障害と働くを応援

障害をもって働く方法!いろんな選択肢から自分にあったものをえらぼう!

障害をもって働くにはいろんな方法がある

障害を言う言わないも自分で決めれますし働いた後どのくらいのサポートが欲しいかによってどんな手段を使って就職活動や就職をするかがかわってきます。

障害をもっての就職活動&就労後のサポートについて使える機関と支援の度合いについて図解化してみたので、どの方法が自分に合っているか選んでみましょう。

どれか1つだけ選ぶ必要はなくいろんな支援機関に見学や話を聞きに行ってみるのもありです。

上記の表を説明していきます。

ハローワーク

行政の求人紹介機関です。

ハローワークの専門援助部門では障害者手帳をもっている場合は周りに理解しながら働くことができる障害者雇用求人に応募することができます。

また、手帳がないが障害を伝えて働きたい場合も専門援助部門から応募することができます。

ハローワークでは障害者雇用が進んでいない会社に行政指導をすることもあり企業をつながりがある場合、就労後にハローワーク職員が職場を訪ねる場合があります。

しかしほぼほぼサポートはしてくれないと思ってよいでしょう。

また、障害を開示せずに求人を紹介してほしい場合は一般部門で相談していきましょう。

よしこ
よしこ
仕事だけ紹介してくれたらあとは上手く働いていけそう!と思う場合はハローワークを活用しましょう!

障害者求人応募サイト

障害者手帳がある場合ハローワーク以外に民間の障害者求人に応募できるサイトがあります。

家にいながらネットで応募できるので楽ちんです。

定期的に大きな会場でたくさんの企業が参加する面接会を開催しています。

近くで開催される場合はぜひ足を運んでみましょう!

よしこ
よしこ
こちらは応募サイトだけなので、就労後のサポートはなしです。コラムなどは充実しているので登録してみることをお勧めします。

障害者就業・生活センター

障害者手帳ありの場合もなしの場合も活用できます。

地域によって役割が多少変わりますが、就職活動のサポートと生活面の相談にのってくれます。

ただ、事前に予約して訪問する場合が多くすぐに相談したいのにできないなんてこともあります。

よしこ
よしこ
就労後のサポートについては、就労の場面だけでなく生活の困りごとも相談することができます。ただ自分から相談をする必要があるので、何かあった時に相談できる方向きです。

障害者職業センター

障害者手帳ありの場合もなしの場合も活用できます。

詳しいセンターの役割やメリットについて「障害者職業支援センターとは?職業評価などのメリット」のなかで詳しく説明しています。

障害者就労サポート機関の統括的な役割の存在です。

よしこ
よしこ
ジョブコーチ支援をうけることで、就労後定期的にジョブコーチという役割の職員が訪問し相談にのってくれたり、企業側にも助言をしていくので就労後安心ができるサービスです。

障害者人材派遣/紹介企業

障害者手帳がある方のみ活用できます。

どんな障害があるか面談や実際に模擬的な業務をしてもらいスキルを確認、企業側からお金をもらって紹介をしてくれる民間のサービスです。

障害者雇用のあっせんサイト」の記事のなかに具体的なサイトを紹介しています。

企業によりますが就労も一定期間企業側お金をもらい上手く働けるようなサポートを受けることができます。

よしこ
よしこ
自分のスキルによっては紹介してもらえない場合もありますが一度登録をしてみることはおすすめします。就労後のサポートもあるので安心です。

就労移行支援事業所

障害者手帳がある方、ない方も活用することができます。

就職に向けてスキルアップの訓練をしていくような機関です。

就労移行支援事業所とは?長く働くためには活用をおすすめします。」の記事で詳しく説明をしています。

新しく2018年から定着支援事業というサービスが新しく創設されました!

就労後6か月は自動的に就労後のサポートが受けられるのですが就労後半年後再度契約をすることでそこから3年間就労のサポートを受けることができます。

よしこ
よしこ
長く働き続けるためには一番のおすすめです。たくさん事業所があるので一度見学をおすすめします!

 

障害者手帳を今もっていない場合

障害を開示して「障害者雇用」として働く場合は「障害者手帳」が必要になります。

障害者雇用で働くメリットについては障害者手帳取得のメリットデメリットの記事でまとめています。

ただ、障害をもったからといって、誰でも障害者手帳は取得できるものではありませんし、手帳を取得せずに就職活動をする方法もあります。

障害をもったことにより仕事が上手くできない、働いてもすぐやめてしまうのでは?と不安がある場合は手帳取得をお勧めします。

自分が今のまますぐ働けるのか?障害者手帳を取得するべきかどうか悩んだ場合はまずは医師や就労をサポートしてくれるような支援機関に相談をしてみましょう!

相談にのってくれる先(身近な支援機関へのリンクあり)

・主治医

障害者就労・生活支援センター

障害者職業センター

就労移行支援事業所

障害者手帳はどうしてもとりたくない!という場合もあると思います。

障害者手帳なしで就職したい6つの方法」のなかに手帳をとらずに就職活動をする方法についてまとめていますので参考にご確認ください!

 

障害があり上手く働いていける自信はほぼない場合

一覧にはのせていませんが、福祉的なサポートを受けながら働くという「就労継続施設で働く」という手段があります。

仕事をサポートする人材を必ず配置することを義務付けけられた施設で働くという方法です。「福祉的就労」とも言います。

就労継続施設には2種類あります。

就労継続支援A型事業所

雇用契約を結んで働く。最低賃金の場合が多い。

ハローワークで検索すると見つかる。パソコンを使った業務から農業まで幅広くある

就労継続支援B型事業所

雇用契約を結ばない。知識と能力の向上に必要な訓練などを提供する福祉サービス。作業した分だけ給料はもらえるが、サービス利用料がかかる。

ある程度働く自信をつけてから一般就労するという選択も可能です。

働ける体調が安定していないという場合は「自立訓練」という福祉サービスがおすすめです。

 

よしこ
よしこ
就労継続支援で働く場合、週5日9:00~15:00働く体力があるかを確認されることが多いです。週5日の週に20時間安定して働ける体力があるなら障害者求人として問題なく働くことができます!自信をつけて一般就労を目指しましょう!!