障害を理解する

言うことがころころ変わるのは性格?病気?|振り回されないために

アラサー社会福祉士のよしころろ(@nya_i)です。

言うことがころころ変わる上司や友達、知人もしくは家族がいるとき、どう付き合えばよいのか悩みますね。

性格なのか障害なのか?そしてどう関わっていけばよいのでしょうかを伝えます。

この記事にたどり着いたということは、とっても疲れているのではと察します!そんな人とは距離をとったりして自分の心をいちばんにしてくださいね。

よしこ
よしこ
ふりまわされるのはもうこりごり!

スポンサードリンク




いつでも、どこでも、安心できるオンラインカウンセリング【cotree】

言うことがころころ変わる人に向けて確認すること

言うことがころころ変わっている人はそんな自分に気づけているのか?

まずここを確認しましょう。

もし気づいていて言うことがころころ変わってる場合は優柔不断で自信がない性格か、多少周りを振り回しても大丈夫だろういう強引な性格な可能性あります。

どっちのタイプかは見てると感じることができるはずです。

性格の場合はこちらからの関わり方でどうにかなるかも!人は動かせる!

created by Rinker
¥715
(2019/12/07 10:00:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

また一方で言うことがころころ変わっていることに気づいていない場合があります。

それってもう忘れてしまっているわけですから、周りを振り回している自覚もないわけで周りを困らせているようなことも知らないのです。

その場合は言っていることがころころ変わってることをとっても謙虚に教えてあげましょう。素直に謝ってくれたらこっちも許せますよね。

よしこ
よしこ
謝ってくれない場合はちょっと困りますな・・

 

言うことがころころ変わってしまう病気とは?

振り回されてこりごりだと思いますが、まれに病気の症状として言っていることがころころ変わっている可能性があります。

病気かもしれないケースをいくつかお伝えします。

認知症

認知症といえば60代くらいからじゃないかと思われがちですが、若年性認知症といって若い年代から病気になることがあります。

認知症は記憶がなくなる病気です。ころころ言うことが変わるのはだからかもしれません。

誰でもこうなる可能性はあります。

会社を解雇されても記憶がなくなるから次の日からも出勤してしまうなんてことも。

よしこ
よしこ
どこまで覚えているのかを確認していきましょう!早めに記憶がなくなっていることに気づけると進行をゆっくりにできます。

 

発達障害(自閉症スペクトラム)

発達障害のひとつの症状として忘れっぽいという症状があります。

実は忘れっぽいのではなく、マルチタスクが苦手なのです。もしかしたらマルチタスクが苦手だからこそ言ったことを忘れてしまい「言っていることがころころ変わる」という現象が見えているのかもしれません。


発達障害は産まれてきた頃からもっているものになるので治るものではありません。

よっぽど生活や仕事に支障がでるようでしたら服薬をすることで多少症状が収まることがあります。

よしこ
よしこ
1つずつ仕事をお願いすれば問題なくできますよ!

https://www.2kaime.com/?p=2170

もしかして発達障害?の方への仕事の教え方|仕事ができない原因や理由発達障害という言葉も有名になってきました。 言葉が有名になるとともに、仕事ができない人に対して発達障害の疑いをもつケースも多くなっ...

 

統合失調症

これはあきらかに「おかしい」と感じることができるケースだと思います。

「誰かに狙われている」「悪口を言われている」等被害者的な発言が多いです。

本人には見えないものが見えて聞こえないことが聞こえるので言っていることがころころ変わっているという可能性があります。

よしこ
よしこ
本人がいちばん困っているので、そんな様子があればじっくり話を聞いてあげてください。そして彼のご家族や知り合いと連携して病院までいけたらよし!
統合失調症の症状を動画で理解しよう|症状を知れる動画とブログ等統合失調症の症状を動画で理解しよう 「統合失調症」自分には関係ないと思いきや、100人に1人はなる病気なのです。 そして原因不明...

