生活を充実!

なりたい自分なれる言葉と根拠|口癖で夢が叶うかも

佐藤富雄さんの「自分を変える魔法の口癖」を読んでみたところ、自分の口癖「言葉」によって人生は作られる。そしてそれには科学的な根拠があるらしい。

著者は医学博士のであり根拠と説得力があるんですよ!

なりたい自分の言葉を口癖にしてどんどん素敵な人生おくっちゃいましょう!

よしこ
よしこ
ほんまに口癖だけでお金持ちの美女になれるんだったらやるしかなくない?

 

 言葉でなりたい自分になれる理由は?

つまり考える習慣はあなたの行動を決定しているそのなかで重視すべき習慣は「口癖」である。

悲観的なことばかり口にしたり唱えていると次第に心がやんでいきストレスがたまるものの肯定的な言葉を使い、楽しかった嬉しかったと声にするだけで自律神経がいきいきと働く

口から発する言葉が、自分の自律神経とつながっており、否定的な言葉は人生をネガティブにするしポジティブな言葉は前向きに明るく自分が変わっていく。

だからこそ言語習慣が思考習慣を作っていく。

そういえば私は小銭もちになりたくて、お金を稼ぐ系の本をたくさん今まで読んできました。自然にではなくて、「お金がたくさん稼げるようになりたい」と声にだしてきたことからそういった本を読む選択をしてきたのでしょう。

マーフィーの法則やそれに通じる価値感や考え方に関する本も「言葉は人生を変える!」なんて大げさに書いてあったけど、今回紹介する著者は医学博士なので医療的な根拠があり興味がもてる!!

簡単にまとめてみました!

・「嬉しい」「運がいい!」「楽しい」など発言すると脳の中でそれに関する記憶や感情をひっぱりだしてどんどんその感情が強化され行動にも影響!

・前向きな感情は自律神経をいきいき健康に!

・「お金がない」「ツイてない」と発言すると脳の中でそれに関する記憶や感情をひっぱりだしてどんどんお金がないことを思い出し行動も消極的に・・・

・脳は自分と他人の区別がつかない「あの人はお金がない」では他人に向けた言葉でも自分のお金がない感情をひっぱりだしてしまう

医療的な説明は覚えてないので本を読んでくださいね!口癖って意外と大切なことがよくわかります。

よしこ
よしこ
他人への悪口もNGだなんて、常に前向きな言葉を心がけなければ!!

 

具体的になりたい自分になる方法

では、実際になりたい自分になるにはどうしたらいいでしょうか?

まず自分に自信をもつこと。そして肯定的な口癖を使っていく

「自信もて!」と言われても、なかなかつかないのが本音だと思うので、はじめは「思っていなくてもまず言う」だけでも効果があるそうです!

本気で自信からつけたい人は別の本をおすすめしますね。

created by Rinker
¥1,404
(2019/05/19 12:32:08時点 Amazon調べ-詳細)

なりたい自分になる方法はなりたい自分になりきって発言をしていくとよいということが分かりました。

よしこ
よしこ
ちょっと恥ずかしいけど、ひとりごととして呟くところからでもいいよね!

 

人生変えたいといってもそもそもなりたい自分ある?

実際にどんな自分になりたいか?そういった場合は「やってみたいことを100書くこと」をおすすめします。

私も実際にやってみましたが、どんどんわくわくしてきますし将来のイメージがもてます。

やりたいことがそもそもない。夢なんてないみたいな方はコチラの本がおすすめです。

いろいろなところに出かけて素敵な人といっぱい会うのも手段としてよいですね。

「素敵だな」「こんな人になりたいな」と思うことができたらそうなれる日は近いです。

よしこ
よしこ
私には、絶対に彼女みたいになりたい!という女性の方が何名かいますよ!

 

自分はどんな言葉や口癖を使っているのだろう?

なりたい自分はある。けど今はどんな口癖かわかんないというとき、twitterでよいツールがありました。


twitterを日ごろの気持ちを吐き出すという使い方をしている人におすすめです。

私はtwitterの上だとネガティブな口癖はないみたい。

仕事のことメインだから仕事好きだしやりがいがあるしあるべき理想に向けて楽しめている感じなんだけど、プライベートが・・


私のネガティブな口癖として「家事向いていない、家事だるい」「彼と仲良くなれない」は私の良くない口癖です。

 「家事だるい」

→「まだこんなに家事がある」「家事むいてないし嫌いやししんどい」「やりたくない。なんで私がやらないといけないのか?」→結果やらない・・・?

生きるためには家事が必須なのに、気持ちが重いですよね。やりたくないし結果やらなくて怒られるということもある。もっと楽しい一面を見つけなければ・・!

「旦那と仲良くなれない」

→「また旦那と気があわない」「旦那が悪口を言っている」「そもそも旦那とは相性悪いし分かり合えない」

私は旦那と仲良くやっていきたいと思っているのに、「旦那が気があわない」「旦那が悪口と仲良くなれない」なんて発言していたらいつまでも彼のよくない面を思い出してしまう。

また、旦那とすれ違いがあったときに「旦那とは何かあっても話し合ったら上手くいくはず」というイメージまでたどり着けず、自分の本音を伝えられずに一方的に「彼の嫌味」と決めつけて仲良くなれない。

これは、なりたい自分があるのに全く逆の自分になろうとしている口癖です。

「家事は空間がすっきりして気持ちがいいな」「彼と仲良くやれてうれしいな」とまずは発言からしてみることにします。

twitterをやってないって方はこちらをどうぞ!

人生が変わる100の口癖です。100の口癖のなかで自分にあてはまるものはないか?今後口癖にしたいものはないかをチェックしてみてください!

よしこ
よしこ
ほしいものが出回っている世の中ですね!!

 

 まとめ

なりたい自分になるにはまず言葉から変えていきましょう。

私自身、小学校のころから「バリバリのキャリアウーマンになる!」と思っていました。

だからこそ今30時間以上残業と家事をこなしながらサイト運営をする常に活動的な自分になっていると思います。

よしこ
よしこ
口癖だけじゃかわんないよ!という考えの方はぜひこの本を読んでみてくださいね!!