MENU
障害と働くを応援

障害者雇用で働いたけど退職した理由とは?よくある理由と予防策

障害者雇用退職理由予防策とは

障害者雇用でやっと就職できたとして辞める理由はなんでしょうか?

せっかく就職した先を早期退職しないためによくある理由と対策をまとめました。

よしこ
よしこ
ブラック会社だったという場合は支援機関と相談して辞めるの賛成!!

 

障害者雇用での平均継続年数はどのくらい?

平成30年度障害者雇用実態調査の結果によると以下の結果が書かれていました。

平均勤続年数をみると、身体障害者は10年2月、知的障害者は7年5月、精神障害者は3年2月、発達障害者は3年4月となっています。

私でも転職しまくっているので、勤続年数が短いことが悪いということはではありません。

ただ、精神障害や発達障害の方は辞めやすい傾向があるのは確かです。

よしこ
よしこ
実際に私が経験したケースもフィクションもいれつつ障害者雇用での退職理由をお伝えしていきましょう!

 

障害者雇用で退職する理由は何?

2015年の少し古いアンケート結果になるのですが障がい者総合研究所での転職・退職理由に関するアンケート調査が行われています。

一番多い退職理由は障がいの発生・状態変化となっており、次に職場の人間関係が悪化、最後に給与、待遇への不満となっています。

 

障がいの発生・状態変化

状態がよくなく、仕事に行けなくなってやめてしまうケースよくあります。

うつが落ち着いたと思って就職したのですが、理由は分からないが体調が悪くなって仕事に行けなくて辞めました

うつ病の場合は、ストレスがない安心できる環境をいくら整えたとしても何かのきっかけに繰り返してしまう可能性は高いです。

責任感が強い方が多くため、「仕事を休んでしまった僕はもうだめだ」と思い込んだり、自宅療養が必須なのですが「家で横になっている自分はだめだ」と自分をせめてしまいます。

気力がでてこないのは、鬱の症状です。あなたではなくて病気の影響!

早めに通院して薬を調整し自宅療養しましょう!

会社に迷惑かかると感じる方は主治医から意見書をもらって長期のお休みをもらいましょう!

支援機関がいる場合は現状について相談しましょう!

私の経験のなかでは症状が悪化する場合は何かしら原因がある場合がほとんどです。

生活面にストレスがあったり、安心できる環境で働けてなかったり。

支援機関がついている場合は、相談して環境側の調整はできないか検討していきましょう!

よしこ
よしこ
健康保険に加入して加入している場合、連続して3日間を含み4日以上、仕事に就けない場合は傷病手当金がもらえますよ!

 

職場の人間関係の悪化

職場の人間関係がしんどくて辞める場合もケースとしては多いです。

どうしても上司の方に注意をされるのがしんどくて辞めたほうが気持ちが楽だと思って辞めました

職場で働く場合は障害の現状と配慮について一緒に働く人に知ってもらって働くケースがほとんどだとは思いますが、なかなか理解が得にくいケースも。

・仕事ができると良く見せておいて就職してしまったので、高いスキルが求められて仕事ができないことで指摘を受けてしまい耐えられず退職した

・仕事を頑張っているつもりだが、どうしてもミスが多くなり上司との関係が悪くなってしまって退職した

・障害があることで変な目で見られている気がしてつらくて退職した

・仕事がないが、誰もしゃべる人がおらずしんどくてやめて退職した

まず働きやすい環境を整えるためにも入社前には自己理解をしておきましょう!

自己理解とは?なぜ必要?|発達障害の方に特におすすめ就職活動では、自己理解をするようにとよく聞きます。就職活動の際、自分のことを面接官に質問されて、自分について伝える必要があるから...

障害を正しく理解し自分がどういう問題がありそうか知れるとベスト!

捉え方が全く違う?認知の歪みを知ろう|発達障害や統合失調症にお勧め認知とはなんでしょうか?それは自分の捉え方のことです。今回は認知について理解し、自分を苦しめている認知の歪みがないかを知りましょ...

そして仕事がはじまってからちょっとやばいなと思った時点で早めに支援機関がついている場合は相談してみましょう!

実は障がい者総合研究所での転職・退職理由に関するアンケート調査のなかで、辞める前に誰かに相談したか上司や人事に相談してない人が多い結果が。

このアンケートに支援機関に相談したかは含まれていないのであれですが、支援機関には優先的に相談してもらいたいと思っています。

支援機関ができることは幅広く、困っていることを上司に伝えて対策を企業と一緒に考えたり、業務内容を一緒に考えたり、障害理解を周りに促したり、あなたが安心して働くために、企業が負担なく雇い続けるためにどうしたらよいかを考えます。

よしこ
よしこ
どこまでサポートしてもらえるのかは、支援機関の質によります。実績がある会社がおすすめできるな・・・
就労移行知らないと損まとめ
就労移行支援事業所とは?知らないと損する情報まとめ就労移行支援事業所で支援員として働く私が知らないと損する情報をこの記事でまとめてお伝えします。とりあえず利用するじゃなくって、ど...

誰にも相談せずに辞めちゃうのが一番もったいないのでそれだけは避けましょう!

 

給与、待遇への不満

会社がどこまで対応できるかがポイントになりますね。

いつになっても軽作業とパソコン入力の繰り返しで給料も上がらないのでやめました

これはなかなか難しい問題だなあといっていろいろなパターンがあります。

・会社が求めているスキルに達成せずに給料や業務内容の幅が広がらないので退職した

・会社の業績がよくないので給料があがらないので退職した

・給料があがるということで就職したけど見通しがないので退職しました

客観的に考えても会社が対応しないのがおかしい場合と、本人のスキル不足なんてこともあります。給与や待遇に不満を持った際は自分で伝えにくいと思いますし、支援機関経由で本当にどうしようもないのかは確認したらよいと思われます。

ちょっと支援機関が促すことで態度が豹変するなんて可能性もあります。

また、自分のスキルがないことが問題なのにそれで辞めちゃうと次就職しても同じことで辞めてしまいます。とにかくもったいない!

よしこ
よしこ
辞めるのは簡単だけど続けるのは難しいよ!でもひとりじゃないことは覚えておいてほしいな!

 

障害者雇用での退職理由まとめ

一番多い退職理由は障がいの発生・状態変化となっており、次に職場の人間関係が悪化、最後に給与、待遇への不満となっています。

相談せずに辞めてしまうのはもったいないので辞めたい気持ちが出てきた時点で早めに支援機関に相談していきましょう!

障害者雇用に限らずですが、退職理由は繰り返すといわれています。

人間関係で辞める人は毎回人間関係で辞めがちです。せっかくの入社した機会なので同じような辞め方はしないように自分の課題に向き合ったり、環境を調整してもらって続けることはできないか一度検討してみましょう!

よしこ
よしこ
体調悪くなるほどがんばらなくてもいいからね!