障害と働くを応援

障害者手帳なしで就職したい6つの方法

障害者手帳がなくても就職できる?

障害と診断されても、障害者手帳を必ず取得する必要はありません。

ここでは、障害があることは医者から診断されているものの障害者手帳は取得したくない。しかし今後働くことを想定すると、自分が上手く仕事をやっていけるのか不安を感じる。

そんな方に、障害者手帳なしで就職する方法を6つお伝えします。

自分にぴったりの就職活動の方法を見つけましょう!

 

障害を内緒にして就職する

特に障害とは診断されているけれども、仕事には影響がなさそう。そんな場合は障害を伝えずに就職して問題ないと思います。

メリット:いろんな仕事のなかから選ぶことができる。給与が高いものもありチャンスが多い。

デメリット:仕事の中で、障害がバレる可能性がある。障害のことを言わないので症状がでないように自分で対策していく必要がある

障害のことを伝えないことは可能ですが、就職前に配られる書類のなかに「健康状態について」といった項目で通院状況を確認されることがあります。

また障害者年金を受給していた場合の手続きの関係や、以前退職時に傷病手当をもらっていた時に診断書をもらっており、また就職後に休職に陥った場合は初回の診断書じゃないということで障害があることがバレる可能性が多くあります。

もし、障害があることが周りにバレても傷つかないという場合は問題ないと思います。

よしこ
よしこ
過去に何度も離職の経験があり、仕事が長く続けることが難しいと感じている方にはおすすめできません。

何度も離職を繰り返すのは精神的にとてもしんどいです。長く安心して働く方法は必ずありますので障害者手帳の取得やこれからお伝えしていく行政サービスの利用を検討をおすすめします。

 

障害を書類通過後、面接の場で伝える

障害については周りに理解して働きたい。その場合は、まず書類には障害のことを書かずに面接で障害のことを伝えることをおすすめします。

障害があることを書類に記載すると書類で不採用になることが多いです。

なぜなら、多くの企業は障害をもっているなら障害者手帳がある人を障害者雇用として雇用したいと企業は考えています。

50人以上従業員がいる企業は障害者を一定数雇用しないとお金を行政に払う法律があるからです。

障害をもっていることを伝えるだけで、他の人と比べるとあまり仕事ができないと思われる可能性が高いです。

なので、書類を通過したあとに実際に会ってもらったタイミングで障害を伝えることで、障害があってもこの人だったら大丈夫と採用してもらえる可能性が高くなるのです。

メリット:障害のことを会社に理解してもらい就職ができる。配慮がもらえる場合もある

デメリット:障害が理由で不採用になる可能性がある。障害を伝えた時の相手の反応によりトラウマになる可能性も。

今後日本は少子高齢化です。

事務職は人気業種ですが軽作業や介護、工場などでは人手が足りないところも多いので、面接で配慮が欲しいと伝えて自分で働きやすい職場を作ることができる可能性があります。

ポジティブに伝えることがポイントです。

よしこ
よしこ
障害に対して否定的な企業や理解がない担当者も多くいます。傷つきやすい方にはこの方法はおすすめできません。

まだまだ、世の中には障害に対して偏見、差別的な思考を持っている方も残念ながらいらっしゃいます。

「障害者手帳なしの理由は?」「手帳とったほうがいいんじゃない」等

傷つきやすい、立ち直りにくい傾向の方は1人で就職活動を進めずに行政サービスを利用することをおすすめします。

 

ハローワークで障害があることを伝えてもらい応募する

障害があることを伝えて周りの人に理解、配慮をしてもらいたい。しかし1人で就職活動を行うことが不安なときはハローワークに手伝ってもらうことができます。

ハローワークには専門援助部門という障害者雇用の求人に応募する為の紹介状を取得する窓口があるのですが、そこで障害のことを窓口で伝えて一般の求人に応募することができます。

