障害と働くを応援

障害者雇用の自己PRの例!コピペで使えるぞ!ピーアールできるリスト

障害者雇用自己PR

障害者雇用でたまにあるのが「自己PRを教えてください」という質問

これめっちゃ困りませんか?ネットで探しても「書き方」とかじゃなくって何を言ったらいいか教えてくれよ!と私が思ったのでPRできる例をかきだしてみました!

よしこ
よしこ
どうぞぱくってください!!!

 

職種別!障害者雇用での自己PR例まとめました!

自己PRは何でも言ったらいいというわけではありません。

応募したい企業に向けて、あなたの企業で働いたらメリットありますよと伝える機会です。

なので職種別で活躍できるというPRをまとめてみました。

よしこ
よしこ
これで準備はできるはず!

 

事務職に応募したい場合の自己PR

私は過去に2年事務職で働いた経験があります。ファイリングや入力作業の経験がありますので御社でも過去の経験を生かして仕事をすぐ覚えられるのではないかと考えています。

過去に職歴がある場合は全部強みとしてPRに使えますよ!具体的に何を経験してきたかを伝えるようにしましょうね!

職歴聞かれたときも同じような話になっちゃうって人も全然内容かぶってOKですよ!

よしこ
よしこ
企業としても、すぐ仕事を覚えられるのでは?と即戦力になると思って採用しやすいのです

 

私はパソコン入力が早いことが強みです。1分間で300打鍵入力することができます。正解率もあるので、入力作業をスピーディーに取り組めることができるのではないかと考えています。

「パソコンの入力が早い」と言われることが多い人は自己PRに使えますよ。

相手の方がイメージできるように具体的にどのくらい入力できるのか伝えましょう!

よしこ
よしこ
仕事の中では入力が早いだけでなく、正確性も必要とされる職場がおおいので、正確性もあわせてPRできればなおよし!

 

私はエクセルとワードの基本操作が問題なくでき、MOSの資格をもっており、VLOOKUPやIF関数などを使うことができます。この資格を生かしてエクセルの業務に取り組んで早く仕事を覚えていきたいと考えています

資格を持っている場合はもちろん自己PRに使えます!

エクセルやワードのスキルを問われるのがMOS(マイクロオフィススペシャリスト)ですが、この資格お金がかかります。

もし、資格はないけどIF関数やVLOOKUPの機能使えるよって人も自己PRに使えますよ!

よしこ
よしこ
応募できる求人にエクセルやワードの仕事があると確実にわかっている場合に知識があるならPRしていきましょう!

 

私の強みは電話応対が抵抗なくできることです。知らない人と話すことにもストレスを感じませんし、自分から荷電をすることも負担がありません。過去の仕事の中でも経験しましたが、スムーズにできていると評価をいただくことがありました。

障害者雇用だと、電話応対は避けたいという人が多いので電話応対したい!できる!受電だけでなく連絡する業務もできる場合は喜ばれます。

ただ、電話応対は過去の経験があるような実績ありきになります。

会社の顔ともなる電話応対なので、経験があるかたはPRに使いましょう!

よしこ
よしこ
コールセンターの障害者雇用なかなか集まらないのよ

 

軽作業の仕事に応募したい場合の自己PR

作業を覚えたら、指示を守りコツコツと仕事に取り組むことができます。分からないときや困ったときはすぐ相談するので、スムーズに仕事ができるのではないかと思っています。

あたりまえのようにみえる、報告連絡相談ができるということも自己PRに使えます。

どうしても相談できない、自己判断で作業をしてしまう人もいるのです。

よしこ
よしこ
会社としてはコツコツ仕事をする、それで充分ですよね!

 

細かい作業が得意です。集中しすぎて疲れてしまうこともありますが、細かい作業が好きで手先が器用だと言われることが多いです。器用さを生かして仕事に取り組めたらと考えています。

軽作業の仕事のなかにはピンセットで細かい作業をしたり、細い糸を結んだりといった作業もあるかもしれません。

手先が器用な人でそんな仕事がやりたい場合は自己PRとして使いましょう!

よしこ
よしこ
手先が器用ってまじで才能だから!!

 

なんでも使える自己PR

私は体力に自信があります。過去の仕事(仕事体験や就労支援施設)のなかでも週5日6時間ほとんど休まず出勤することができていました。また、他にも休みの日はマラソンをするなど身体を動かしています。御社では体力を生かして仕事をがんばりたいと思います

体力があること、勤怠が安定していることはPRできる強みです。

どうしても障害者雇用のイメージはすぐ休んでしまう、仕事がなかなか進まないというイメージなので、体力に自信があったり、休まずに学校や仕事に行けていた人は使えます!

