社会福祉士技術

倫理綱領覚えてる?社会福祉士の倫理綱領を見直すと気づきが得られる

倫理綱領とは?

社会福祉士には、倫理綱領といって、専門職として自らの行動を律するために守るべき秩序や考え方が定められています。

福祉の仕事をしていると、ついつい目の前の業務に忙殺されがちです。
なんとなく過ぎていく日常のなかで、いつのまにか利用者本位じゃない、自分にとって都合がよいような仕事をしてしまっているかもしれません。
そうならないように、倫理綱領は存在します。

また、業務を進めるなかで支援の方向性に悩んだときや自分の支援や周りの支援がこれでよいものか疑問を感じた時倫理綱領を見直すと、ふとヒントが浮かんでくることがあります。

ひとつひとつ振り返っていきましょう!

よしこ
よしこ
これから読み進めるなかでは自己嫌悪になりすぎないよう注意!

社会福祉士の価値と原則

Ⅰ(人 間 の尊 厳 ) 社会福祉士 は 、す べ て の 人 間 を 、出 自 、人 種 、性 別 、年 齢 、身体的精神的状況、宗教的文化的背景、社会的地位、経済状況等の違いにかかわらず、かけがえのない存在として尊重する。

年齢が若いから、生活保護だから、金持ちの子だから・・そういったことにこだわらずかけがえのない存在として本人の意向、価値、考えをを尊重しましょう!

Ⅱ(社 会 正 義 ) 社会福祉士 は 、差 別 、貧 困 、抑 圧 、排 除 、暴 力 、環 境 破 壊 などの無い、自由、平等、共生に基づく社会正義の実現をめざす。

自分の思い通りになる利用者さんを差別してないですか?

言うことをきかないからって、抑圧的に、暴力的に、一人だけ別にしたりそういった対応してないですか?

Ⅲ(貢 献 ) 社 会 福 祉 士 は 、人 間 の 尊 厳 の 尊 重 と 社 会 正 義 の 実 現 に 貢 献 す る 。

社会正義については私イマイチきていませんごめんなさい・・。

尊重は絶対する!

Ⅳ(誠 実 ) 社 会 福 祉 士 は 、 本倫理綱領 に 対 し て 常 に 誠 実 で あ る 。

誠実とは、私利私欲をまじえず、真心をもって真面目にこの倫理に応じていくことです。

Ⅴ(専 門 的 力 量 ) 社会福祉士 は 、専 門 的 力 量 を 発 揮 し 、そ の 専 門 性 を 高 め る 。

申し訳ないことに・・私の場合、社会福祉士会のメリットを感じず所属はしていませんがブログで日々業務を振り返り記事を書くことで高めていきます。

社会福祉士の価値と基準

Ⅰ.利用者に対する倫理責任

1 .( 利 用 者 と の 関 係 ) 社会福祉士 は 、 利 用 者 と の 専 門 的 援 助 関 係 を 最も大切にし、それを 自己の利益のために利用しない。

ついつい仲良くなると専門的援助関係を忘れがち。

2 .( 利 用 者 の 利 益 の 最 優 先 ) 社 会 福 祉 士 は 、 業 務 の 遂 行 に 際 し て 、 利用者の利益を最優先に考え る 。

利用者を一番に考える。自分の都合で相手をふりまわさないように。

3 .( 受 容 ) 社 会 福 祉 士 は 、 自 ら の 先 入 観 や 偏 見 を 排 し 、 利 用 者 を あるがままに受容する。

どうしても障害上、いろいろ社会的によろしくない部分があったとしてもあるがままに受け入れましょう。

4 .( 説 明 責 任 ) 社 会 福 祉 士 は 、 利 用 者 に 必 要 な 情 報 を 適 切 な 方 法 ・わ かりやすい表現を用いて提供し、 利用者 の 意 思 を確認 す る 。

知的障害や高次脳障害だと、紙に書いて忘れないように持ってもらったり自分のやりやすい方法ではなくて相手の分かりやすい表現を用いて提供!

