障害と働くを応援

障害者雇用難しい?|難しいと思ってしまう理由と対策

障害者雇用は難しくない!上手くいく方法は?!

今回は障害者雇用が難しいと考えている企業さん向けの記事です。

難しいということは、トラブルを想定しているからかも?

障害をもっていて面接や書類応募するけど結果が出ない方はこちらをどうぞ!

障害者雇用担当者の人事の方は毎年6月1日までに指定された人員数、障害をもった方を雇う必要があると思います。

6月までに必要とされている人数を確実に障害者雇用を進め活躍できる人材を確保しましょう!

障害者雇用の現状については「障害者雇用の現状!今後障害を持ったかたが働きやすくなる理由は3つ 」の記事をご確認ください。

 

障害者雇用が難しいのは自分の会社だけでやろうとするから

人気がある事務職をハローワークなんかで一般公開するとやまほど応募がきちゃうことがあります。逆に全く応募がないなんてこともあります。

また雇ったとしても全然継続しない。

そんなときは支援機関という、障害者雇用を手伝ってくれる機関を頼りましょう!

支援機関とつながるメリットはこれ!

障害者雇用が上手くいくセミナーを開催している(かも)

障害者雇用が上手くいっている事例を教えてくれる(かも)

障害の人にどう関わったらいいのかを教えてくれる(かも)

障害者雇用したいときに、障害を持ってる方を推薦してくれる(かも)

さまざまな支援機関の存在を知って、協力して障害者雇用を成功させていきましょう!

 

障害者職職業センター

障害者雇用のいちばん専門的なのは各都道府県にある地域障害者職業センターwww.jeed.or.jp

簡単に伝えるとこんなことしてくれます!

・障害者雇用の雇用管理の課題を分析して必要に応じて助言、援助

・障害者雇用をしたとき、障害を持ってる方の特性を踏まえた直接的専門的な援助を適時企業訪問して実施(ジョブコーチという制度です)

・障害者雇用担当者に対して専門的な養成研修を実施(職場適応援助者養成研修)

・障害者雇用の助成金の援助

・障害者雇用をするときに役立つ機器の無料貸し出し(原則半年以内)

障害をもっている方のメリットは以下でどうぞ!

各都道府県に1つしか設置されていないのはデメリットですね。

少数精鋭で業務をされてるので、動きは遅いかもしれません。

 

障害者就業・生活支援センター

就業だけじゃなく生活面の相談にものってくれるよりサポートが手厚いかもしれないのが障害者就業・生活支援センターです。

f:id:nya_i:20180328141834p:plain

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000146182.pdfより抜粋

こちらも全国にあります。身近な機関は

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000146183.pdfから確認できます。

・面接に同行し、本人の特性について客観的に説明してくれる

・働いている障害を持った方の通院同行や生活目のサポートをしてくれる

・障害をもっているかたの悩みにのり、企業との仲介をしてくれる

身近にある支援機関です。

障害者職業センターより多くの数は設置されているものの働いている人の数は少ないです。

どこまでサポートしてくれるかは施設によってだいぶ差があります。

 

就労移行支援事業所

こちらは、障害を持っている人が2年間という期限内で就労するための訓練をして就職活動をするような施設です。

就労移行支援事業所で訓練をしている人の就職のサポートをしているので、面接同行として一緒についてきてくれたり就労後のサポートも半年間してくれます!

簡単にメリットとしては

・障害を持った人の情報を客観的に教えてくれる

・就労後のサポートとし定期的な面談や企業の悩みにのってくれる

・他の上手くいっている企業のやりかたなど教えてくれる(かも)

・障害者雇用として働きたい人と会うことができる!(採用につながるかも)

大きいところだとwww.welbe.co.jp

works.litalico.jp

近くの事業所ににまず見学に行ってみるのをおすすめします。

障害を持った人と全然かかわったことがない場合は、どんな人を雇えばよいかを考えるヒントになると思います。

また、障害者雇用として採用したい場合就労移行支援事業所で訓練している人を雇った場合は担当スタッフがついているので詳細を教えてくれます。

ハローワークや自社サイトから直接応募してくるような場合、障害を持った人と人事とのやりとりだけになり、障害詳細があまり理解できない事が多くあります。

また、直接聞きずらいなということもありますので、普段の様子を知っている就労をサポートしている支援機関の人に「ぶっちゃけ働けますか?」と聞いてみましょう。

実際に企業の方で「障がい者雇用を成功させるには 就労支援機関との連携がポイント

という記事を見つけました。だって人事は障害者雇用だけしているわけじゃないし忙しいので手伝ってもらいましょう!

 

【スポンサードリンク】

 

あとがき

今回は企業さん向けに、自分の会社だけで採用を進めようと思わない事!という記事を書きました。

活躍できるような障害を持っている方を雇うことで会社の業績も上がると思います。

周りの支援機関と協力してすすめていきましょう!