障害と働くを応援

難病は就職困難!就労支援は就労移行支援事業所を使うのがおすすめ!

難病でも就職したい就労移行相談にのってくれる

難病の場合就職をするのが困難です。

なぜなら働きたい気持ちはあるものの、難病の症状で勤怠が安定しない可能性が高く雇う側としてもリスクを感じて不採用になることが多いからです。

よって難病の場合は就職するのが大変ということもあります。

そういった方に就労移行支援事業所をおすすめする理由をまとめました。

よしこ
よしこ
そのまえに、主治医から就労しても大丈夫と意見書をもらうことが第一歩となっています!医師も自分も働けるとなったタイミングですすめようね!

2年しか使えないので、2年で働ける自信がないならA型事業所へどうぞ!

ここに相談することをおすすめします!

相談支援事業所とは?|障害のある本人家族の相談にのってくれます相談支援事業所とは? 障害のある本人や家族からの相談にのってくれる施設です。無料で悩んでいることや困っていること将来の不安など...

 

難病でも働ける!就労移行支援事業所のすすめ

難病でも働きたいとき、働けそうな時間帯のみで働く場合が多いのではないでしょうか。

ただ、難病の種類によっては仕事中調子が悪くなってしまう人もいると思います。

なかには難病を隠して就職して、調子が悪い理由が伝えられずに離職につながってしまったり就職活動したけどなかなか受からない人が多いと思います。

今の法律では難病の方は障害者雇用の求人に応募はできません・・・。

理解してくれる企業で働きたい!そんな方は、ぜひ就労移行支援事業所を使ってください!

よしこ
よしこ
難病の場合でも行政がOKだったら就労移行が利用できます!

 

 

難病でも働けることを就労移行のスタッフが説明してくれる

就労移行援事業所は週5日9時~16時などの時間に通って就職するためのスキルをつける福祉サービスです。

難病があっても少しずつ体力をつけるとじょじょに働く体力やどのくらい仕事ができるかがわかってきます。

自分ではあまり実感がわかないかもしれませんが、支援員はどのくらい仕事ができそうかを把握することができます。

そうすると、難病に対するよくある誤解と真実を伝えることができるのです。

医療の進歩により多くの難病は治療を続けながら仕事をすることができる

難病でも、通院や休憩など配慮をいただくことで治療と仕事の両立ができる

外見からは分かりずらいが、調子のよいとき悪いときにパフォーマンスにギャップがあるので理解してほしい(さぼっているわけではない)

就労移行支援事業所とは?長く働くためには活用をおすすめします。就労移行支援とは、障害者総合支援法に定められた障害福祉サービスのひとつ。 18歳以上65歳未満の障害や難病が患った方のうち診断書があっ...

 

難病とともに働けそうか、仕事体験のなかで確認できる

就労移行支援事業所のメリットは仕事体験ができることです。

難病でも仕事がやっていけるのが、通勤や仕事を通して考えることができます。

体験実習という目的ですが、もし仕事が出来た場合は「このまま仕事してみない?」なんて声がかかることもあります。

よしこ
よしこ
難病でどんな症状があるか分かってもらってから就職すると安心感がありますよね!

自分でまずチェックもできるよ!

就労準備性チェックシートまとめ|働く準備ができているか確認できる働きたいと思っても、働く準備ができているのかまだ何をしたらいいのかわからないことが多いと思います。それは実はあなただけじゃなく、...

 

難病でも雇ってくれる企業を支援者と探せる

就労移行支援事業所を利用することで、就職活動のサポートを得ることができます。

働きたい会社を探すのは自分ですが、問い合わせをしてくれたり、訓練の様子からこんな仕事があってるんじゃないか?と提案してくれることがあると思います。

やはりひとりで就職活動をするのはつらいです。

ひとりじゃなくて福祉サービスを利用することがおすすめです。

よしこ
よしこ
理解がある企業と巡り合える可能性も高まる!

ただ、どれだけ支援者が動いてくれるかは事業所によって異なります。

結果をだしている事業所がおいすすめです!

就労移行支援失敗しない選び方|後悔しないために確認するポイントとは現役就労移行支援支援員が、就労移行を選ぶときに絶対確認してほしいポイントをまとめました。知らないと損する就労移行の選び方をお伝え...

