社会福祉士技術

支援力向上する方法とは|どこでも活躍できるスキルを身につけよう

福祉支援力向上方法

支援力向上する方法|どこでも活躍できる力を手に

こんにちは!社会福祉士よしころろ(@nya_i)です。

福祉の仕事は低賃金。人気がなくてどこも人不足という話はよく聞きます。

ただし、今後社会がさらなるIT化、AI化していくなかでも残っていく仕事は福祉だと私は考えます。

対面で顔を突き合わせて話をしながら本人の言葉として現れる欲求とその背景にある客観的にひつようなもの、、、必要な助言とサービスにつなげる。

支援技術って、ロボットでは代替できないですよね。

支援の仕事をする中で、もっと仕事ができるようになりたい!と思ったことはないでしょうか?

支援力を上げる方法についてお伝えしていきます。

よしこ
よしこ
私ももっと支援力あげていきたいです!

 

支援力をあげるとは?具体的にどういうこと

私の中で支援力をあげるとはどういったことなのかまず考えてみました。

どう対応したらわからない困難事例の支援方法の見通しがたてられる

対象者の状況をより深くアセスメントをとり、よりよいサービスにつなげられる

1人ではなくチーム支援ができる。チーム支援をするためのリーダーシップがとれる

今のままではほってけないような目の前に生きづらさを抱えた方がいて、その方に対して有効な支援方法がわかること。

今までの自分よりスピードをもって有効な関わり方や関係性が作って次につなげることがわかる。それが支援力の向上だと私は考えています。

福祉は効率です。どうしても税金でまわっている行政サービスなので、今自分の行動にお金が支払われていることを忘れがちです。

効率的にというと嫌がる人がいるかもしれませんが、時間をかけずに支援や記録、他のサービスにつなげることでより多くの方のサポートをすることができるのです。

よしこ
よしこ
日本でもまだまだ福祉サービスが行き届いない人がいるよ!

 

支援力をあげて困難事例にも対応できるようになるには

目の前の相手のことをより深く知るためにまず障害の基本知識があることが大切です。

仕事を進めていくなかでいろんな障害がある方に出会うので、仕事の経験をつむことで障害の影響でつまづきやすいポイントや症状がわかってきます。

支援力を向上するためには、仕事はもちろんですが障害理解のため障害の知識を得ることをおすすめします。

最近では障害がある方が情報発信しているのでyoutuberでもかまいません。

今どうして対応したらよいか分からない方についている診断名などで勉強するとより理解が深まります。

仕事に生かす目的じゃなくても認知療法行動などはとても自分の生きるなかでも参考になると思いますよ!

created by Rinker
¥1,620
(2019/09/15 12:07:51時点 Amazon調べ-詳細)

人間今必要なものじゃないとなかなか吸収しないものです。

ぜひ本や動画、ネットでもよいので検索して知識を得てみましょう

よしこ
よしこ
発達障害なんかは見た目全然普通だからこそ症状などすごく理解できるよ!

 

支援力を上げてよりよいサービスにつなげるには

もう、これは地域の福祉サービスを運営している人と知り合うしか方法はありません。

支援を必要とされている人はひとつだけの支援機関では抱えきれないことがあります。

よりよい福祉サービスにつないでいくハブ的な存在機関として相談支援事業所があります。

困った方がいたら相談にのってもらえると思うので、他の支援機関の知り合いを作ることは心強いですね。

定期的に行政などでは支援機関で集まる機会が提供されていることがほとんどです。

名刺交換など行い、いざというときに相談できるような関係作りをしていきましょう。

基本的にはサービス管理責任者の役割になるかと思います。

よしこ
よしこ
会社の中だけが仕事じゃないよ!!

 

チーム支援をするために、リーダーシップがとれるようになる

これができるようになるには、先ほど紹介した2つができていることが前提になると思います。

信頼関係ができている他の支援機関の支援と一緒に支援を行い役割の分担を行っていく。

複数支援機関があると、一つの事業所で何かがあったとき他の事業所でサポートにはいることができます。

よしこ
よしこ
サポートネットワークを作っていくんだよ!

 

支援力を著しくあげるには

支援力が高い職場で仕事をしましょう。これに尽きます。

あなたの職場には尊敬できる、あこがれる存在の従業員はいますか?

自分を高められるような環境に身を置くことが一番早いと思います。

会社にとらわれず、どこでも活躍できるような支援技術をたくさんもった職員になりましょう!