5 .( 利 用 者 の 自 己 決 定 の 尊 重 ) 社 会 福 祉 士 は 、 利 用 者 の 自 己 決 定 を 尊重し、利用者がその権利を十分に理解し、活用していけるように援助する。

全ては利用者さんが決めます。家族と会いたくないならそれでよいと思う。良かれと思っていろいろしない。

6 .( 利 用 者 の 意 思 決 定 能 力 へ の 対 応 ) 社 会 福 祉 士 は 、 意 思 決 定 能 力 の不十分な 利 用 者 に 対 し て 、 常 に 最 善 の 方 法 を 用 い て 利 益 と 権 利 を擁護する。

自分で判断が難しいなら家族も読んで話をしたり、最善の方法を検討!

7 .( プ ラ イ バ シ ー の 尊 重 ) 社 会 福 祉 士 は 、 利 用 者 の プ ラ イ バ シ ー を 最大 限 に 尊 重 し 、 関 係 者 か ら 情 報 を 得 る 場 合 、 そ の 利 用 者 か ら 同 意を得る。

忘れがちだけどこれ本当に重要!知らないうちに情報取得してたら一気に信用なくすことも・・。言ってほしくないことって本当にひとそれぞれ。

8 .( 秘 密 の 保 持 )社会福祉士 は 、利 用 者 や 関 係 者 か ら 情 報 を 得 る 場 合 、業 務 上 必 要 な 範 囲 に と ど め 、そ の 秘密を 保 持 す る 。秘 密 の 保 持 は 、業務を退いた後も同様とする。

業務上必要な範囲!を意識しましょう。退職したって秘密を保持していく。

9 .( 記 録 の 開 示 ) 社 会 福 祉 士 は 、 利 用 者 か ら 記 録 の 開 示 の 要 求 が あ った場合、本人に記録を開示する。

だからこそ記録は適当に書いてたらいけないのです。

10.( 情 報 の 共 有 ) 社 会 福 祉 士 は 、 利 用 者 の 援 助 の た め に 利 用 者 に 関 する情報を関係機関・関係職員と共有する場合、その 秘 密 を 保 持 するよう最善の方策を用いる。

自殺したいみたいなケースだと関係機関と共有して対応していく必要があります。

11.( 性 的 差 別 、 虐 待 の 禁 止 ) 社 会 福 祉 士 は 、 利 用 者 に 対 し て 、 性 別 、性的指向等の違いから派生する差別や セ ク シ ュ ア ル ・ ハ ラ ス メ ント、虐待をしない。

相手が虐待だと思ったらそれはもう虐待案件。

12.( 権 利 侵 害 の 防 止 ) 社 会 福 祉 士 は 、 利 用 者 を 擁 護 し 、 あ ら ゆ る 権利侵害の発生を防止する。

困っているひとのなかには、それ社会的にだめじゃない?みたいなことあります。

守っていきましょう。

Ⅱ.実践現場における倫理責任

1 .( 最 良 の 実 践 を 行 う 責 務 ) 社 会 福 祉 士 は 、 実 践 現 場 に お い て 、 最 良の 業 務 を 遂 行 す る た め に 、自 ら の 専 門 的 知 識 ・技 術 を 惜 し み な く 発揮する。

特に身近な社会資源(利用者さんが使える行政、民間サービス)などを知ってると心強い支援員になれます!

2 .( 他 の 専 門 職 等 と の 連 携 ・ 協 働 ) 社 会 福 祉 士 は 、 相 互 の 専 門 性 を 尊重し、他の専門職等と連携・協働する。

社会福祉士は、MSWや生活保護課、障害福祉課など連携することが多いです。

それぞれの役割と目的があるので自分の役割をまっとうしましょう。

3 .( 実 践 現 場 と 綱 領 の 遵 守 ) 社 会 福 祉 士 は 、 実 践 現 場 と の 間 で 倫 理 上のジレンマが生じるような場合、実践現場が本 綱 領 の 原 則 を 尊 重
し、その基本精神を遵守するよう働きかける。

上司や同僚の支援に納得がいかないとか、あるあるだと思います。

知らないだけかもしれないし働きかけましょう(ストレスにならないぐらいに。。)