メリット:障害を事前に伝えておくので、面接の際話しやすい

デメリット:人気の高い仕事ではなかなか採用してくれるところが少ない

紹介状を取得する際にハローワークの窓口の方から「障害者手帳はないんですが、応募をしたい方がいて、○○という障害があるのですが、状態は●●で安定しています」と障害の説明を事前にしてもらって応募することができます。

よしこ
よしこ
ハローワークの専門援助部門の職員さんは、障害に対して理解がある人が多いので、応募先企業へ就職するときの懸念点など親身になって相談にのってくれると思います。

今までの職歴や資格から採用してくれることも多くありますが、やはり障害があるというだけで理解がない企業も多いです。

ハローワークの窓口の方からは、「どんなふうに障害を伝えますか?」とあなたの意向を聞いてくれるので障害があっても働けるような伝え方を窓口の方と相談していきましょう。

 

派遣会社に登録する

とりあえず、仕事に就きたい場合は派遣会社がおすすめです。

派遣会社は就職先をいくつかもっており、自分にあう職場を紹介してくれることが多いです。

メリット:自分だけで探さなくてよいので気持ちが楽。サポートしてくれる。

デメリット:仕事が安定しないかもしれない

派遣会社は働ける人をあっせん、推薦するのが仕事です。

仕事ができない人を斡旋してしまうとその派遣会社の評判が悪くなってしまいます。なので登録した人に対してどんな仕事ができるかを確認されます。

信頼できそうな場合は障害があることを伝えるのもいいでしょう。

得意なことと苦手なことを事前にお伝えし、もし職場を紹介された場合はどんな環境なのかを事前に確認しておきましょう。

よしこ
よしこ
仕事が短期間の場合も多いです。派遣会社を介して働こうと思った場合は複数の派遣会社に登録しましょう

派遣会社のなかには「紹介予定派遣」といって、最大6ヶ月間の派遣期間のうちに、それぞれが雇いたいのか、働きたいかを判断し、双方の合意があれば社員として直接契約となる派遣方法もありますよ!

 

無料の行政福祉サービスを利用して就職する(おすすめ)

障害の診断をされており就職活動をしたいと考えている場合は、就職活動をサポートしてくれる無料(※前年度の収入により一部支払い発生する場合あり)の福祉サービス、支援機関が存在します。

客観的に自分の強味弱みを教えてくれたり、面接に同行してくれたり、就職後困ったことがあったら相談をすることができます。

メリット:就職活動に対して助言が得られる。自分の適性が分かりスムーズに就職ができる事が多い。就職後も相談にのってくれる

デメリット:たくさんの人が利用しており、利用するのに時間がかかる場合がある。

 

障害者職業センター

障害者手帳なしOK!診断書があれば無料で活用でき全国に設置されています。

職業準備支援として、一定期間センターに通い就職する為の準備として模擬就労体験のような簡単な作業をしたりビジネスマナーを学んだり、職業評価といって、実際の作業をしているところを支援員の方が観察して、職業適性を確認。強みと課題、今後の課題なんか必要に応じて助言をしてくれたり、実際に就職したあとも環境になれるまで企業訪問して仕事をサポートしてくれたり、とりあえず頼りになる存在間違いなし。

職場を休職している方向けに職場復帰のプログラムもあります。

企業からの相談にものっており、効果的な障害者雇用の進め方なんかも教えてくれます。

ただ、これだけサービスがあるということもありとっても人気です。

職業準備支援や職業評価については、無料で活用できるということで利用したい人が多くいるので、サービスを受けるまでに時間がかかる場合があります。

よしこ
よしこ
私の最寄りも障害者職業センターでは、職業評価を受けるまで3か月待ちでした!予約をすることができるので早めに問い合わせをしておきましょう

 

障害者就業・生活支援センター

障害者手帳なしOK!無料!