 

境界性パーソナリティ障害

言っていることがころころ変わる。

発言が日々変わっている事実や矛盾点を伝えると「それはあなたが言わせたんだ」「あなたのせいでかわったんだ」みたいなことを言う方はこの病気の可能性が高いです。

発達障害と同じようにもともと生まれ持った場合や産まれて生活していくなかの環境(DVやいじめ等)でこういった障害をもつ場合があります。

障害の特性上、常に不安や恐怖を抱えています。だからこそ周りを試すような言動が見られ言っていることがころころ変わるのです。

いきなり怒り出したと思ったら次の日はとっても優しくしてくるなんてこともあります。

この病気はとってもやっかいで本当に周りの人たちを振り回して疲弊させます。

本人のこういった傾向を直したいという強い気持ちがない場合は本人は変わりません。

家族でも縁を切るという手段をとる方が多いのも現実です・・・

パーソナリティ障害人格障害境界性障害とは
境界性人格障害など詳しく知る|パーソナリティ障害まとめパーソナリティ障害とは? 一般の人と比べて、物事の捉え方や感情表現の仕方、認知の仕方が異なっていることが理由で結果的に対人関係のトラブ...
よしこ
よしこ
自分の心をまず大切に、本人の直したい気持ちがあったらサポートをしていきましょう!

 

双極性障害(躁うつ病)

双極性障害とは、「なんでも俺はできる!」と力みなぎっている時期と、「もう無理、できない」と落ち込んでいる時期が交互にくるような障害です。

どうしても障害の影響で、冷静に自分をみることが難しい障害です。

ころころ言うことがころころ変わる場合、本当に本人がそう思ってしまって発言しているのかもしれません。

うつ病と診断されている方が実は双極性障害だったことはよくあります!

双極性障害本アプリ動画おすすめ
双極性障害と診断されたらおすすめ本とアプリ、動画|体調安定に!双極性障害は診断されるのに時間がかかることが多い障害です。 なぜなら、主治医は常に一緒にいるわけじゃないので本人からの話だけで全体...
よしこ
よしこ
診断がかかりにくい病気!

 

高次脳機能障害

高次脳機能障害とは、脳梗塞や脳卒中などの脳血管障害や交通事故などで脳にダメージを受けることで外見的には見えずらいですが、できないことが増えるような障害です。

怪我は治って退院したものの、忘れっぽくなってしまったり感情がコントロールしずらくなるということがあります。

その結果言っていることがころころ自覚なく変わってしまうということはあるでしょう。

本人は悪気ないことがほとんどです。

発達障害や認知症など、いろいろ悩んで結果的に交通事故のときの後遺症の影響だったということはよくあります。

よしこ
よしこ
高機能障害だとマルチタスクは難しいかも

 

言うことが変わる人への対策方法

原因がなんであっても言うことが変わる人とかかわらないといけない。

そういうときの対策は以下になります。

言うことが変わる人とのやり取りは文字化する

どうしても口頭だけのやりとりだともめやすいです。

そのため、メールでのやりとりや共有のメモなどを使用しましょう。

言うことが変わったと思ったときはその紙を差し出して確認をしましょう

よしこ
よしこ
相手を責めないようにすることがポイントです!(責めたいけどね)

 

言うことが変わる人とのやりとりは確認作業は必須

これであってますか?と最終確認をするようにしましょう。

最終確認などの「確認作業」を多くとることで相手とのトラブルを避けることができます。

多少めんどくさいですが上手くやりとりをするには必須です。

よしこ
よしこ
仕事で関わる場合はめんどくさいですが最終確認を必ずするようにしましょう!!

 

言うことがころころ変わる人の対処法まとめ

世の中にはいろんなひとがいます。

病気でも性格だとしても「言ってることがころころ変わる」人と一緒にいると疲れます。

疲れるしむかつくし頭の中でずっと考えこんでしまうこともあるでしょう。

そんな人とはまず距離をおいて、本気にしなかったり気にしないことが一番です。

自分に余裕ができてから、言ってることがころころ変わる人の心配をしましょう!!

・言っていることがころころかわる自覚はあるのか確認しよう

・言うことが変わるのは性格だけでなく病気の症状の可能性あり

・言うことが変わる人と一緒に仕事をするときは文字化して最終確認は必須

コチラの記事もおすすめ!
本田秀夫精神科医プロフェッショナル仕事の流儀3 障害を理解する

プロフェッショナル仕事の流儀「精神科医・本田秀夫」発達障害スペシャリスト

11月 1, 2019
障害と働く!社会福祉士の就労応援サイト
NHKプロフェッショナル 仕事の流儀 「あなたらしく、笑顔で生きて~精神科医・本田秀夫~」という発達障害を診るスペシャリストのまとめです。  …