障害と働くを応援

統合失調症で働くための方法

統合失調症と付き合いながら働くための方法

「統合失調症と診断されたがそろそろ安定してきた。」

「働けるはずだからそろそろ働きたい。」

そんな方に統合失調症だからこその働くための対策についてお伝えします。

統合失調症の方が就職するのになかなか参考になる本が見当たらず、

統合失調症で働くということがあまり浸透していないのかなと思ったのでまとめてみました。

よくあるパターンとして、統合失調症の原因が発達障害の傾向によるもの、うつ病も併発しているといった場合があります。

主治医からそういった話があった場合は以下の記事もご参考くださいね。

 

働く前に確認しておくこと

まず主治医に働いても問題ない状態なのかどうかを確認しましょう!

主治医の意見には納得いきますか?

もしあまり納得いかない場合は、相談支援事業所の人と一緒に通院をして話を聞くとよいでしょう。

たまにひどい先生がいるので、主治医との関係が悪い場合は相談してください。

病院の先生は薬をコントロールしていますし今までの治療の経過を知っています。

先生から「働いても大丈夫だよ」そう言われたら就職活動をはじめてみましょう!

よしこ
よしこ
就職活動での面接のときに「主治医からはどんなアドバイスをもらっていますか?」など質問されることがあります。主治医とは良い関係ができていることがベストです。

 

支援機関を利用しよう!

就職活動をしたい。ブランクがあればあるほど私は支援機関を活用することをおすすめします。

1日3時間~6時間ほど週5日通って就職するために訓練をするような施設があります。

どのくらい体力があるか実際にそこに通うことで週何日働けるのか見通しがつくでしょう。

また、すぐに働きたい!そんな方には「就労継続支援A型」という福祉的なサポートを受けながら仕事をする方法もあります。

最低賃金の給料にはなりますが何かあったら相談できるような専門のスタッフが常駐しているような働き方です。

ハローワークで「就労継続支援A型」に就職したいがどんなところがあるかと相談したら教えてくれますよ!

 

自分の障害や対処法を説明できるようになろう!

統合失調症とはまだまだ偏見が多い障害です。

だからこそ自分で自分の障害や対処法について説明できるようになりましょう。

就職活動の面接で統合失調症の方の場合こんなことを聞かれます。

統合失調症になったのはいつ、どんな原因はなんですか?できる範囲でよいので教えてください。

統合失調症の症状はあなたの場合はどういったものがありますか?

週どのくらいの仕事を1日どのくらいの時間働くことを希望しますか?

症状が悪化しそうなときは事前にわかりますか?

症状が悪化したときに会社側に何を求めますか?

以前症状がでたのはいつですか?どんな症状でしたか?

さて、この質問に対して上手く答えられそうでしょうか??

「自分なりに対策がとれている」「障害はあるが上手く付き合っている状態」ということが就職する前提になります。

今すぐ応募できる状況なのか、ひとつひとつどんなふうに回答できたらよいかをお伝えしていきます。

統合失調症になったのはいつ、どんな原因はなんですか?できる範囲でよいので教えてください。

全て赤裸々に語るのは辛い方もいると思います。伝えられる範囲で話しましょう。

統合失調症になったのは1年前ぐらいだったと思います。理由はよくわからないのですが父に連れられて病院に行ったら入院になりました。

統合失調症になったのは平成○○年、5年前です。友人とのトラブルや両親の離婚、

仕事のため昼夜逆転生活をしていたところ、幻聴が聞こえるようになり、親に連れていかれ病院に行ったところ診断されました。

5年ほど前からは幻聴はなくなり主治医からも仕事をして問題ないと言われています。

面接官は、原因を知り再発するような原因ではないか、障害を受け入れることができているのかを心配しています。面接官を安心させてください。

病気になるからには何かしら原因があることが多いです。主治医や家族にも相談してみましょう。

また、本当に原因が不明。どうしてもわからない場合もあります。そんな方はそれで大丈夫です。

原因が本当に分からなくて、自分では当時もストレスはない状態だったのです。もしかしたら気付かないうちにたまっていたのかもしれません。今の状態としては5年ほど幻聴はありませんし、しんどい事があった場合は家族に相談したり、リフレッシュとしてテニスをしたりしています。

ちゃんと自分と向き合ってきた。再発しないように原因はなにか考えていることを伝えましょう。

 

統合失調症の症状はあなたの場合はどういったものがありますか?

