障害と働くを応援

ハローワーク障害者求人には福祉的就労求人があるけど違いはわかる?

ハローワーク障害者求人には福祉的就労求人があるけど違いはわかる?

ハローワークには障害者専用求人というものがあります。

以前障害者求人の見方については記事にしました!

障害者求人ハローワーク障害者求人票のみかた
障害者求人ハローワーク求人票の見方|応募できる求人増える方法これ障害者求人に応募する場合、多くの方がハローワークを経由して応募すると思います。ハローワークには障害を持っている方が相談できる窓口...

今回はハローワークのの障害者求人のなかにある福祉的就労求人についてお伝えしますね!

よしこ
よしこ
福祉的就労って知ってる?

 

ハローワークで検索できる福祉的就労求人とは?

福祉的就労とは、A型就労継続支援事業所で働くという働き方です。

略して「A型求人」なんて言います。聞いたことないでしょうか?

ハローワークで障害者求人の検索をすると見つけることができる求人なので、障害がある方が応募出来る求人であることは間違いありません。

ただし、こちらは支援を受けながら働くという福祉的就労という形。

福祉サービスのひとつです。

支援を受けながら雇用契約を結び働くというこの形、今すごく増えています。

よしこ
よしこ
最低賃金ばっかりと思ったらA型事業所ばっかりだったってこと、よくあるよ!

過去は箱の組み立てなど軽作業がほとんどでした。

しかし今ではかばんやネイルのデザインの仕事など障害者求人のなかではないような魅力的な求人が沢山あります。

素敵だなとおもった求人には応募して良いと思いますが、メリットデメリットがあるので

ちゃんと事前こちらの記事はよんでね!

就労継続A型で働こうメリットデメリット
就労継続A型は体力はあるけど働く自信がない人向き!最低賃金保障!社会で働きたいけど、すぐすぐ働くには不安がいっぱいある場合はまず就労継続A型事業所で働いてみませんか?障害とともに働くにはいろい...

 

福祉的就労であるA型求人のみわけかた

障害者求人の中に紛れ込んでいるこのA型求人ですが、めちゃくちゃわかりずらかったりします。

実際に何枚かハローワークで印刷したのでA型求人の確認の仕方をお伝えしますね。

実はA型であることを記載する場所は統一されていないのです。

よしこ
よしこ
A型求人だってわかりにくいのはちょっとだめじゃない?

 

職種にA型事業所と明記がある場合

職種や仕事内容にA型であると明記されているとすぐA型だとわかりますね!

お弁当の調理補助

すぐわかるところにA型と明記されていると間違えて応募するということがないので、配慮があるすごく丁寧な事業所だと感じます。

よしこ
よしこ
何も考えずにこうなってることもあるだろうけどね!

 

求人条件特記事項にA型事業所と明記がある場合

さて、他の求人をみてみましょう!

デザイナー

この仕事内容は安心できる就職先だと感じませんか?

障害者求人でこんな求人はほぼありません…A型だからこそかもしれません。

ただ、こういった事業所で福祉的就労という形でも経験を積めるのは魅力ですね。

ちなみに特記事項に記載がありました。

求人条件特記事項

よくよく見ると、A型事業所だとわかるパターンです。

求人条件特記事項は、働く時間の下の欄です。

よしこ
よしこ
ちゃんとみておこう!

 

備考の欄にA型事業所と明記されている場合

一番右下の「備考」の欄にA型事業所と明記される場合もあります。

備考

さらっと備考にだけ書いてあるとかもあるある。

よしこ
よしこ
不親切だなあと毎回思ってしまっております・・

 

福祉的就労を見分けるまとめ

ハローワークでは障害者求人と福祉的就労である求人と2パターンが検索できます。

カテゴリ訳されているわけではないので、印刷する前にA型ではないかを業種や仕事内容、特記事項、備考などをチェックするようにしましょう!

福祉的就労がダメというわけではありません。

自分がどんな働き方がしたいかを検討して選んでいきましょうね!

就労継続A型で働こうメリットデメリット
就労継続A型は体力はあるけど働く自信がない人向き!最低賃金保障!社会で働きたいけど、すぐすぐ働くには不安がいっぱいある場合はまず就労継続A型事業所で働いてみませんか?障害とともに働くにはいろい...

A型だけを探したいときは役所で一覧もらることも!

よしこ
よしこ
求人票はA型の明記を統一してほしいな…HWさんお願いできませんかね?