワークでも障害者職業センターでも、障害者就業・生活支援センターというところでも定期的に、障害者雇用セミナーなんかを開催していることが多いので事例を聞いて自分の会社ではどんな雇い方がよいかを検討してみましょう。

また、障害者職業センターや障害者就業・生活支援センター、就労移行支援事業所なんかでは障害をもっている人の就職をサポートする機関として、面接に同行して客観的に本人の状況を教えてくれたり、雇用の前にお金を支払わずに実習という形をとることができます。

また、採用後も何かあったら支援機関経由に相談したり障害をもっている人が言いにくいことを支援機関を通じて相談してくれるなんてこともあります。

なので、支援機関につながっている人を採用できたら就職後もスムーズに職場に定着することが多いです。

是非つながってみてくださいね!

よしこ
よしこ
障害者雇用に限らず、働く中でのトラブルは誰でもありえます。しかし障害者雇用の場合は相談できるところがあります。適時支援機関に相談しましょう!

 

障害について偏見をもたず面接はしっかり!

まず、企業側として大手は特に身体障害者を雇いたいという希望があります。

身体障害の方だったらある程度、環境は整えるからお金は出すし誰でも雇おうなんて考えは甘く身体障害の方で転職を繰り返す方は多くいます。

そう、障害によって偏見をもたずにたくさん入社前に話をすることが大切です。

障害をもった方ばかり働かれている職場、特例子会社さんでは1時間の面談もざらです。

身体障害だから大丈夫というわけではなくなかには発達障害やパーソナリティ障害を併用しており、人間関係が上手くいかないが、自身でもなんで上手くいかないのか身体以外の障害に気づいてない人というケースもあります。

 

  1. あなたの障害の具体的な困りごとと自分なりの対策
  2. 障害で配慮する必要があることはなにか?(環境や通院の日休みほしいなど)
  3. 今までの離職理由とそれに対してどんな思いがあるか?

今までの離職理由は絶対聞きましょう。

人間関係で今まで辞めてきた人は人間関係で絶対やめます。(障害者雇用に限らずですよね)会社のせいで辞めたって人はまた会社のせいだなんて言われてしまいます。

なかには、ちょっとしたことで障害者虐待だなんて怒りだす人もいます。

障害をもったかたとトラブルになると会社のイメージもあることから辞める時会社側としては大変です。

障害を受け入れることは人によってはとても辛いことだったりします。

よしこ
よしこ
ひとりひとりに向き合いましょう

 

面接では聞きにくいこともできるだけ聞く

うつ病や統合失調症は付き合ってく病気と言われています。

しかしきっかけになった環境やストレスから逃れることができれば安定します。(過重労働、毒親など)

なので「差支えなければ病気になったきっかけを教えて頂いてもいいですか」って聞いてみることはおすすめです。

なかには性的虐待やらで言いずらいですって人もいますので、差支えなければって言葉が大切です。

そこで自分の障害をもったきかっけそれに対していまどんな思いをもっているか確認できたら雇う側としても安心する事ができます。

よしこ
よしこ
採用したいと思っているひとほど聞いてみましょう!

 

入社前に体験実習やトライアル雇用制度の検討はおすすめ

また、雇うって決めた場合はぜひ「トライアル雇用」を検討しましょう

企業さんのなかでは知らない会社さんが多いですが初めて障害者雇用をする企業が使える制度です。

いろいろ条件はあるのでハローワークに問い合わせてみてください。

給与は支払いますが補助金がもらえます。雇ってみてその後継続して雇うかどうかを決めれる「試用期間」がある制度です。お互いメリットがある制度だと思うのでぜひ活用を検討してください。

よしこ
よしこ
ハローワークの人が企業にきて説明しにきてくれることも!

 

まとめ

障害者雇用でのトラブルとして書いてきましたが、トラブルに発展してややこしいとなるケースはそんなに多くはないとは思います。

障害者雇用として働いて、誰にも相談できずに症状悪化して辞めるケースが多いです。

今後日本は少子高齢化で人手不足になりつつあります。

お互いできること、得意なところを生かして働けるよう模索していきましょう!