障害と働くを応援

就労移行の手続きとは?|福祉サービスを利用するときの手順を説明

就労移行手続き説明

就労移行事業所を使いたい!

そう思ったときどうしたらいいのか、手続きを簡単に説明します!

よしこ
よしこ
よくある間違いも説明するね!

 

就労移行を利用するときの手続きとは

就労移行を使いたいと思ったとき、すぐに明日から利用はできません。

社会保障のひとつ、福祉サービスのひとつになるので行政の手続きが必要なのです。

順番に説明していきますね。

 

まず利用したい事業所を決める

就労移行支援事業所を使おう、訓練しようと思ったときは必ずどこの事業所を決めるかを必ず決めてください。

手続きをしたいと役所にいったところで事業所が決まっていないと手続きは進めてくれません。

就労移行は人生で2年間という縛りがあります。複数事業所には見学や体験をしたうえで通いたい事業所を決めましょう!

よしこ
よしこ
おすすめはやっぱリタリコさんです。(うちの事業所も推したいけどまだまだ・・)

 

通いたい事業所にはきっちり「利用したいです」と意向を伝えるといつ頃利用できるかを教えてくれます。

すぐに手続きにはいる場合もありますし、すぐ利用はせずに他の福祉サービスの利用手続きを事前に提案される場合や、主治医にまずは診断書をまずもらいにいく場合があったり、その人にとって適切な手続きの流れを事業所の担当者が教えてくれます。

担当者と相談しながら手続きを進めましょう!

よしこ
よしこ
手続きの進め方は基本的な流れはあるもののひとそれぞれなんだ!

 

就労移行事業所と相談したうえで行政の手続きをする

就労移行事業所から手続きの説明をうけたうえで、手続きをお願いされたタイミングで行政に手続きに行きましょう!

就労移行支援を利用するには、市区町村役場が発行する「受給者証」が必要です。

担当窓口は市町村ごとに異なるので、通う予定の就労移行事業所に確認しましょう!

既に障害者手帳を持っている方や主治医から診断書をもらっている場合はスムーズに申請手続きを行うことができます。

よしこ
よしこ
どうしても不安な場合は就労移行のスタッフが一緒にきてくれる事業所もありますよ!

手続きの書類で分からない手続きは就労移行のスタッフに全部確認しましょう!

申請から利用するまでは1か月くらいはかかります。じっくり待ちましょう!

 

利用したい就労移行と契約の手続き

行政との手続きが終わったら、利用したい就労移行支援事業所との契約の手続きをします。

契約の手続きをしたあとは、「なぜ利用したいのか」「どんな生活に向けてどんな訓練がしたいのか」など担当者とお話をして支援計画をたてます。

計画をたてて就職に向けて訓練をすすめていくのです。

受給者証については自宅に届くと思いますので、届き次第就労移行支援事業所に持参しましょう!

受給者証に就労移行を利用していると担当者が記入をする必要があります。

 

利用手続きのなかでよくある質問や誤解

就労移行支援事業所の手続きは分からないことが多いと思います。

手続きや利用したいとなったときによくある質問や誤解をまとめました!

よしこ
よしこ
安心して手続きが完了しますように!!

 

働きながら就労移行は利用はできますか?

がっつり仕事をしながらの利用はできません。

ただ、いろいろな事業があると思いますのでアルバイトを週に1回などしながら就労移行が使える可能性があります。

この判断は就労移行の担当者では判断できず、手続きをする行政の判断になります。

役所の担当者に聞いてみましょう!

よしこ
よしこ
NGの場合が多いのであしからず

 

お金はかかりませんよね?

利用しているほとんどの方は自己負担なしで利用されている方が多いです。

ただ、前年度の収入によって利用料金が発生する場合がありますがいくらから発生するか等は行政に確認しなければわからないのでなんとも言えません。

生活保護生活保護受給世帯0円
低所得市町村民税非課税世帯

3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象

0円
一般1市町村民税課税世帯(所得割16万円未満、収入が概ね600万以下の世帯が対象)
入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者を除きます(入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合「一般2」となります)
9,300円
一般2上記以外37,200円

また、結婚して配偶者に収入がある場合は利用したい方の前年度収入がなくても自己負担が発生する場合があります。

事業所や行政の手続きの中でかかる金額の見込みは確認しておくと安心ですね!