難病の方に対する行政のサポート他には?

就労移行支援事業所以外にも難病を対象に使えるサービスがあります。

ハローワークにいる難病患者就職サポーター

・難病患者就職サポーターによる支援
ハローワークの障害者の専門援助窓口に「難病患者就職サポーター」を配置し、別ウィンドウで開く 難病相談支援センターと連携しながら、就職を希望する難病患者に対する症状の特性を踏まえたきめ細やかな就労支援や、在職中に難病を発症した患者の雇用継続等の総合的な就労支援を行っています。

難病患者の就労支援(厚生労働省公式サイト)

ハローワークに担当のサポーターを配置していることも!

ただ、理解がある企業さんをその方が知っているか・・と言えばわかりません。

数多く問い合わせてくれる行動力のあるサポーターの方が結果がでやすいでしょう。

よしこ
よしこ
一度は相談してみましょうね!

 

難病の方を雇ったら企業が使える助成金

発達障害者や難治性疾患患者を、ハローワークの職業紹介により継続して雇用する労働者として雇い入れ、雇用管理に関する事項を把握・報告する事業主に対して助成を行っています。

サイト内リンク特定求職者雇用開発助成金(発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース)

サイト内リンク障害者手帳をお持ちの難治性疾患患者を雇用した場合はこちら  →  特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)

障害者手帳があれば障害者雇用の求人に応募することができますが、難病は手帳がとれません。

そういう背景もあってか、難病の方を雇うと助成金がもらえる仕組みがあります。

ただ知らない企業も多いのでハローワークからそいうった助成金を説明しつつ難病の雇用に理解いただくことが多いでしょう。

よしこ
よしこ
お金あげるから雇って!という言い方は嫌だけどね・・・

 

難病の方が就職に使える就労移行支援事業所まとめ

今回はそろそろ難病の理解を得つつ社会で働きたいという方に向けて、就労移行支援事業所をおすすめする記事を書きました。

見学に行くだけなら無料です。「難病の方の就労サポートの経験はありますか?」と電話で聞いてみるとよいでしょう!

就労移行支援事業所については以下もどうぞ!

障害者手帳なし就労移行のメリット
障害者手帳なしでも就労移行は使えるメリットを現支援員が力説障害者手帳がなくても、前年度収入がない方は無料で就労移行が利用できることが多いです。(行政の判断で決定されます)障害を診断されて...
就労移行支援のデメリットとメリット|自分にあったサービスを使おう障害と診断されたり障害者手帳を取得した場合に使える就職活動のサポートをしてもらえる行政サービスとして就労移行支援事業所があります。 ...

他にも難病として働く方法はこの記事も参考になりそう!

障害者 手帳なし 障害者枠 
障害者手帳なしで就職する6つの方法|障害者雇用ではない選択肢障害者手帳なしだと障害者雇用として働けませんが、交渉したり他のルートを使って就職する方法はいくつもあります。障害と診断されても、...

せっかく使うなら絶対就職しよう!

就労移行支援事業所利用しても就職できない原因理由とは
就労移行支援で就職できない理由や原因を現役支援員が解説します就労移行支援は障害がある方の就労をサポートする機関です。ですが、どうしても就労移行を使っても就職できない人はいます。既に...

難病の説明も、この記事は参考になるかも!

障害説明できるようにわかりやすく
私の障害について説明できるようになろう|わかりやすく説明する方法障害者雇用として障害をオープンで働くには自分で障害について説明する必要があります。障害について医師に診断されたと思いますが、自分...
コチラの記事もおすすめ!
特例子会社 障害と働くを応援

特例子会社で働くメリットとデメリット

3月 22, 2019
障害と働く!社会福祉士の就労応援サイト
特例子会社のメリットデメリットについて 特例子会社という言葉を聞いたことがあるでしょうか?障害者手帳を取得のかたのみが応募でき障害をお持ちの方が中心に働かれている会社のこ …
障害者求人ハローワーク障害者求人票のみかた 障害と働くを応援

障害者求人ハローワーク求人票の見方|応募できる求人増える方法これ

4月 9, 2019
障害と働く!社会福祉士の就労応援サイト
障害者求人に応募する場合、多くの方がハローワークを経由して応募すると思います。ハローワークには障害を持っている方が相談できる窓口とし …