障害と働くを応援

障害者雇用で採用されやすい人ってどんなひと?採用されるためには

障害者雇用採用されやすい人とは

障害者雇用で働く人は多くありません。

だからこそ、どんな人だと採用されやすいのかよく分からないですよね。

実際に障害者雇用をしている会社と多くやりとりをしている就労移行事業所で働く私が解説します。

よしこ
よしこ
企業側の本音をお伝えするので、採用されやすい人になろう!

 

障害者雇用されやすい人は安心できる人

会社側が採用したい人は、一緒に働いて問題なさそうな人、安心できる人です。

具体的に安心できるとはどんな人なのでしょうか?詳しくお伝えします。

よしこ
よしこ
私は今採用されやすいのか?振り返って確認していきましょう!

 

意思疎通ができる、コミュニケーションがとれる人

言葉のキャッチボールができる人は企業は安心できるので採用されやすいです。

仕事の指示をしたときに指示通りにできそうだなと思うからですね。

そんなに難しいことではありません、面接で質問に答えることが出来たらOKなので就職したい場合は面接練習は必須です。

どう答えて良いか分からない質問があっても「それは~~を確認したいということでしょうか?」と聞きなおしたら大丈夫です。分からないところは確認できることが企業に伝わりますね。

よしこ
よしこ
面接練習をして採用されやすい人を目指しましょう

 

障害になった原因がわかり対策が明確な人

産まれたときから障害がある場合もありますが、それを含めてなぜ障害になったのかを説明でき、症状がでたときの対策がある方は安心でき採用されやすいです。

どうしても障害になった原因が分からない場合、仕事をするなかでまたすぐ治療をする必要がでて休んでしまうのでは?と思われてしまうからです。

企業としては、障害者雇用といっても用意した仕事をできる限り自分ひとりでスムーズにできる人を採用したいのです。

もちろん、障害になった原因が分からない人もいます。その場合は仮説をたてて症状が落ち着いていることを伝えたら問題ありません。

よしこ
よしこ
障害説明と対策は事前準備は必須!

 

働く意欲がある人

働きたい気持ちがある人は採用されやすいです。熱意を相手に伝えましょう。

私もたくさんの人と関わってきましたが、働きたい意欲がないとやっぱりすぐ辞めてしまう場合が多いです。

障害者雇用だからというわけではないですが、一度採用して退職するといろいろと手間がかかります。だからこそ長く働き続けてくれる人を企業は採用したいのです。

「働いてみたい!」という想いはありますか?なかには、気持ちはあるが相手には伝わりずらい人もいると思います。

あまり感情が表にでずらいのですが、働きたい気持ちはすごくあるのでぜひお仕事させてください!

あえてその想いを口にしちゃうのもありです。採用されやすい人になりましょう!

よしこ
よしこ
将来的にこんな風になりたい等将来のビジョンまで伝えれたら会社としては長く働く気持ちがあるんだなとも思ってくれますよ!

 

働いたこと(職歴)がある人

障害者雇用では働いた経験がある人の方が好まれる傾向があります。

なぜなら、仕事をするにはビジネスマナーだったり、報告連絡相談だったり働くに必要なスキルがあり、それをイチから教える余裕がある企業が多くないからです。

ただ、障害者職業センターや就労移行支援事業所、A型事業所で働くスキルを身に着けることができるので、職歴がない人でも訓練をした経験を伝えることはできます。

逆に職歴はたくさんあるものの短い期間ですぐ退職している場合は企業からは心配されてしまいます。その場合は退職した理由と次は長く働けるような根拠を必ず伝えるようにしましょう。

よしこ
よしこ
障害者雇用の場合は支援機関のサポートがある方が好まれます!ただ、支援機関を知らないって会社も多くいるのでそこは支援機関のがんばりどころですね!

 

休まず仕事が出来る人

障害者雇用は障害とともに働くという雇用の方法ですが、体調が安定している方が採用されやすいです。

障害者雇用として仕事を用意しているものの、休みが多いとそれを誰かがかわりにやらないといけなくなってしまうからです。

コツコツと休まずに自分の仕事に取り組めるひとが好まれます。

今までアルバイトや学校で休まなかったよ!って人は必ず面接で伝えるようにしましょう!

ただ、どうしてもなかには体調が悪くなるという人はいます。その場合は、事前に体調が悪くなりそうなときに事前に他の方に引継ぎをしておくなど対処ができるとよいです。

障害者雇用じゃなくても、子供さんがいる母親は急遽仕事に行けないこと等は一般社会の中でよくあるものなので、一度でも休んだらダメというわけではありませんよ!

よしこ
よしこ
体調安定って意外と難しかったりする

 

素直で謙虚な人

素直で謙虚な人は採用されやすいです。なぜなら仕事が一緒にやりやすいと感じるからです。

性格なんかどこで入社前にばれるんだ?と思うでしょうが、面接のなかで分かります。

例えば、退職理由。どうしても周りのせいにばかりしている退職理由の場合は、何事も自分は悪くないと思うひとなのかもしれないと捉えられるかもしれません。

もちろん人間関係で相手が一方的に悪い場合ももちろんありますが伝え方には気を付けましょう。

他にも、自分のできることばっかり面接で伝えるのもだめです。自己PRとして伝える必要はあるのですが、見栄っ張りで自意識過剰な人かもしれないと思われるかもしれません。

人間は長所短所があるものです。面接では素直に苦手なことは苦手と伝えてできることはできると伝えていきましょう!

よしこ
よしこ
ここらへんの対策はまじで1人じゃ難しい

 

身体障害は採用されやすい

障害の種別によって採用を決めるなんてのはだめなのですが、現実はあります。

身体障害の方は採用されやすいです。なぜならできること、できないことが周りからみてもわかりやすいからというのが理由です。

今少しずつ障害理解が進んでいるのですがちょっと前までは「精神障害はうち雇わないんです」なんて平気で言う会社がありました。

障害によって懸念点があるのでこれはまた障害別の対策でも記事にしようと思います。

例えば、うつ病の場合はいきなり長期間休んでしまうのではないかと思われたり、双極性障害ならそう状態のときに仕事をやりすぎて周りと人間関係でもめたり。

やっぱり障害者雇用を長くしている会社では障害者雇用の退職者も多くいます。

上手くいかなかった過去を振り返って次は長く働ける人を・・と採用方針を考えるのです。

自分は大丈夫な理由を根拠とともに伝えていきましょう!

よしこ
よしこ
障害の偏見にまけないでがんばろう!

 

障害者雇用で採用されやすいひとまとめ

一般的な障害者雇用で採用されやすい人の傾向をまとめてみました。

ただ、これはくれぐれも一般的な傾向であって会社によって求める像は違います。

一番良いのはハローワークや就労移行支援事業所の担当者に、あなたが働きたい会社はどんな人を求めているかを確認することです。

精神障害の人をメインに雇用している会社なんかも稀にあります。

自分が働きたい会社で採用されやすい人を目指しましょう!

よしこ
よしこ
私ももっと障害者雇用の会社さんと仲良くなれるようがんばるぞ~!
コチラの記事もおすすめ!
障害者雇用 実態 リアル 現実 障害と働くを応援

障害者雇用実態と現実|今後障害を持ったかたが働きやすくなる理由は3つ

4月 22, 2020
障害と働く!社会福祉士の就労応援サイト
障害者雇用のサポートの仕事を長く現場で取り組んできた私が現状と安心して障害者雇用として働きやすくなる理由をまとめます。行政の調査と私 …