MENU
障害と働くを応援

障害者雇用で休みがちになったときの対策と企業の考えとは?

障害者雇用休みがち対策リスト

障害者雇用で仕事をしはじめたが休みがちになったとき、どうしても現状のままではまずいと感じた方に向けて対策をリスト化し企業の考え方をまとめてみました

よしこ
よしこ
気持ちが晴れますように!!

 

障害者雇用で働いているけど休みがちになったときは?

障害者雇用でやっと就職しても長く続けるには大変です。

休みがちになったときは頭の中でクビ!?退職!?という言葉がちらつくはず・・

障害者雇用退職理由予防策とは
障害者雇用退職理由よくある理由を対策はコレ!準備が大切です!障害者雇用でやっと就職できたとして辞める理由はなんでしょうか?障害者雇用退職理由と対策についてまとめました!...

企業側の考えや、状況を打破するための休みがちなときこそできる対策をまとめました!

よしこ
よしこ
まずは無理しすぎないでください!

 

休みがちなとき思い切って長期休養するのはあり

ただ、休みがちのなか出勤するのはとってもつらいです。

また休んでしまった、次こそなにか言われるかもしれない、契約更新されないかも
仕事休んでたから分からないことあるけど休んでいた私が悪いし相談しにくい・・

休みがちになった以上、なかなか状況が良くならない見通しがある場合はお医者さんと相談して「●ヶ月休む必要がある」と意見書をもらうことでドクターストップでお休みをいただくことができます。

障害者雇用は法律で障害者雇用をする決まりがあるのですが、休職中も障害者雇用をしているというカウントができるので会社に迷惑をかけているわけでもなく思いっきりやすみましょう!

障害者雇用担当の部署では、お休みされてしまうと障害者雇用のカウントができないことがあります。週30時間以上働くと障害者雇用の1カウント、20時間以上働くと0,5カウントと計算されるからです。

だからこそ休みがちで一生懸命仕事をするよりは、いっそのことまとまった休みをもらってしっかり療養するのはあり!

また、休職するかどうかは主治医との相談で決めることができます。現状について主治医に伝えてどうするべきかは一緒に考えていきましょう!

しんどさが慢性化している場合は休養することで体調はよくなります。ただし、環境は1人ではなかなかかえれないので、信頼できる人や支援機関に頼りつつ体調が悪化しない働き方については検討が必要ですよ!

復帰時に相談していきましょうね!

よしこ
よしこ
辞めるのは簡単ですが続けるのは困難です。辞める前には一度休職して様子をみるのはおすすめです。

 

そもそも休みがちになっている原因を考えよう

休みがちになっているということは、今までは問題なく勤務できていたはず。

休んでしまった原因について振り返ってみましょう!

よくある休む原因についてまとめましたのでご確認ください!

よしこ
よしこ
休むのは状況によっては自分を守る手段のひとつ!!!

 

仕事内容や人間関係が原因で休みがちになってしまった

上司が苦手だったり、一緒に働く同僚が苦手だったり威圧感を感じたり目線を感じたり。

仕事でミスが続いて上司に叱責されたり。なにかしら仕事で嫌なことがあったり、苦手な人がいる、やりたくない業務が今日ある・・そうなると行きたくないと感じるのは当然のこと。

ずっと我慢していると障害が悪化して夜眠れなくなったり、胃が痛くなったりするかもしれません。

薬でなんとかするのも、環境が変わらない限りは状態はよくならないでしょう。

そういったときは、職場の信頼できる人に相談したり、関わっている支援機関に相談してみましょう!

就労移行支援事業所で働く私の場合の介入はこんなケースがあります。

本人が必要以上に落ち込み休んでいる場合

問題なく業務ができているのに必要以上に「できていない」と障害者雇用の方が感じて苦しんでしまう場合があります。

その場合は支援者本人の話を聞いた後に、企業側からはどう見えているかを確認します。

休んでいる以上は気にしてくれる担当者がほとんどなので、本人の不安を把握できているのかどんなことで悩んでいるようにみえるかなどを確認していきます。

そして企業担当者、支援者、働いている障害者雇用の方3名で面談をして企業側からできていることを伝えてもらう機会を作ることがよくあります。

本人の苦手な業務がどうしても耐えれずに休んでしまう場合

苦手な業務に対して、どんなサポートや代替手段があれば乗り越えそうか、支援者が一緒に考えますが、そもそも企業担当者に相談したら「違う業務に変更できますよ!」なんてこともあります。

どうしても障害者雇用で働く人から直接交渉するのはなかなか勇気があること。

なので支援者から「ぶっちゃけ〇〇の業務は絶対〇〇さんがしないと難しいですかね・・」と相談します。休むくらいなら調整してみますって企業が多いですよ!