幻聴や幻覚があった場合は、自分自身におこっていたこと。周りの人から自分がどうみえていたかを説明しましょう。

たいしたことはことはないんですが、「死ね」と通りすがりの人に言われますね。

素直に伝えることは大事ですが、面接官からすると、「そんな状態で働けるの!?」と心配されてしまいます。

自分の症状を説明するのが難しい場合は家族や主治医に聞いたり、統合失調症の本を読んであてはまるところを伝えましょう。

当時の症状は、出かけている最中に「死ね」「お前のせいだ」「仕事をやめろ」という幻聴が聞こえました。焦って母に相談しましたが気のせいだと言われて3日間くらい続いていたこともあり母に病院に連れていかれ入院することになりました。ここ3年はそういった幻聴は聞こえていません。当時は仕事がいきずまって一人で抱え込んでいたこともあったので今はすぐに不安があったら主治医や家族に相談するようにしています。

素直に伝えつつ、今の状態は大丈夫であることを伝えましょう!

今も全然知らない人から「死ね」「お前のせいだ」と聞こえることがありますが1年ほど前から幻聴だと割り切ることができています。もしかしたら幻聴なのかどうか気になることがあるかもしれませんのでその時は相談させてください。

幻聴や幻覚が見えていても働けると言われている場合も素直に今聞こえていることを伝えておきましょう。何かあった時助けてくれると思います。

週どのくらいの仕事を1日どのくらいの時間働くことを希望しますか?

根拠とともに伝えると面接官は安心します。

企業は1人雇用するのにたくさんの書類を作る必要があり確実に仕事ができそうな人を雇用したいと思っています。

たくさん稼ぎたいのでフルタイム働きたいです。多分大丈夫だと思います。

デイケアで1日5時間、週5日することができていたので、まずは1日5時間週5時間を希望します。

例えば、1日3時間しか外での活動(デイケアに通っているなど)してない人がいきなり1日6時間を希望すると受け入れてくれない事が多いです。

「家で掃除したり活動していますよ!」と言う方がいますが、家での活動は自由です。好きな時に休めて時間の決まりもありません。

だからこそ、外での活動ができている時間を根拠いするとよいです。

 

症状が悪化しそうなときは事前にわかりますか?

なんとなく眠れなくなりますかね。

気になることがあって、夜に眠りにつきにくくなることがあります。その時はきっと疲れているんだと思って気になることがあれば周りの人に相談したり、自分の時間を多くとってリフレッシュするようにしています。

また本当にひどいときは早退やお休みをもらえたら嬉しいです。

自分なりに対策ができます!とアピールできるのがよいです。

でもやっぱり症状は自分なりの対処だけでは解決しない事も多いので、「自分なりに対処はできる。けどどうしようもないときは休ませて」という話をしましょう。

症状が悪化したときに会社側に何を求めますか?(どんなサポート、配慮が必要ですか?)

特にありません

自分なりに対処はしますが、どうしても体調が悪くなりそうな場合は早めに相談するのでお休みや早退を頂ければうれしいです。

雇う側にとって、病気はあるけどサポートがいらないというのは「本当に大丈夫なの?」と心配になります。

自分なりに対処はできること、休みがもらいたいことを伝えましょう。

 

以前症状がでたのはいつですか?どんな症状でしたか?

しばらくないですね。大丈夫です。

半年前に友人とのトラブルから不眠と幻聴が聞こえました。眠りにくいなと思っていてそろそろ症状がでそうだなと思っていたので割り切ってトラブルがあった友人との付き合いを一時的に避けたこともあり1日休んだら回復しました。

面接官にとって「大丈夫です」と一言の返答が一番心配です。

大丈夫という時はなぜ大丈夫なのか根拠と共に伝えましょう。

最後に一番大切なこと

自分なりの障害の説明や対処法を説明することはできそうでしょうか?

「自分なりに対策がとれている」「障害はあるが上手く付き合っている状態」ということが就職する前提になります。

自分に見えている自分と周りから見えている自分は違います。だからこそ支援機関の力を借りて就職活動をすることをおすすめします。

よしこ
よしこ
無理のない範囲で少しずつ障害のことを理解していきましょう!