4 .( 業 務 改 善 の 推 進 ) 社会福祉士 は 、 常 に 業 務 を 点 検 し 評 価 を 行 い 、業務改善を推進する。

月に1回見直すだけでも自分の支援で反省点が絶対見つかると思います。

Ⅲ.社会に対する倫理責任

1.( ソ ー シ ャ ル ・ イ ン ク ル ー ジ ョ ン ) 社 会 福 祉 士 は 、 人 々 を あ ら ゆ る 差別、貧困、抑圧、排除、暴力、環境破壊などから守り、包含的な社会を目指すよう努める。

自分がもちろんしてはいけないし、そのほかからも守っていく必要があります。

2 .( 社 会 へ の 働 き か け ) 社会福祉士 は 、 社 会 に 見 ら れ る 不 正 義 の 改 善と 利 用 者 の 問 題 解 決 の た め 、 利 用 者 や 他 の 専 門 職 等 と 連 帯 し 、 効果的な方法により社会に働きかける。

どうしても行政の福祉の予算は削られがちです。そんなときの抗議運動とかが当たるのかなって思ってました!

3 .( 国 際 社 会 へ の 働 き か け ) 社 会福祉士 は 、 人 権 と 社 会 正 義 に 関 す る国際的問題を解決するため、全世界の ソ ー シ ャ ル ワ ー カ ー と 連 帯し、国際社会に働きかける。

今の私にはまだそこまで・・

Ⅳ.専門職としての倫理責任

1 .( 専 門 職 の 啓 発 ) 社 会 福 祉 士 は 、 利 用 者 ・ 他 の 専 門 職 ・ 市 民 に 専 門職としての実践を伝え社会的信用を高める。

これはブログの範囲でなら!!

2 .( 信 用 失 墜 行 為 の 禁 止 ) 社 会 福 祉 士 は 、 そ の 立 場 を 利 用 し た 信 用 失墜行為を行わない。

社会福祉士って一度なったら資格なくなることないし、誰でも資格さえ取得できればなれるので今後も事件はあるかもしれないなと思います・・。

3 .( 社 会 的 信 用 の 保 持 ) 社会福祉士 は 、 他 の 社会福祉士 が 専 門 職 業 の
社会的信用を損なうような場合、本人にその事実を知らせ、必要な対応を促す。

職場の社会福祉士が社会的信用を損なう行為があった場合知らせましょう!

4 .( 専 門 職 の 擁 護 )社会福祉士 は 、不 当 な 批 判 を 受 け る こ と が あ れ ば 、専門職として連帯し、その立場を擁護する。

社会福祉士としてまだ不当な批判を受けたことはないのでわかりません・・。

5 .( 専 門 性 の 向 上 ) 社会福祉士 は 、 最 良 の 実 践 を 行 う た め に 、 ス ー パー ビ ジ ョ ン 、 教 育 ・ 研 修 に 参 加 し 、 援 助 方 法 の 改 善 と 専 門 性 の 向上を図る。

就労支援フォーラムには行きたいと思っています!

6 .( 教 育 ・ 訓 練 ・ 管 理 に お け る 責 務 ) 社 会 福 祉 士 は 教 育 ・ 訓 練 ・ 管 理に 携 わ る 場 合 、 相 手 の 人 権 を 尊 重 し 、 専 門 職 と し て の よ り よ い 成長を促す。

利用者ではなく、部下の人権も尊重しましょう!

7 .( 調 査 ・ 研 究 ) 社 会 福 祉 士 は 、 す べ て の 調 査 ・ 研 究 過 程 で 利 用 者 の人権を尊重し、倫理性を確保する

ちょっとまだ協力したことないので分からないです・・。

あとがき

利用者さん最優先で仕事をしていると、自然に倫理綱領は守れていると思います。

ただ、利用者本位という意識が高すぎると自分の健康を害する事になりますのでご注意くださいね。

支援ができなくなると利用者さんが1番困ってしまうのでまず自分の健康を大切に仕事を行っていきましょう!