障害と働くを応援

定着支援事業とは?障害者雇用として安心して働く方法|離職を防ごう

定着支援事業という新しい福祉サービスについて

障害者雇用として働く人が使える「定着支援事業」をご存知ですか?

2018年にスタートした新しい国の福祉サービスの1つです。

障害者雇用として採用されてもどうしても辞めてしまう人が多く継続して働き続けるための仕組みの一つとして作られました。

定着支援事業の対象者やメリット、デメリットをお伝えします。

よしこ
よしこ
支援者からみた制度の課題もお伝えします。

 

定着支援事業を利用できる人は?

障害者雇用として働いている人が使える「定着支援事業」と先ほど説明しましたが、定着支援事業を利用できる人は限られています。

就労移行支援事業所を利用して就職し6か月間以上働いた人

就労継続支援A型事業所を利用して就職し6か月以上働いた人

就労継続支援B型事業所を利用して就職し6か月以上働いた人

生活介護事業所を利用して就職し6か月以上働いた人

自立訓練事業所を利用して就職し6か月以上働いた人

そう、どこか福祉の支援機関にサポートをもらって就職する必要があるのです。

就職してから半年間は所属していた支援機関からサポートが得られますので、就職後不安がある場合は事前に伝えておきましょう。

入社直後は企業も当事者も不安やこんなはずじゃなかったなんてことがありがちです。なので信頼関係ができている所属していた機関がサポートをする形になっています。

そして少し落ち着くと思われる半年後から定着支援事業が開始されます。

支援機関経由で就職しても、とっても安心できる職場だった!サポート体制がしっかりしている。一人で仕事をしていけるとうい場合は定着支援事業を活用しない選択ももちろん可能です。

 

定着支援事業の制度ではハローワークを使って一人で就職活動して障害者雇用として働いた人や障害者雇用応募サイトを使って就職した人は対象とはなりません。

定着支援事業は利用できない。だけど、仕事が上手くいってなかったり、不安がある場合は障害者就業・生活支援センターに相談してみましょう。

よしこ
よしこ
定着支援事業を使える対象者だった場合は詳しく制度を知ってほしい!

 

定着支援事業を提供する支援機関は?

定着支援事業を提供する支援機関も限られています。

就労移行支援事業所

就労継続支援A型事業所

就労継続支援B型事業所

生活介護事業所

自立訓練事業所

上記の施設の中で「定着支援事業を提供する届を役所に出している支援機関」です。

そう、注意をしていただきたいのが、先ほど挙げた支援機関すべてが定着支援事業のサービスを提供しているとは限りません。

支援機関は定着支援事業を提供するかどうかを選べます。どうしても福祉業界は人手不足でいっぱいいっぱいな施設が多くサービス提供をしない選択をすることも多いのです。

自分が所属していた支援機関が定着支援事業を提供していなかった場合は、他の提供している支援機関を使って定着支援事業を利用することができます。

新たな信頼関係を築いていく必要があるので、支援機関同士の引継ぎを行います。

よしこ
よしこ
定着支援事業を提供している施設かどうかは確認しよう!

 

定着支援事業は具体的に何をしてくれるの?

支援機関経由で就職した人たちはイメージがつきやすいかもしれませんが、安心して働けるように相談にのってくれます。

・仕事の中での不安を聞き言いずらいことを企業に伝える

・企業と相談し本人の不安が軽減できる方法を検討する

・通院同行し安定して働く方法を検討する(通院同行はほか支援機関の可能性あり)

・仕事で安定して成果をだすためどうしたらいいか相談していく

具体的には上記のようなことを月に1回は必ず対面で話をします。

状況によっては月に3回以上会うこともあれば、安定している人の場合は会っても15分で面談は終わるかもしれません。

障害の症状や仕事の状況が違うのでサポートの方法は人によって違います。

よしこ
よしこ
困ったことがあったら月に1度会えるタイミングで相談していきましょう!!

 

定着支援事業はいつまで支援してくれるの?

定着支援事業は3年間と期限が決まっています。1年ごとに契約をする形になります。

なので、就職してからだと、3年6か月は支援機関からの定期的なサポートを得ることができます。

就職直後不安が多いなか、3年間サポートしてもらえることがわかっていると安心することができますね。

よしこ
よしこ
定着支援事業の存在だけで安心につながることもあります。

 

定着支援事業の利用料はかかるの?

