障害と働くを応援

私の障害について説明できるようになろう|わかりやすく説明する方法

障害説明できるようにわかりやすく

障害者雇用として障害をオープンで働くには自分で障害について説明する必要があります。

障害について医師に診断されたと思いますが、自分で自分の障害を説明できますか?

よしこ
よしこ
障害者雇用で働くには自分の障害を理解してわかりやすく伝えるということがとっても大切

 

自分の障害について説明できるようになるには?

自分の障害について説明してくださいといわれたとき、すぐ説明できますか?

できない場合はぜひこの手順に沿って説明できるようになりましょう!

よしこ
よしこ
少しずつで大丈夫!

 

自分の今までについて振り返ろう

障害があると医師に診断されたということは生活のなかで今まで困りごとがあったはずです。

今までの障害を振り返り学校生活の勉強や人間関係、仕事のなかで困ったこと大変だったこと逆に楽しかったことや褒められたことも書いていきましょう!

障害理解するために振り返る
よしこ
よしこ
思い出したくないほど辛いこともあるかもしれません。その場合はやめましょう!主治医にそれほどつらいがどうしたらいいか聞くのもあり

 

自分の今までについて家族にも意見をもらう

恥ずかしいかもしれませんが先ほど振り返った紙を身近な家族や知り合いに見せて周りからはどうみえていたのかを聞きましょう。

自分は覚えていなくても周りが楽しそうだったな、辛そうだったなということは覚えていることがあります。

より障害について把握するために聞いて書き込んでいきましょう。

障害理解するために振り返る 周りに聞く

家族に意見をきくことで、新しい自分の長所や課題が見つかるかもしれません。

より自分の障害かもしれないなと思うところと、こういった環境なら楽しいと思える、強みを生かせるということを探っていきましょう!

幼少期から通院している場合は主治医に相談するのもあり!

よしこ
よしこ
障害を説明する材料をあつめていくよ!

 

自分の障害に関する本を読み該当するところを書き出す

自分の障害の傾向が自分で振り返り、周りからの意見を聞くことでなんとなくわかってきたと思います。

そこから、自分の診断された障害に関する本を読んであてはまるところを書き出します。

障害に関する本は分かりやすく障害について説明しているところがほとんどです。

だからこそそのまま自分の説明にしちゃうのです。

双極性障害本アプリ動画おすすめ
双極性障害と診断されたらおすすめ本とアプリ、動画|体調安定に!双極性障害は診断されるのに時間がかかることが多い障害です。 なぜなら、主治医は常に一緒にいるわけじゃないので本人からの話だけで全体...
うつ病に関するおすすめ本|認知療法など理解や克服するためにはうつ病に関する本のおすすめ うつ病にはいろいろな理由があります。 過度の残業が原因の方、家族との不調和が原因の方、離婚や離職など...
発達障害に関するおすすめ本|大人の発達障害やアスペルガー発達障害はいろんなタイプがあります。そこで自閉症スペクトラムという大きなくくりにしておすすめの本をまとめてみました。 本は購入する...
よしこ
よしこ
人によって症状はそれぞれです!本の内容で症状を説明するとともに具体的なエピソードも説明できるようになりましょう!

障害を公開しているyoutuberも増えてきたのでその動画も参考になるかも!

身体障害知的障害精神障害youtuber障害公開公表
障害があるyoutuberまとめ!50名以上紹介まとめリンク集障害があるyoutuberは今とても多くなってきています。 障害別でまとめたのでここで紹介していきますね! 身体...

 

障害を説明するときの大切なポイント

障害の症状や傾向についてわかりやすく説明する準備はできました。しかしまとめたことをそのまま伝えるのはだめなのです。

会社には「問題なく働けます」ということを伝えなくては採用になりません。

大切なのは自分なりの症状に対する対策働く会社に求める配慮をセットで考えましょう。

具体的な書き方統合失調症だけまとめています!

統合失調症で働くには|就職するためのポイントや働き方「統合失調症と診断されたがそろそろ安定してきた。」「働けるはずだからそろそろ働きたい。」 そんな方に統合失調症だからこその働くため...
障害説明と対策
よしこ
よしこ
これはひとりでは難しいと思うので、次の項目である専門機関の人に頼って説明を考えるがおすすめです!

 

より障害理解と説明をよりできるようになるために

自分の障害を理解しわかりやすく説明できるようになるためには障害をもって就職することをサポートしてくれる機関を利用することがおすすめです。

支援機関を利用して、就職するにあたって改善したほうが良い点と入社ご配慮してもらった方が働きやすい点について支援員の助言を聞いていきましょう!

専門的な職員と話ができるので仕事をするにあたって、どういった点が課題になるか、より向いている環境について助言をもらい、説明についてもより分かりやすく面接練習や書類添削をしてくれるはずです。

よしこ
よしこ
どこまでしてくれるかは地域や事業所によります・・

働くをサポートしてくれる福祉機関として就労移行支援事業所や障害者就業・生活支援センター、障害者職業センターがあげられます。

就職に不安がある場合はじっくり訓練ができる就労移行支援事業所へ

就労移行支援事業所とは?長く働くためには活用をおすすめします。就労移行支援とは、障害者総合支援法に定められた障害福祉サービスのひとつ。 18歳以上65歳未満の障害や難病が患った方のうち診断書があっ...
なかぽつとは?障害者就業・生活支援センターの役割とは?障害があると、どうやって仕事についたらよいのか、仕事に就いた後も長く続けられるのか不安がある方が多いと思います。 今回は、障害があ...
障害者職業支援センターとは?|職業評価だけがメリットではない障害者職業センターという言葉聞いたことがありますか? ハローワークと密接な連携のもと、障害者に対する専門的な職業リハビリテーション...

 

障害を理解わかりやすく説明するためにまとめ

自分の障害を理解するために今までの人生を振り返りましょう!

より把握するために、身近な家族や昔から通院している場合は主治医にも聞いてみましょう。

そして障害に関する本を参考に自分の障害をわかりやすくまとめて、専門機関の人に就職するために言うべきこと、改善する必要や会社に配慮を求めたほうが良いことについて知りましょう!

よしこ
よしこ
ひとりでやらなくて大丈夫!就職後の相談にものってくれるので就労サポートする機関どこかにはつながっておくことをおすすめします!
コチラの記事もおすすめ!
障害と働くを応援

就労移行支援失敗しない選び方|後悔しないために確認するポイントとは

8月 8, 2018
障害と働く!社会福祉士の就労応援サイト
現役就労移行支援支援員が、就労移行を選ぶときに絶対確認してほしいポイントをまとめました。 知らないと損する就労移行の選び方をお伝えしま …