どうしても調整が難しい場合もありますので、その場合は仕事が本人にマッチしていなかったケースが多いです。

どうしても苦手で休みたいくらいしんどい場合は違う仕事を検討するのもありです。

人間関係で苦手な人がいて休んでしまう場合

特定な誰かが苦手でついつい休んでしまうこともよくあると思います。

よくあるのは、その苦手で辛い気持ちを誰に相談したらいいか分からないということ。

まずは支援者に相談してくれたら、支援者から企業側の信頼できそうな人に相談して働く職場にあなたのしんどい気持ちを理解してくれる人ができるように調整します。

しんどい気持ちがあるときに、「〇〇さん今の言い方きつかったよね、大丈夫?」等声をかけてもらえたら気持ちが楽になりませんか?

環境を調整することで気持ちが楽になる可能性は大いにあると思います!

障害者雇用の場合はひとりじゃない!支援機関どこもつながってない場合は新規で問い合わせもできますよ!

そこまで大きな何かはないが、気持ちの切り替えが難しい、ついつい考えすぎちゃう方はコーピングリスト作成をおすすめします。

コーピングリストを作ろう効果と私のコーピングリスト100
コーピングリストとは?作り方と私の場合の例をご紹介アプリで管理!コーピングリストとはストレスがかかったとき、何をすれば気持ちが晴れるのかをリストアップしたもの、ストレス解消リストのことです。働...

嫌なことがあっても次の日とりあえず出勤してみたらどうってことなかったなんてことはよくあることで、仕事の場でできるコーピングリストを極めるのはおすすめ!

よしこ
よしこ
私もあるので、考えすぎることは恥ずかしいことじゃない!

生活面が原因で休みがちになってしまった

仕事はそこまで大きな問題はないけど、家族のこと。生活のこと。仕事以外のプライベートの部分でしんどさがあって休みがちになってしまった。

仕事は続けたいのに、休みがちになると申し訳ない気持ちで精神的にもしんどくなってしまうことがあります。

生活面だから自分で何とかしないと!と考えることは多いのですが、福祉のサービスでカバーできることがあるかもしれません。

とにかく相談してみませんか?

具体的に解消できることとして、一人暮らしの生活のサポートとしてヘルパーさんに掃除を手伝ってもらったり、グループホームにはいって共同生活をすることで親と距離をおけたり、何かしら状況をよくする手段があるかも!

よしこ
よしこ
ただ、あたりはずれあるので、嫌な相談員だったら違うところに相談するという手段もあり。ここだけはまじでどうしょうもないんだわ・・

 

原因不明でしんどい、不安!のため休みがちになっている

まずは原因不明の不安があることを周りの信頼できる人に相談してみましょう。(もちろん支援機関も含む!)

原因不明だと自分で思っていても周りの人たちは心当たりがあるかもしれません。

その原因を解消すると気持ちが晴れるという可能性もあります!

障害者雇用で働いている以上は配慮をいただけます。相談してみましょう!

よしこ
よしこ
自分が一番自分のことをわかっていると思いきやそうでもなかったりしますよ!
自己理解とは?なぜ必要?|発達障害の方に特におすすめ就職活動では、自己理解をするようにとよく聞きます。就職活動の際、自分のことを面接官に質問されて、自分について伝える必要があるから...

 

休みがちになっており、原因が不明な不安感、ただ単に本当に体調が悪い場合は環境調整ではなく、服薬調整をした方がよい場合もあります。

本当に心当たりが周りに聞いてもない場合はお医者さんに相談しましょう!

よしこ
よしこ
不安になったら頓服を飲みながら仕事している人はいますよ!

 

障害者雇用休みがちになったときは辞めてしまうのも手

障害者雇用で休みがちでいろいろ対策したけど症状が悪化する場合は辞めちゃうのはありです!

もし、一人で障害者雇用で働いて上手くいかなかった場合は次回は絶対支援機関を使ってみて下さい。

ひとりで障害者雇用で働くのはなかなか孤独や不安さがぬぐい切れないところがあります。

<PR>退職したら一度は見学に行ってほしい!!
おすすめ就労移行LITALICOワークス

\おすすめする理由はここから/

 

 

 

障害者雇用休みがちになったとき対策まとめ

障害者雇用で休みがちになったときはとりあえず周りに相談してみましょう!

企業側の評価が気になるところですがまずは自分のしんどさを発信することが大切!

信頼できる職場の方や支援機関に相談しながら原因の改善に努めたり、不安になりがちな方はコーピングリストを作ったり対策をとりましょう!

ただしよくなる改善が見込めない場合は主治医と相談して休むのも一つの手段ですよ!

ひとりで悩むのではなく会社の人や支援機関とともにどうしたらよいかを考えていきましょう!

よしこ
よしこ
自分を責めないでね!