こちらも全国、各地域にセンターがあります。実際に働いている職場や、支援学校などと連携しながら生活面、就労の面での一体的な相談支援を実施しています。

日々の生活が安定していないと仕事にも影響がでてしまいます。なので生活の相談にものってくれるという総合的な相談にのってくれる福祉サービスです。

生活面の相談にものってくれるので、金銭管理の助言や家族の悩みに対して活用できる福祉サービスを教えてくれたり、なんでも困っていることは相談することができます。

就職活動のサポートとしては必要に応じて、面接の練習だったり面接の場に同行してくれたり、まだ働くのに自信がない場合は体験実習といって、賃金はもらえませんがお試しで一度実際に短期間働いてみるという体験をすることができます。

一緒に働く職場の方から、自分が仕事ができていたのかどうか、今後の課題点なんかも教えてくれる場合があるのでとっても自分の参考になります。

また、障害があると診断されてるが職場には言わずに働いている方の相談にものってくれます。今は障害のことを内緒にしているが開示をしていきたい場合は相談してみましょう!

よしこ
よしこ
全国に330施設ほど設置がされているので、そこまで待たされるようなことはないと思います。近くのセンターで相談をしてみましょう。

 

就労支援移行支援事業所

障害者手帳なしOKです。診断書があれば活用できます。

就職したい65歳未満の障害のある方に対して就職するために必要なビジネスマナーや就職活動の方法を学んだり他にも障害を持っている人と協力して作業をするなかで報告連絡相談ができるかの確認やストレス耐性を知ったり自分の障害の傾向を知り長く働くための準備をするという施設です。

1日3時間や6時間とか週3日とか週5日とか自分が就職したい日数や時間にあわせて事業所に通い、訓練をしていきます。

ただ人生の中で2年間という期限がありますのでご注意ください。2年間あれば就職が決まるという方は絶対活用した方がよいです。

また、このサービスは利用するのに前年度の所得があればお金がかかる場合があります。事前にご確認ください。

訓練をする中で、手帳を取得した方がよいか手帳を取得しなくてもやっていけそうか考えることができますし、客観的に自分が仕事ができているかどうかを教えてくれます。

障害者手帳はないが、障害開示で就職する場合は、開示で応募しても採用してもらえるかを企業に問い合わせてもらえます。

もちろん、診断はあるが障害を伝えずに就職するサポートもしてくれます。自分が希望する働き方や就職活動にあわせてサポートをしてくれるということですね。

就職後も定期的に面談や相談ができます。何かあった時に安心ですね。

よしこ
よしこ
就労移行支援事業所はいろんな法人、NPO等で運営されており、特徴や雰囲気、方向性が違うので身近な事業所を複数見学することをおすすめします。よりサポートしてくれそうなところを選びましょう

就労移行支援事業所大手のサイト

アビリティージャスコ・・イオングループの事業所なので就職先が安心!
ウェルビー・・無料の昼食サービスは嬉しい!

 

就労継続支援施設A型で働く

就職したいけどみんなと同じように働いていけるか心配な方は、雇用契約を結び最低賃金をもらって実際に働きながら身近に常にサポートをしてくれる人がいる環境のなか就労を目指す福祉サービスがあります。

給与をもらうことはできますが、就労継続施設A型で働いた場合は福祉的就労となり履歴書の職歴に欄には書くことができません。

ハローワークに「就労継続支援施設A型」と記載がある求人がでているのでハローワーク経由で応募してみてください。

A型の利用期限はありません。まずはA型で働いて、問題なく働けることを確認してから就労移行支援事業所に行って就労を目指すというのもありです。

よしこ
よしこ
就労支援施設A型で週5日で働けた場合、必ず一般就労はできますよ!

 

まとめ

障害者手帳なしでもどうやって就職したいか、障害のことを伝えるのか伝えないのか、サポートは必要そうかどうかなど自分で選んで就職活動をすることができます。

安心して長く働きたい場合は行政サービスの利用がおすすめです。

諦めずにがんばりましょう!!