よしこ
よしこ
そんなことも言っていいの?って方もいるかもしれませんが、言えます!相手が安心してくれること間違いなし

 

私はマイペースに仕事ができます。周りの環境に左右されずにひとつひとつ作業を丁寧に行えるところが強みです。御社では周りに影響されないところを生かして正確に作業をしていきたいと思います。

どうしても周りが気になって仕事に影響がでてしまったり、がんばりすぎてしまう方が多い中で、自分のペースで作業ができるのは強みです。

逆に言えば「融通がきかない」「臨機応変に作業ができない」など捉えられる可能性はありますが、ひとつひとつ丁寧に取り組む必要がある作業ではとても生かすことができます。

ージなので、体力に自信があったり、休まずに学校や仕事に行けていた人は使えます!

よしこ
よしこ
自分の長所、短所も環境次第でとっても生かせるってことね!

 

職歴がない場合の自己PRはどうするの?

今まで説明した中では職歴がある場合が多かったと思います。

職歴がない方の場合は、学校でのことやお仕事体験での経験を振り返って自己PRにできるとよいと思います。

学校はだいぶ昔だし、お仕事体験もしていないよ!という場合は、いきなり仕事はしんどいかもしれないので、お仕事をする準備を整える支援機関を活用するのもよいでしょう!

よしこ
よしこ
自信がないときは支援機関を使うのがおすすめ!

自信をつけてから働きたいとき

就労移行支援事業所とは?長く働くためには活用をおすすめします。就労移行支援とは、障害者総合支援法に定められた障害福祉サービスのひとつ。 18歳以上65歳未満の障害や難病が患った方のうち診断書があっ...

専門的な人に自分の障害による仕事の適正をみてほしいとき

障害者職業支援センターとは?|職業評価だけがメリットではない障害者職業センターという言葉聞いたことがありますか?ハローワークと密接な連携のもと、障害者に対する専門的な職業リハビリテーション...

就職だけでなく生活面もまとめて相談にのってほしいとき

なかぽつとは?障害者就業・生活支援センターの役割とは?障害があると、どうやって仕事についたらよいのか、仕事に就いた後も長く続けられるのか不安がある方が多いと思います。今回は、障害があ...

働くことは不安だが、すぐお金を稼ぎたいとき

就労継続A型で働こうメリットデメリット
就労継続A型は体力はあるけど働く自信がない人向き!最低賃金保障!社会で働きたいけど、すぐすぐ働くには不安がいっぱいある場合はまず就労継続A型事業所で働いてみませんか?障害とともに働くにはいろい...

働く含めて、とりあえず相談にのってほしいとき

相談支援事業所とは?|障害のある本人家族の相談にのってくれます無料で障害のある本人や家族からの相談にのってくれるところです。悩んでいることや困っていること将来の不安などの話を聞いてくれて必要...

 

自己PRに大切な考え方とは?

今回、事務の職場向け、軽作業の職場向け、すべてに使える自己PRと3つに分けてきましたが、自分にあてはまるものがあればどれでも使えると思います。

自己PRで大切な考え方は、めっちゃすごいことを言う必要がないってこと。

どうしてもリーダーシップがとれるとか、積極性があるとかすごいことを言わなきゃと抵抗がある人が多いのですが、応募した職場で生かせる経験や得意なことを話したらいいだけです。

少しそう考えると気持ちが楽になりませんか?

あたりまえのことでも、あなたが応募する企業で働くときに強みになることが自分でわかっている、それだけでよいのです。

自己PRは具体的にできるだけ数値を使って説明しましょう!

よしこ
よしこ
応援しています!今までの記事読んでも自己PR作れない場合は一緒に考えますよ!twitterでリプください★

 

コチラの記事もおすすめ!
発達障害の原因とは?ミスの原因理由と対策を知る 障害と働くを応援

発達障害の原因は?仕事で何度も同じ質問やミスが多い対策の配慮とは?

11月 3, 2019
障害と働く!社会福祉士の就労応援サイト
発達障害の当事者のかた、発達障害の方と一緒にお仕事等されている方。仕事をする中でどうしてもうまくいかないことがあるかもしれません。  …