前年度の収入とどこの事業所を利用するかによって利用料がかかります。

確実にひとつわかっていることは、就職するまで1年間仕事をしていなかった場合は就職して6か月後に使える定着支援事業の1年目の利用料は無料です。

各事業所の、就職者の離職状況によって利用料が変動するような仕組みになっています。

今までは就職したらもうサポートをしないような、ただ就職させるだけの支援機関もありました。

新しい制度によって長く障害を持った方が働き続けるためサポートができているのか、各事業所の姿勢も問われているのです。

収入がある場合は1か月2000~4000円以内の金額を契約している障害を持った方本人が支払う仕組みになっています。

契約しないって言っててあとあと状況が悪化したから契約するなんてことも可能です!(就職して3年6か月後には契約が終わるという、契約終了の時期は変えられません)

よしこ
よしこ
この金額が高いと感じるか低いと感じるかはあなた次第です。

 

定着支援事業を利用するメリット

月に1回対面支援が必須となっている制度なので何かあったときに1か月以内に対面で相談することができるのはメリットです。

仕事で忙しくなると不安があってもなかなか相談しにくい状況になることが多々あります。

支援者のほうから会社に訪問したり、事業所で面談の調整をしてくれるので気が楽ですし自分の味方が近くにいる感覚は安心できますね。

企業からしても、定着支援事業を契約していると会社訪問したタイミングで本人には言いずらいことなどを相談することができるので企業からも喜ばれます。

よしこ
よしこ
企業によっては、定着支援事業で支払う金額を経費でおとしていいので契約してはどうか?など提案がある場合があります。(多くはないです)

あと、1回だけ転職のサポートを受けれるらしいですがまだ経験してないので詳細は分かりません・・

 

定着支援事業を利用するデメリット

ちょっとめんどくさいです。

なぜなら、働いているなかで事業所のスタッフと相談しながら支援計画をたてて3か月に1回は振り返り再度計画をたてて実施していく流れになります。

仕事をしているなかで、事業所に定期的に行く必要がある場合があるので手間だと感じることも多いでしょう。

そもそもそういった人は就労安定している人が多いので契約しなくてもいいかも。

また、3年後で定着支援事業が終わるのでそれ以降の相談は就業・生活支援センターや障害者職業センターに引き継ぐ形になります。

なので「いつまでも支援機関がサポートしてもらえるわけではない」という気持ちで支援者とともに会社の中の人間関係でサポートしてもらえる仕組みを作ったり信頼関係を作って安心して働けるようにもっていく必要があります。

毎月1度あってた人といきなり会わないように環境がかわってしまうのでそのタイミングで不安を感じる方が多いかもしれません。

よしこ
よしこ
いつまでも支援機関に言ったらなんとかしてくれるという感覚でいると辛いので自分と会社の人で解決していく。支援機関はお守りという意識でいましょう!

 

定着支援事業について私の本音

定着支援事業について今後また制度が変わるのではないかと個人的には思っています。

よしこ
よしこ
むしろ定着支援事業の仕組み、このままじゃしんどいと思ってる。

支援機関の負担増

限られた人員のなかでサービスを提供するので、定着支援事業開始にあたり今までより一層業務が増えました。

月に1回対面での支援が必須となっており今後契約者が増えるにあたって月1回会う調整、管理にとても時間がかかります。

(会う調整、計画検討会議、月1対面の記録、書類ファイリングと管理)

これだけの行動に対して見合う効果がでる支援なのかといえば、、前を知ってるということもあり微妙!!!!

また、定着支援事業を契約しているものの、安定して働けている方も多くいます。個人的には安心して働けているなら、じょじょに会う頻度は減らしていきたい。

しかし制度のしばりがある。そういった方に対して自立を拒むような関わりにならないよう意識をしています。支援者のスキルが問われますね。

よしこ
よしこ
より支援を求めている人に必要な支援をしていきたいのが本音

 

定着支援事業は本人にとってより効果があるものなのか?

先ほども少し触れましたが、制度上定着支援事業が利用できるのは3年です。

3年間毎月少しでも対面で会っていた支援者といきなり会わなくなる。引き継がれる。

もちろん、不安が多い人には早めに引き継いで次の担当者に慣れるまで面談を同席するなど工夫はすると思います。

それでも、不安じゃないですか?

よしこ
よしこ
引きついだ支援者が信頼できるひとかどうか、、支援者同士でも不安があるものです・・

 

個人的な定着支援事業の理想(現実的ではないけど)

仕事をする中で、3年間働けたらこれからずっと大丈夫なんてことはないと思います。

業務内容がかわった、上司がかわった、仲が良い同僚がいなくなった、転勤になったそのタイミングはいつくるか分かりません。

そういったなにか負担があるタイミングで企業や本人から連絡をもらいサポートに入るのが理想です。

新しい上司に、障害と配慮点について客観的に伝えたり、変更になった業務内容が本人に合わない場合どうしたらいいか企業と一緒に検討したりしたい。

月1回と固定しちゃうことで、支援の一定の質は担保できると思いますがより本人にあった形でのサポートはとれなくなったなと感じています。

よしこ
よしこ
でもきっと偉い人がたくさん考えて作ってくれた制度だし、いちサラリーマンなのでやるしかないよ!できる範囲でうまいことやってけるように考えていきます!

 

まとめ

定着支援は最大3年使えて月1回対面で相談にのってくれる福祉サービス!

定着支援事業は使える対象者が限られており、自分が所属していた施設がサービスを提供していない可能性もあるので調べること。

1年目は無料で定着支援事業サービスを使えるけど2年目以降は自己負担が発生します。

1年目は契約をおすすめしますが2年目以降契約するかは検討していきましょう!

安心できる制度ではあるけど、基本は会社と自分で安心して働ける環境を作っていき支援機関はお守りだと思って仕事での悩みを解決していきましょう!!!