よしこ
よしこ
お金に余裕がない人に向けて自己負担なしで使える仕組み

 

交通費はでますか?

就労移行支援事業所を利用するにあたって基本的には交通費はでません。

ただ、行政のなかでは交通費の助成がある地域や、就労移行支援事業所の特色として交通費を事業所が補助するといったところがあります。

行政で助成金があるところは就労移行支援事業所のスタッフが教えてくれますよ!

よしこ
よしこ
交通費はでたらラッキー的なかんじ!

事業所独自で交通費を助成しているところは地味に確認していくしかないです・・

大阪エリアで交通費助成があるところ

就労移行支援事業所 リトハウス

ラ・レコルト

 

ご飯は無料で食べれますか?

就労移行支援事業所では基本的には飲食費はでません。

ただ、事業所によっては無料でお弁当が食べれるサービスを提供しているところもありますよ!

よしこ
よしこ
こちらもお弁当支給だったらラッキー的なかんじ!

大阪エリアで交通費助成があるところ

就労移行支援事業所 リトハウス

ラ・レコルト

 

絶対に就職できますか?

就労移行支援は就労をサポートする機関であり、就職先をあっせんする機関ではないこともあり絶対に就職は保証されません。

ただ、就職するためにはどんな訓練をしたらよいかを一緒に考えてくれたり面接に一緒にきてくれたりするので1人で就職活動するよりは就職できる可能性は高いと思います!

よしこ
よしこ
人任せにしちゃだめだよ!!就職するのは自分!

 

申請してから利用するまではどうしたらいいですか?

申請してから利用するまでには1ヶ月くらいかかることがあります。

事業所によって対応はそれぞれですが、席がいっぱいではない限り利用するまでの期間も体験利用という形で通所できる事業所が多いです。

申請が許可されるまでどうしたらいいのかは希望する就労移行支援事業所に相談してみましょう!

よしこ
よしこ
手続きの前に不安は全部解消しておこう!!

 

病院のデイケアを利用しながら就労移行は利用できますか?

他の福祉サービスと併用して就労移行は利用手続き可能です!

他にも就労支援センターだったり、障害者職業センターだったり、民間のあっせん業者と定期的に面談しながら就労移行を利用する方もいます。

ただ、賃金を得られれる福祉サービスとの併用はNGです!(就労継続支援A型、B型など)

よしこ
よしこ
併用したいと思っている場合は手続きの際に伝えておこう!担当者と連絡をとってくれてより就職のサポートが得られるかも

 

就労移行利用手続きのまとめ

就労移行支援事業所の手続きの流れについて簡単にご紹介しました!

だいたいの流れはあるものの、人によって進め方が違うことが多いので手続きをすすめるにあたっては希望している事業所のスタッフと相談してすすめましょう!

他にも手続きのことで不安があれば追記するので教えてくださいね!

よしこ
よしこ
安心して利用手続きがすすみますように!

 

 

コチラの記事もおすすめ!
障害と働くを応援

障害者職業支援センターとは?|職業評価だけがメリットではない

8月 7, 2018
障害と働く!社会福祉士の就労応援サイト
障害を診断されて障害を伝えて就職活動をしたい場合、障害者手帳を取得して障害者雇用として仕事につきたい場合に活用できる国の就職活動のサポート機 …
双極性、躁うつ病働くには必要なこと対策 障害と働くを応援

双極性障害、躁うつ病で働くには|就職するためのポイントや働き方とは

11月 5, 2019
障害と働く!社会福祉士の就労応援サイト
双極性障害、躁うつ病と診断されたけど働きたいといった方向けに就職する方法についてまとめてみました。 障害を診断されても働けますが、一人 …